安定した品質の印刷物をお客様にご提供するために

弊社が安定した品質の印刷物をお客様にご提供するための取り組みを紹介します

今回はオフセット印刷機のことについてのお話です。まず、印刷機を運転するために
何も資格は要りません。しかし、経験を積むことにより印刷技能士という国家資格を取得することができます。印刷技能士は1級、2級とあり試験を受けるには経験年数で異なります。そして弊社のオフセット印刷機を担当しているオペレーターは全員が1級印刷技能士の資格を取得しています。

しかし、これだけでは、個人の能力、個人差などで安定した印刷物は提供できるとは言い切れません。人の目には個人差あります、まず、それをなくすのに1番簡単なのが濃度計です。これはほとんどの印刷会社にあるかと思います。
次に濃度管理も含んだ検査カメラです。弊社ではインライン、アウトラインの2台の
検査装置により濃度変化、印刷汚れ、油落ち、紙が折れたり破れたりしていないか、そして虫などの異物混入はないかチェックしています。他にも捕虫器によるサンプリング調査を行い、虫の侵入経路を特定し混入を防いでいます。

捕虫器によるサンプリング調査

さらに安定した品質を求めて

2016年、ジャパンカラーの標準印刷認証を取得しました。
ジャパンカラー認証制度とは日本のオフセット枚葉印刷における印刷色の標準である「枚葉印刷用ジャパンカラー」に基づいて認証を行うものです。

定期的にチャートを印刷

認証取得時、取得後の更新申請などを通して安定した品質で印刷するための知識、ノウハウを手に入れることができ、品質向上、安定、作業効率アップ、経費削減につなげることが出来ました。ジャパンカラー認証を取得する上でドットゲイン(網点太り)、ΔEという言葉が出てきます。印刷機は朝と午後からでは機械の温度が変わり、インキも固さが変わります。ローラーも温度が変わります。そのなかでドットゲイン、ΔEの数値を基準内に入れることができるか、至難の業であります。いつでも安定した色が出せるように機械をメンテナンスすることもオペレーターの大切な役割です。現在では、ジャパンカラー認証の更新はしていませんが身に付けた技術と知識を活かして自分たちで運用し定期的にチャートを印刷し印刷機の状態をチェックしています。さらに最近では法によりインキの中に含まれる化学物質の制限があったり材料費の高騰によりやむを得ず代替品を使用しなければならないなどの問題が起きたりと常に世の中状況は変わり続けていますが今後もジャパンカラー基準を満たした印刷物を提供し続けることができるよう日々努力をしています。

曇り空を青空に変える−Photoshopの進化が止まらない−

4月になり、当社のある知多半島も桜から新緑の季節に移ろうとしています。
温暖な知多半島には、豊かな海はもちろん、内陸では農業や畜産、養鶏業も盛んです。そんな四季の移ろいを写真に撮ろうと、先日、取引先様の所有するオーガニック農園に咲く菜の花(菜種を搾取し菜種油を商品化されている)を撮影してまいりました。

春風が心地よい最南端の南知多町。海岸沿いの国道を一本内陸に入ると一面、畑の情景に変わります。お客様と合流し案内をいただいて、車で走ること3分程。そこには一面の菜の花が満開の畑が待っていました。さらに遠くに見えるのが海。その先には対岸の三河・西尾市吉良町あたりです。素晴らしい景色に絶句でした。

有機農業を盛んに取り組まれているお話をお聞きしながら、いよいよ撮影に入ります。
最近手に入れた焦点距離30mmの単焦点レンズを初めて風景写真に使います。使用しているカメラのセンサーサイズがAPS-Cフォーマットなので、35mmフィルム換算だと、45mmになり、よくいわれる標準レンズ(人の目に一番近い画角になる)です。しかも単焦点のピントのキレとボケ味は、ズームレンズには無い魅力。

残念ながら今日は曇天で雲が一面にあり、青空がありません。楽しみにしていたのですが仕方ありません。救いだったのは太陽光は十分注いでいることと、右斜め後ろからの順光。絶好の光です。今回はたくさん撮った中で、畑全景の写真を紹介します。

撮影モードはもちろん、RAW+JPEG。RAWデータはデジタルデータの元データになるので、色補正も自由自在です。JPEGはRAW現像との比較のためです。まず、JPEGが下の写真。

