今年も大成功をおさめた蛍イベント

先週の2日(土)・3日(日)に半田市の新美南吉記念館にて、今年で4回目の「南吉さんの蛍まつり」を開催しました。

DSC_9640 今年も半田市内の各団体と協働事業として開催し、2日間とも晴天に恵まれ、大成功をおさめました。
今年はステージイベントも工夫をこらし、南吉の童話作品である「木のまつり」をテーマとした「キャンドル演出」もあり、
キャンドルの幻想的な明かりが暗闇を照らしていました。

DSC_1055

DSC_9624DSC_9592

今年は、蛍の観賞エリアも昨年の行列対策をばっちり改善、大きなトラブルも無く会場に誘導もできました。
来場者数は、初日2,400人、2日目1,200人の合計3,600人。
特に家族連れが多く、お子さんには貴重なヘイケボタルの光る姿を見ていただきました。

このイベントでみなさんにお見せするホタルは、半田市内にお住まいの土本さんが
一年間大切に育ててくれたホタルの成虫と幼虫です。_MG_7326
さらに、5月には地元岩滑小学校の4年生の生徒達が土本さんが育てた幼虫を放流しました。
ところが、自然環境の中では、その中の1割程度しか羽化しないそうです。
この日わずかですが自然の中で飛び交ってくれたと思います。

 

来年もみなさんにたくさんのホタルをご覧いただけるよう、ホタルおじさんは今日から毎日、
ホタルの幼虫を育ててくれます。
また来年お会いしましょう。

DSC_9538

初日のスタッフ

DSC_9662

2日目のスタッフ


いよいよスタートした蛍プロジェクト

2013年に始まった新美南吉記念館敷地内の除草作業も今年で4年目となりました。

蛍の里を取り戻したいという地元の方々の想いに共感し、当社が関わってきた「南吉さんの蛍まつり」事業。

事業といってもまったく収益はありません。すべてボランティアであり、会社のCSR活動のひとつとしてここまで育ててきた取り組みのひとつです。

今年も5月下旬に予定されている地元岩滑小学校の生徒による蛍の幼虫の放流に備え、雑草の生い茂る小川周辺をきれいにしました。

小川周辺だけでなく、広場一帯の雑草を草刈機4台で除草し、コンテナに収まらない大量の草で悪戦苦闘。

しかも、雨上がりのため水を含んだ重たい草にはまいりました(>_<)

乾いていたらまるでハイジのベッドになるんですけどね。

南吉さんの蛍まつりは7月上旬の予定で計画中です。

DSC_0994

蒲の葉が密集する湿地。昔は棚田だったところです。とても入っていけません。

市で用意していただいたコンテナも登場

市で用意していただいたコンテナも登場

みるみる一杯に

みるみる一杯に

楽しそうです

楽しそうです

 

お疲れさまでした

お疲れさまでした


今年も5月3日・4日の亀崎潮干祭にて串あさりの販売をさせていただきました。
販売を担当したのは、プリ・テックグループに入社した新人8名。
店頭販売の研修ということでお手伝いをしました。

初日は雨が近づく曇り空の下、二日目は雨上がりの快晴の中での販売でしたが、おかげさまで大勢の方で賑わい、初日、串あさりの天ぷらとお土産用共に例年以上のお客様で大忙し。
新人も大きな声ととびっきりの笑顔で応対していました。

_MG_7272_MG_7275

串あさりの天ぷら

串あさりの天ぷら

S_23887874

結果、初日の2時頃には2日間分の用意していたお土産用商品が全て完売してしまうという予想外の展開でした。

その後も串あさりをお求めにお越しになられた方も多々おり、お断りをさせていただきました。
楽しみにお越しになられた方には、本当に申し訳ございません。
今年は例年にないあさりの不漁の年でしたので、用意できた串あさりがわずかだったことが理由です。

来年のあさりが豊漁になることを願って、今年の販売を終了させていただきます。
尚、ホームページでの販売も終了となりますので、ご容赦ください。

DSC_0953


3月8日(火)に、半田市の主催で「半田市区長連絡協議会による企業視察」が弊社にて行われました。

昨年の10月に産業見学会が弊社にて行われましたので、一般の方をお招きするのはこれで2回目となります。

弊社にお越しになられたのは半田市の合計35名の区長様。

バスでお越しになり、まずは食堂にてスライドをお見せしながらの会社紹介。

創業からはじまり、事業内容の他、地域への関わりまで、紹介させていただきました。

スライド紹介のあとは、実際に工場内を見学しました。

弊社にはデザイン部門も多数在籍していますので、工場見学といっても半分はソフト部門の見学です。

_MG_7169_2

 

印刷工場では昨年導入した最新鋭の印刷機をご覧になり、冊子をつくる製本機も間近にご覧いただき、

印刷物がどうやって製造されるのかイメージをいただけたと思います。

_MG_7173_2_MG_7185_2_MG_7189_2_MG_7178_2

 

見学後にお聞きした感想の中で印象が強かったことは、印刷会社はもっとたくさんの社員が印刷工場で働いているイメージがあったとのこと。

実際には、非製造部門が多くを占めていることに驚かれました。

そうなんです、弊社はソフト部門を有する情報発信業。デザイン・企画編集ができるクリエイティブな会社なんです。

見学会が終わり、皆様から感謝のお言葉をいただき、お迎えした弊社としてもたいへん有意義な機会をいただくことができました。

皆様、ありがとうございました。


半田中央印刷が地元亀崎の各家庭に古くから伝わる名産「串あさり」を企画・商品化して5年目。
この度、ふるさと納税の納税者に贈られるお礼の品に「亀崎串あさりお土産品セット」が選定されました。
地元の地域活性化、串あさりのブランド化、そして亀崎の方達の働く場をつくり、自治体を始め各方面から評価をいただいた結果がこの度の選定にいたりました。
みなさまのご支援、ご協力に感謝いたします。

亀崎串あさりお土産品セット

亀崎串あさりお土産品セット

ふるさとチョイスはこちら