PL(損益計算書)を理解して、日常的な経営状況を把握しておく。

会社の経営状況を表す決算書。
BS(貸借対照表)とPL(損益計算書)は月次で作成している会社も多いと思います。
月次試算表と言われることも多いようです。当社でも月次のものは試算表と呼んでいます。
経営に関わる方なら、この試算表を一ヶ月に一度はじっくり読み込んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
特にPL(損益計算書)は把握しておくと良いと思います。
現在の収益状況、何にどれくらい経費を使っているのか、打った手がどう数字に表れているか、今後の見込みはどうなるか、儲かっているのか儲かっていないのかわかってきます。

次の打ち手の検討にも役立ちます。

まあコロナの影響を受けている中では、目を背けたくなるのが本音ですが…

PLとは「プロフィット アンド ロス・ステイトメント」の略で損益計算書のことを指します。収益から費用を差し引いてどれだけ利益が残ったかを表します。 

損益計算書(PL)を簡単に表すとこのような図になります。

大まかに、売り上げから変動費(仕入れ)を引いたものが粗利益です。いわゆる付加価値で、これを最大化することが重要になります。
粗利は、固定費(固定経費)と利益に分けられます。
粗利の中からどのように経費を使うのかは、会社や業態によって異なります。残ったものが利益となります。

ついつい売上に目がいきがちですが、重要なのは利益。
自社のPL(損益計算書)をきちんと把握していれば利益を上げるのにどれだけの粗利や売上が必要なのか理解できます。

毎月のチェックで見るべきポイントは?

毎月じっくりチェックする時に、どんなところをポイントにするか。当社の場合下記については特に注意を払います。

①前期、前々期と比較してそれぞれの科目の数字がどのように動いているか
(打ち手との整合性は取れているのか、取れていなければなぜか)

②大きな経費の内訳を把握しておく
(大きな経費は見直しできれば改善効果が高い)

③特定の経費がある月だけ大きく数字が動いていないか
(ポンと数字が振れていると、そこに問題が隠れている場合があります)

これらを把握しておき、タイミング良く手を打って、その後の数字の動きを見る。これを繰り返し続けるイメージです。

売上は月によって変動しますが、固定経費はあまり変動しません。
固定経費をまかなうためにどれだけ粗利が必要なのかという視点で見ておくと販売計画も立てやすいのではないでしょうか。

ちなみに
通常PLを理解する際によく「5つの利益」が説明されています。
5つの利益とは「売上総損益(売上総利益)」「営業損益(営業利益)」「経常損益(経常利益)」「税引前当期純損益(税引前当期純利益)」「当期純損益(当期純利益)」の5つです。

ですが月次のチェックではこれらすべてを意識する必要はありません。
月次のチェックでPL(損益計算書)を経営に生かすことを考えるのであれば、営業利益と経常利益を結果として見ておけば十分です。特に本業による収益を示す営業利益が重要です。この数字が安定しているということは、ビジネスモデルが安定しているということになります。

関連記事はこちら
「BS(貸借対照表)とPL(損益計算書)のわかりやすい把握の仕方」
「経営計画書作成のポイントその1「利益計画は逆算で考える」」


これはオススメ! フルカラーデジタル印刷で魅せる段ボール什器、開梱してそのまま陳列できるパッケージ

コロナの感染状況が落ち着きをみせ、先日久しぶりにリアルの展示会に出展してまいりました。
1コマお試し出展。予算も限られ、なるべく低コストでブースを制作するために選択したのは、「段ボールシート」。
通常段ボールに印刷をする場合、フレキソ印刷方式での印刷が主流です。
フレキソ印刷とはゴム製の凸版を使用し主に水性インキで印刷をする方式です。
精密な表現には向かず、簡易な絵柄の印刷に適しています。

この壁面、段ボールシートでできています

今回使用したのは、インクジェットデジタル印刷機。
大判の段ボール用紙に精緻な印刷ができる優れものです。
展示ブースの壁面と装飾用の正方形パッケージを制作しました。
段ボールなので、展示会終了後は古紙回収され製紙原料としてリサイクルされます。
環境負荷も小さく、SDGsへの取り組みとしても適しています。

こちらの段ボールブース、パートナーさんが導入した最新鋭の段ボール用のフルカラーデジタル印刷機で印刷。

その特徴は次の3つです。

01 高速印刷で高い生産性を実現

インクヘッド技術の向上により、これまで低速でしか対応出来なかった高品質な印刷でも高速での対応が可能になりました。
また下地処理や印刷後のニスがけも1工程内で瞬時に完了出来るため、従来機よりも高い生産性と美粧性を両立しています。

02 環境にやさしい水性インク

従来のデジタル印刷機で多く使用されていたUVインクは溶剤を含むため、特有の匂いが発生していました。
こちらのマシンでは環境にやさしく匂いのない水性インクを使用するため、青果物の梱包箱や肌に触れる製品の梱包などにも安心して使用が可能です。

03 大判の印刷物にも対応

最大紙寸法がW1600mm×L2800mmと非常に大きいため、大小さまざまな梱包箱はもちろん、販促用POP、イベント看板などこれまで段ボールでは対応しにくかった大型印刷物の生産も可能になりました。

デジタルインクジェット印刷による段ボールケース。
海外では流通業界での使用が増えているようです。
量販店などで人手不足への対策として、商品を段ボールのまま陳列することが多いということです。
確かに包んで運ぶための段ボールがきちんとデザインされていれば、そのまま店頭什器になります。
そのまま開梱するだけですから、棚出しの手間も省けます。

フルカラーデジタル印刷で段ボール制作、
検討されてみてはいかがでしょうか?

印刷会社における化学物質のリスクアセスメント②

まず、勉強会で得た知識により報道前の活動から始めたいと思います。化学物質を取り扱うにあたり、大事なことはSDSを理解すること、そして正しい管理をするため法規を理解することです。そのあとに次の段階へ進みます。

そして当時の現状を整理し、チェック表を作成しました。

そして、チェック表を元に改善を進めていくことにしました。
 1.化学物質のリストを作成する
 2.溶剤の揮発を極力抑える
 3.ジクロロメタン含有の洗浄剤の代替品を探す
 4.法規要求事項を遵守する
 5.ジクロロメタンを含まない洗浄剤に変更する

まずは当時、使用している、過去に使用していた化学物質のリストを作成しました。
下の表は当時のリストの一部を抜粋したものになります。

溶剤の揮発を極力抑えることに関してはすぐにできることから始め、使用済みのウエス、インキの残肉、小分けして使用していた洗浄剤の容器に蓋をすることを徹底しました。

ジクロロメタン含有の洗浄剤の代替品を探す(当時ジクロロメタンは第2種有機溶剤)
顧問から指摘を受けたとき、ジクロロメタン含有99%の洗浄剤を使用していました。
サンプルテストを何度か繰り返しましたが乾燥不良、臭い、価格、消防法などの色々な問題があり結果、ジクロロメタン含有50%、ミネラルスピリッツ含有50%の洗浄剤を使用していくことにしました。とりあえず以前より安全な代替品を探したことに満足してしまいました。ここが反省がすべき点でしたね。この辺りの活動中に1,2ージクロロプロパン、ジクロロメタンに発がん性の疑いがあるという新聞報道があり、ジクロロメタン含有の洗浄剤の使用をやめ、法規要求事項の遵守へと進めていくことになります。

次回は法規要求事項の遵守作業環境測定の実施などの話をしたいと思います。

関連記事
印刷会社における化学物質のリスクアセスメント①
印刷会社における化学物質のリスクアセスメント③
印刷会社における化学物質のリスクアセスメント④