曇天のため菜の花の鮮やかな黄色が出ていません。ちなみに眼下に見える海が傾いているのは畑が傾いているから。
撮影データ:ISO200 30mm f/13 1/160 使用カメラ:α6400

さて、こちらのRAWデータを使用して、Photoshopで加工してみることにします。
曇天のため、若干色温度が低いため少し上げてから露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベルを調整。晴天をイメージして調整します。
仕上げは「自然な彩度」で鮮やかさを調整。一旦、PSD形式で書き出します。

PSDで書き出した画像。空が曇っているので印象がとても悪いです。

さて、ここで試したのがPhotoshopの凄い機能である「空を置き換え」。
これまで、空を合成する際は、透明マスクを使い、非常に細かい作業を時間をかけてやっていたものです。気が狂いそうになります。ですが、Photosop CC2021から実装された「空を置き換え」機能は超便利。あらかじめサンプルで空が用意されていますが、春の空の写真が無いので新たに用意し登録。それが下の写真。

夏空には無い、やわらかな春の写真を用意しました。

この写真を登録し、適用してみると・・・。

ものの5秒程で、AIが勝手に空を合成してくれました。海が消えかかっていたので一旦透明マスクから海の部分を塗りつぶし。

なんということでしょう。青空が簡単に合成されているではありませんか。

不要なレイヤーを修正し、気になった海の部分を手作業で色調整してみます。生成りがかった海と対岸を青色がかった印象にして爽やかさを出してみます。

編集後がこちら。

Photoshopの進化を改めて実感しました。それではビフォーアフターを御覧ください。

曇天と晴天の変化を御覧ください。

いかがでしたか?画像加工の技術もソフトの進化でさらに便利で効率化できる時代です。ですが、まだまだすべてをソフトに任せるわけにはいかず、最後は人間の感性やセンスに委ねられます。それでもここまで来ると、AIがどんどん進化したら、言葉で命令するだけでソフトがやってしまう時代が来そうです。
当社では、プロカメラマンによる写真の撮影から画像のさまざまな加工、さらには発色の良い高品質な印刷物を製作します。作品集や写真集の製作も承ります。是非お気軽にご相談ください。

半田市で桜の名所「東雲(しののめ)の道」を散歩してみた

3月も終わり、新年度が始まりましたね。まだまだ寒い日もありますが、暖かい日も増え、桜も満開の時期を迎えました。
というわけで、今回は半田市の桜の名所「東雲(しののめ)の道」を散歩してきました。
地図:https://goo.gl/maps/tP9eQ1QrrnXQUWzY9

阿久比川と十ヶ川に挟まれた穏やかな道で、正式名称は「東雲桜ふんばり街道」。豊田佐吉が半田で発明をふんばった。そのことを記念し、あやかるために命名した名前だそうです。

半田運河の上流に位置し、蔵のまちエリアからも近いので、半田運河沿いをのんびり散歩しながら行くのもよいのではないでしょうか。

「東雲の道」の見どころは、なんといっても約600mにわたって咲き誇る桜並木!のんびり散歩しながらのお花見がオススメです。
また、十ヶ川の橋を渡った遊歩道からは十ヶ川に映る桜並木も楽しむことができます。緩やかに流れる川(運河)の水面に映る桜は半田ならではの絶景!360°カメラで撮影した映像をお楽しみください。

