数週間たってしまいましたが、8月末にちょっと珍しい皆様が会社見学にいらっしゃいました。
それは、デザインを学ぶ台北市の高校生18名。

台湾では教育旅行という海外研修旅行が活発に行われているそうです。
日本の修学旅行のようなものですが、研修あり実習あり、もちろん見学や観光もあり盛りだくさんの内容で、日数も約2週間とても長いのだそうです。
愛知県観光協会様の説明によると、450校ほどある台湾の高校のうち200校が海外への教育旅行を実施しており、そのうち7割が日本にいらっしゃっているとのこと。
これだけの人数で長期間訪日いただけるので、観光業界からすればとても大きな機会ですよね。
全国各地の観光協会や教育委員会が誘致に動いているのが理解できます。
静岡県などはとても活発なようで、県内の高校生との交流を熱心に進めているのだとか。
台湾の親日ぶりは、こういう地道な努力も影響しているのだと思いました。
受け入れる私たちの責任も重大だと思いましたので、丁寧におもてなしをさせていただきました。

ちなみに当社のあとは、小鈴谷の盛田味の館さんで食事をし、日間賀島に向かいました。
いとこの日間賀郵便局長から「みんな来たよー」と連絡が入りました。宿泊は西港の大海老さん。
こんなところでも日間賀島頑張ってます。

良い思い出になって、また訪れてくれるといいですね。


暑い日が続いていますが みなさんお元気ですか〜

先日、某芸術大学2年生の生徒のみなさんが

会社見学にきてくださいました(^^)!

 

最初に「半田中央印刷という会社とは」

「印刷技術の移り変わり」を説明したあと

いざ

各部署、印刷工場の見学へ

てくてく

大学でデザインを学んでいる学生のみなさん。

印刷物がどういう流れで出来ているのか興味津々!

 

最後はみんなで記念撮影☆

 

とても勉強熱心で、大学生の若いパワーをもらいました!

大学時代が懐かしい・・・・☺

 

みなさんの今後の活躍を心より応援しています👍


みなさんこんにちは!新入社員のとみたです(^O^)

7月に半田市にある赤レンガ建物で三日間にわたり開催された、「カブトビールフェスタ」に初参戦してきました!

お天気は良すぎるほどにかんかん照り!猛暑の中、おいしそうな出店と、昔から愛されるビールのサーバーがそこかしこに並んでいました!

ところでカブトビールってご存知ですか?

このビールの誕生はなんと今から120年前!当時、東海地方でもっとももてはやされたビールなんです。

現在、このカブトビールは復刻され、「明治」と「大正」の二種類があり、飲み比べるのも楽しいですよ!

★カブトビールフェスタって?→https://handa-akarenga.jp/event/detail_522.html

 

そして、売り子のお手伝いということで、久しぶりに浴衣を着て行きましたよー!超美人な可愛い別の売り子さんもいらっしゃいましたので目の保養にもなりました(^^)

当日は暑い中大勢のお客さんが足を運んでくれました!

食べ物やビールを楽しみつつ音楽も聞けちゃうすてきなイベント、みなさんも是非来年参加してくださいね!


投稿が遅くなりましたが、先月の22日(金)、23日(土)に新美南吉記念館において、
「南吉さんの蛍まつり」を開催しました。

当社が新美南吉記念館奥にある谷地の整備のお手伝いを始めてから6年が経ちました。
かつては雑草の生える荒れた湿地帯だったのですが、今では整備も進み見違えるほどの場所になっています。

そして、1年に1度のホタル観賞イベントも徐々に進化してきました。
今年は例年とは違い、金曜日の夜と土曜日の16時〜夜というタイムスケジュール。

2日間を通し、ホタル観賞の他、新美南吉記念館のナイトミュージアムが無料になります。

初日のメンバーで記念撮影!

 

天候にも恵まれ、しかも今年のホタルの生育状況はまれにみる当たり年だったようで、
たくさんのホタルの光で会場はとっても幻想的、素敵なムードでした。
中には、毎年5月に放流しているホタルの幼虫が羽化した成虫も少しですがいるようです。

ホタルの幼虫やサナギも持ち込まれ、子ども達は初めて見るホタルに興味津々

 

キレイに撮影できなかったのが残念!

 

初日は、約1000人の来場者でした。
さあ、明日は天候が心配ですが、開催できることを祈ります!

 

 

2日目、心配された天候は、天気予報の通り、明け方から雨になりました。
昼になっても止まず心配していたところ、連絡があり「予定通り実施」。
皆さんが楽しみにしていたステージイベントと飲食ブースは中止になってしまいましたが、
当社が今年企画してきた「クイズラリー」は実施することに。

16時スタートに向けてスタッフが集まりました。
この頃には雨が止んできました。

2日目のスタッフ

 

16時からのクイズラリーは、初めての企画。
この企画は当社が制作したホタルの生態をまとめた冊子を
もっと皆さんに読んでいただきたい!という想いから企画したものです。
会場内に設置されたクイズに答えて、全問正解すると賞品がもらえます。

受付風景

 

クイズが設置されたポイント

 

全問正解しているかな??

