5月3日・4日は、当社のある地元亀崎地区のお祭りでした。
亀崎といえば、そう「潮干祭」。平成28年12月に全国33件の「山・鉾・屋台行事」の1つとして、
ユネスコ無形文化遺産に登録(正確にはリストに記載された)されたお祭りです。
(平成18年に国の無形民俗文化財に指定されています)

亀崎の山車は、見事な彫刻、豪華な幕、そして伝統あるからくり人形が特徴。
精緻な伝統工芸を集めた芸術品といえます。

私もこの亀崎潮干祭にいろいろと携わってきましたので、登録された時は喜びもひとしおでした。
ユネスコ登録後、2度目のお祭りとなった今年は、あるお仕事のために公式カメラマンと同行し
2日間の行程に密着しました。
初日は前日までの雨で朝まで開催が心配されましたが、
やはり神がかりと思うくらい、明け方にぴたっと雨が止みました。

朝6時に着いた時には、カメラマンは祭装束を身にまとい、準備完了。
私たちは、5つの組のうち、一番東に位置する東組に就きました。

最初に山車に対する祈祷が行われました。
初の日(潮干祭では初日をこう呼ぶ)は、その後整列をし、国道を横断、
10時には有名な海浜曳き下ろしが行われ、
午後には町内を巡行、夕方に尾張三社(亀崎地区の最南西に位置する)に移動し、人形技芸奉納が行われます。
初日の行程を夜7時過ぎに無事終了し、翌日に望みました。

山車祈祷(写真は田中組)

 

町内を5輌の山車が整列、海浜へ向けて準備

 

台輪と梶棒を綱で締め付ける「棒締め」

 

波打ち際を進む宮本車(みやもとぐるま)

 

縦整列した5輌の山車

 

神前神社に向けて人形技芸奉納

 

後の日(潮干祭では2日目をこう呼ぶ)は、前日の曇り空から一転、晴天に恵まれました。
朝5時半に各サヤ(山車の倉庫)を出発した5つの山車が6時に尾張三社に到着、
飾り付けが終わると一旦祭り人は帰宅します。
正式には9時過ぎから尾張三社での曳き込みと、神事、人形技芸奉納が行われ、
町内を前日とは逆行程で巡行、午後から再度、海浜曳き下ろし、その後は神前神社(かみさきじんじゃ)での
曳き廻しと人形技芸奉納の後、2日間の行程が終了します。

早朝の尾張三社(昔は一晩山車が泊まったそうです)

 

車元(その年の組の親方)にてお神楽

 

尾張三社境内へ曳き込まれる5輌の山車

 

神様を乗せた車を先頭に5輌の山車が護衛の役割で後に続く

 

町内を巡行する宮本車

 

 

 

神前神社前の曳き廻し(前方が青龍車)

観光客はこの時点で帰られるのですが、亀崎の祭りはその後サヤに納めて千秋楽を迎え全てが終了します。
今回は最後まで見届けることができました。

帰路に着く石橋組青龍車

 

東組 サヤ納め、千秋楽

サヤ納めの際、若者達が感極まってお互いに泣きながら「ありがとう!ありがとう!」と抱き合う場面があり
亀崎の人にとって、祭はすべてなんだなあと改めて感じた2日間でした。
来年も素晴らしい祭りになるよう願い、帰路につきました。

〈おまけ画像〉
亀崎名物「串あさり」です。


4/21日(土)に潮干会の清掃ボランティアがあり、会社の数名が参加してきました。
全体で約100名くらいの方が参加していました。もっと少ないと思っていたのでびっくりです。

その日はものすごく暑く、一時間ちょっとだったのですが最後の方は歩くのもしんどいくらいでした。(普段の運動不足を感じました)
暑い中、みんな積極的に拾っていて自分も頑張らねばと重い足と腰を精一杯動かしました。
ただ、一人グロッキーになっていましたが。。。(笑)