半田市には他にも桜の名所があるので、ご紹介しておきます。
風情ある街並みとともに、半田の春を楽しんでみてはいかがでしょうか。

★半田の花見と言えばココ!夜桜も楽しめる
「雁宿公園」
地図:https://goo.gl/maps/BCRFziWV93tBSR7m7

★街からはなれ、のんびり桜を楽しめる
「乙川白川公園」
地図:https://goo.gl/maps/uigZWF8etKVfMaep6

★池を囲む桜並木が美しい
「七本木池公園」
地図:
https://goo.gl/maps/NsheqGMHhsZaLiLV8

★新しく整備された遊歩道の桜も今後楽しみ
「任坊山公園」
地図:
https://goo.gl/maps/rwQBMAXtqn64k8Rn7

るびあん合同会社説明会に参加しました

3月3日に知多半島の企業が41社一堂に集まる『るびあん2023 合同会社説明会』があり、当社も参加してきました。

今年は、会社の雰囲気を知ってもらうことを一番に、女性社員がナビゲーターとして会社内を紹介する動画を制作してみました。

学生には仕事中の風景がしっかり伝えられたと思います。やはり動画は伝える手段として今はマストなツールですよね。

さあ、いよいよ採用活動が始まります。当社も今月に会社見学と説明会を予定しています。エントリーを希望の学生さんには、ぜひお越しくださいね。

日時:3月15日(火)AM10時〜12時
   3月16日(水)AM10時〜12時
予約はマイナビからお願いします。

デザインの話「カタチ-前編」

普段生活をしていても「カタチ」について深く考えることはあまりないかと思いますが、○や△や□のようなシンプルな図形をあらためて見てみると、すでにそれだけで独自の印象があると感じませんか?図形ごとに私たちの心理に与える影響が違うのです。
グラフィックデザインこのようなさまざまな図形と文字を使用して、効果的な情報伝達と受け手に印象を残す作業と言えます。
そんな、「カタチ」が持つパワーについて理解しましょう!

カタチの特徴を知ろう!

複雑な図形と単純な図形

○や△や□のように線がつながっているシンプルな閉鎖図形は図形として見られやすい。つまり印象に残りやすいのです。一方ぐにゃぐにゃとした線や図形などは、なかなか図形として捉えにくい。つまり印象に残りにくい。と言えます。


広告は印象に残ることに意味があります。特にマークやロゴタイプは簡潔なカタチを選んだほうが効果的です

図と地

人は何かを見る時に「全体」を見ず、ある一部分に注意を向けます。その注意を向けている部分を「図」それ以外の背景的部分を「地」と言い、それらは「図」の「輪郭」によって分断されています。
しかし「地」の部分に注意を向けて見てみると、それが「図」として認識され、今まで「図」だったものが「地」に逆転してしまいます。

と、何を言ってるかよくわからないかと思いますので、有名な「ルビンの壷」をご覧ください。

どこを見るかによって「図」と「地」が逆転します。

色・大きさなど様々な要素によって「図」と「地」が認識されますが、傾向として凸形に外にふくらんでいる図形は存在感のあるカタチ「図」に見られ、逆に凹形にへこんだ図形は、図としての存在感が薄いどころか、存在感のないものとして見られやすくなります。これを利用して「図」と「地」をコントロールしてください。

丸と角

丸いカタチは豊かさや暖かさを感じさせ、尖ったカタチは痛みや欠乏感、冷たさのような感情をひき起すこともあります。
一般には丸いカタチは女性的あるいは感情的、尖ったカタチは男性的あるいは理性的に見られやすい傾向があります。

カタチを組み合わせよう!

カタチの組み合わせで「図」を作る

人は「一定の規則を持ってまとまっているもの」を見る時、それを個々の要素として捉えずに「まとまり」として捉えます。
そのまとまりが「図」となれば、「輪郭」を感じ、その外側には「地」が生まれます。

秩序のある組合せ

デザインやレイアウトでは、図を配置して組み合わせることで、ある印象を演出します。なので、図そのもののカタチだけではなくて、図の相互関係も重視されます。

近くに配置されているか、離れているのか。組み合わせるカタチが同じか、違うカタチか。こうした違いにより、まとまって見えたりバラバラな印象になったりして、効果も違ってきます。

まとまった印象にするには、「並んでいる。連なっている。」「方向が揃っている。」「近くに配置されている。」などが有効で、にぎやかな感じや豊富な感じを出す時には、バラバラな組み合わせが有効です。しかし無秩序になりすぎると散漫な印象、あるいはただうるさいだけの印象になりますので、このバランスがむずかしいところですね。

デザインには伝えるべき内容があるはずなので、その内容をよく理解してそれに合った「秩序」を考える必要があります。

また、デザインに曖昧さは禁物です。揃えるところはきちっと揃える。ズラすところもきちっとズラす。これが基本になります。微妙に揃っていないとか微妙に大きさが違うとか微妙に傾いているなどなど、曖昧さは見る側に不安感を与えてしまいます。これはカタチだけでなく「レイアウト」「色」「フォント」「写真」など、グラフィックデザインを構成するすべてのものに当てはまります。

いかがでしたでしょうか?カタチって奥深いですね。
後編もお楽しみに!


参考文献:和田義徳/福原節寿.印刷メディアの基本設計,社団法人日本印刷技術協会,2000