 

陽が沈む頃まで参加者が絶えず、好評のうちに終了したクイズラリーでした。

暗くなると、ホタル会場のホタルが光り始め、多くのお客様が来場しました。
足場がぬかるみ、非常に足元の悪い中でしたが2日目もたくさんのホタルを観ていただけました!!
2日目は、850人の来場者でした。

最後に。ホタルを生育してくれているホタルおじさんこと、土本さんのご紹介。
一年間、毎日、自宅の車庫を埋め尽くすたくさんの飼育ケースの中で、
5000匹以上になるホタルの幼虫を育ててくれています。
さらには餌になるカワニナやタニシを集めてきてはホタルの里に放流したり、
ことしはさらに田んぼを作ってくれました。
すべては、ホタルが棲める環境のために。
そのホタルおじさんの少しの足しにと、募金活動も毎年行っています。
みなさんの善意に感謝です。

感謝!感謝!です

 

来年も、楽しいホタルイベントが開催できるよう願い、2日間のイベントが終了しました。

 


5月3日・4日は、当社のある地元亀崎地区のお祭りでした。
亀崎といえば、そう「潮干祭」。平成28年12月に全国33件の「山・鉾・屋台行事」の1つとして、
ユネスコ無形文化遺産に登録(正確にはリストに記載された)されたお祭りです。
(平成18年に国の無形民俗文化財に指定されています)

亀崎の山車は、見事な彫刻、豪華な幕、そして伝統あるからくり人形が特徴。
精緻な伝統工芸を集めた芸術品といえます。

私もこの亀崎潮干祭にいろいろと携わってきましたので、登録された時は喜びもひとしおでした。
ユネスコ登録後、2度目のお祭りとなった今年は、あるお仕事のために公式カメラマンと同行し
2日間の行程に密着しました。
初日は前日までの雨で朝まで開催が心配されましたが、
やはり神がかりと思うくらい、明け方にぴたっと雨が止みました。

朝6時に着いた時には、カメラマンは祭装束を身にまとい、準備完了。
私たちは、5つの組のうち、一番東に位置する東組に就きました。

最初に山車に対する祈祷が行われました。
初の日(潮干祭では初日をこう呼ぶ)は、その後整列をし、国道を横断、
10時には有名な海浜曳き下ろしが行われ、
午後には町内を巡行、夕方に尾張三社(亀崎地区の最南西に位置する)に移動し、人形技芸奉納が行われます。
初日の行程を夜7時過ぎに無事終了し、翌日に望みました。

山車祈祷(写真は田中組)

 

町内を5輌の山車が整列、海浜へ向けて準備

 

台輪と梶棒を綱で締め付ける「棒締め」

 

波打ち際を進む宮本車(みやもとぐるま)

 

縦整列した5輌の山車

 

神前神社に向けて人形技芸奉納

 

後の日(潮干祭では2日目をこう呼ぶ)は、前日の曇り空から一転、晴天に恵まれました。
朝5時半に各サヤ(山車の倉庫)を出発した5つの山車が6時に尾張三社に到着、
飾り付けが終わると一旦祭り人は帰宅します。
正式には9時過ぎから尾張三社での曳き込みと、神事、人形技芸奉納が行われ、
町内を前日とは逆行程で巡行、午後から再度、海浜曳き下ろし、その後は神前神社(かみさきじんじゃ)での
曳き廻しと人形技芸奉納の後、2日間の行程が終了します。

早朝の尾張三社(昔は一晩山車が泊まったそうです)

 

車元(その年の組の親方)にてお神楽

 

尾張三社境内へ曳き込まれる5輌の山車

 

神様を乗せた車を先頭に5輌の山車が護衛の役割で後に続く

 

町内を巡行する宮本車

 

 

 

神前神社前の曳き廻し(前方が青龍車)

観光客はこの時点で帰られるのですが、亀崎の祭りはその後サヤに納めて千秋楽を迎え全てが終了します。
今回は最後まで見届けることができました。

帰路に着く石橋組青龍車

 

東組 サヤ納め、千秋楽

サヤ納めの際、若者達が感極まってお互いに泣きながら「ありがとう!ありがとう!」と抱き合う場面があり
亀崎の人にとって、祭はすべてなんだなあと改めて感じた2日間でした。
来年も素晴らしい祭りになるよう願い、帰路につきました。

〈おまけ画像〉
亀崎名物「串あさり」です。