清掃のボランティアに参加したのは、人生で初めての経験でした。こんな機会でもない限り参加しなかったと思います。
ゴミを拾っていて気がついたのは、タバコの吸殻!!こんなに落ちてるとはと思いもしなかったです。自分も喫煙者ですが、こんなにポイ捨てしていたら禁煙が進むのも納得です!!
何事にもマナーは大切なんだと思い知らされました。。。。いろんな意味で、違う視点でみることができました。
かなりきつかったですが、また来年も参加しようと思います。
来年はもっと人数が増えたらいいなっと思います。


海外への体験旅行プログラムに参加を希望する高校生の面接をさせていただきました。
みんな、ついこの間まで中学生だった新1年生。
でも目標を持って応募してくる子供達は輝いていました。

印象的だったのは
おとなしそうな子の口から、文化や民族性の違い、宗教観の違いに興味があって
その中で移民政策の課題を知りたい、なんて言葉が出てきたこと。
英語を学びたいとか将来英語を生かした仕事を目指していますという動機が多い中で
際立っていたと思います。
私は中高生から宗教観を考えるのは大切なことだと思っています。
民俗や文化の背景を考えたり、本質が何かを考えたりするクセづけは必要だと思います。

「日本人には教養が不足している。そしてそれは哲学的なベースかもしれない。」
外資系の会社に勤めるある先輩がおっしゃっていたのを思い出しましたが本当にその通りだと思いました。

そういえば哲学って歴史の中で多少触れたりしましたが
きちんと学んだことはないです。
多分実生活にはなくても良いからなのでしょう。
でも壁にぶつかった時や迷った時に、答えでなくても、指針が欲しくなるものです。
だから「君たちはどう生きるか」がマンガになって、ベストセラーになるのでしょう。
大人が買っているそうです。大人だって悩んだり迷ったりして指針が欲しいのだと思います。

ほんのわずかな面接時間なので、どこまで考えているかはわかりませんが、
その男の子の言葉に、強さ、深さ、を感じ、感銘を受けました。
良い家庭で育っているのだなと思います。

たまたま一人強く印象に残りましたが
みんな目標を持って応募してきて素敵な学生達でした。
予算がシビアだから難しいけれど、本当は全員出してあげたいものです。
先生方も同じ思いなのでしょう。


先日桜の時期に名古屋城に行きました。

半田から改めて名古屋城まで出かけることなんてほとんどなくて、
おそらく小学生の頃以来ではないかと思います。
鉄筋コンクリートで復元された天守閣で価値を低く感じてしまっていたので、あまり足が向かなかったのだと思いますが、行ってみるととても迫力があって素晴らしいお城でした。お堀の石垣と緑もため息が出るような景観でした。

復元工事完成間近の本丸御殿もとても美しい建物でしたし、確かに天守閣が木造で復元されたら、名古屋にいらっしゃるお客さんもかなり増えるのではないかと期待が膨らみます。
そしてこの天守閣、戦災で焼失するまではなんと国宝第1号に指定されていたそうです。

オープンしたばかりの商業施設「金シャチ横丁」にお客様が出店していますので、そちらに寄って帰宅しました。日本酒をテーマにしたお店、BtoCの事業形態が初めてとなるお客様にとっては実験的な店舗となりますが、海外からの観光客も多く、きっとうまくいくことと思います。知多のものも店頭に並べていただいておりました。感謝。


自動車の防犯関連情報誌のお仕事をさせていただいて一年、
今号で5号目となりました。

表紙には2号から著名人を登場させていますが、
ようやく昨日No.05が無事完成。
今号の表紙は、キックボクシング世界3階級王者の佐藤嘉洋さん。

2015年に現役引退するまで、数多くのタイトルを獲られています。
2005年にK-1デビュー後、2008年にはあの魔裟斗と対戦してますよ。

そんな佐藤さんとお仕事させていただきました!!
こんな出会いのあるお仕事、やっぱり楽しいし、やりがいがあります。

次号はさて?どなたになりますかね〜。

右から、元中日ドラゴンズ立浪和義さん、女子プロゴルファー塩谷育代さん、元中日ドラゴンズ井上一樹さん、和田一浩さん、佐藤嘉洋さん