印刷オペレーターが刷版出力。無処理版導入のメリットデメリットとは。

無処理版とは現像処理を印刷工程の前に行わなくても良い刷版のことです。
この無処理版、10年以上前から出ていましたが最近、急速に導入する会社が増えてきているようです。出始めた頃はトラブル、問題点をよく耳にすることがありました。
10年以上経った今、現状はどうなのでしょうか?
私たちも導入の際、印刷物や印刷機に不具合が起こらないか、カラーマッチングは大丈夫か?と不安要素はたくさんありました。なので導入が決まってから特にトラブルに対しての情報収集に力を入れました。刷版メーカーさんに立ち会ってもらいテストも何度か行いました。。メリット、デメリットを調べるといろいろ出てくると思いますが私たちの経験した現状を挙げたいと思います。

メリット
  ・現像液を使わないので廃液が出ない
  ・現像装置のメンテナンス、清掃作業がなくなる
  ・現像工程がない分、刷版出力の時間が短縮される
  ・版キズが付きにくい
  ・網点がシャープに出る
  ・機上現像なので印刷機の状態不良に早く気付くことができる

有処理版                    無処理版

デメリット
  ・上の写真のように視認性が悪い
  ・刷版代が若干、高くなる
  ・機上現像のため、ヤレ紙が若干、増える

という感じですが実際に作業してみると圧倒的にメリットの方が多く、デメリットは余り気にならなくなりました。コスト面では刷版代が若干、高くなっても現像液代と廃液の処分代の方が高かったので抑えることができました。廃液が出ないので地球環境、SDGsにも貢献できます。あと現像液のメンテナンス、清掃作業がいらないというのは印刷オペレーターが扱うには大変メリットがありますね。印刷オペレーターは印刷機のメンテナンスという大事な役割を持っているわけですので今まで通りそちらに集中することができます。ただ、最大のデメリットは視認性の悪さです。これはどうにもなりませんが、無処理版になってから視認性が悪いがために版をよく確認するようになり刷版の付け間違いが、かえって減りました。デメリットが良い方に転んだ感じですね。というわけで今のところ順調立ち上がっている状況です。

無処理版を導入予定の印刷会社様の工場見学

そして、無処理版を導入して1年足らずで刷版メーカーさんからの依頼により上手く立ち上がった良い事例として2社、見学に来て頂きました。私たちも情報共有の場としてまた勉強させて頂くチャンスと捉えて積極的に見学に来て頂いています。
これからも印刷技術を磨き、しっかりと設備を維持管理し、また刷版メーカーさんより依頼されるような工場であり続けたいですね。

産業見学会を開催しました

10月22日に、半田ふれあい産業まつりのプレイベントである「産業見学会」の会社見学が当社にてありました。
当日は22名の一般の方がお越しになりました。
最初に、当社の社長より印刷の歴史、当社の歴史についてお話しをさせていただき、
その後は2グループに分かれ会社見学。
印刷の歴史、会社の歴史については、普段私たち社員でも知らないことが話に出て、改めて興味が湧きました。
会社見学では、デザイン部門の後、実際に印刷物ができる流れをご案内しました。

印刷物の仕様によって、多種多様な印刷方法があり、それらをわずかな時間ですが実際の目でご覧いただけたと思います。
最近は、こういった会社見学をいくつも受け入れています。
少しでも印刷産業について知っていただきたい、当社のことを知っていただきたいという想いから受け入れをさせていただいています。
また、地元のイベントにも率先して社員が参加し、印刷の魅力を知っていただく活動も少しずつ取り組んでいます。
またどこかでお会いできることがあると思います。
お気軽にお声をかけていただけると嬉しいです。

台北からお客様

数週間たってしまいましたが、8月末にちょっと珍しい皆様が会社見学にいらっしゃいました。
それは、デザインを学ぶ台北市の高校生18名。

台湾では教育旅行という海外研修旅行が活発に行われているそうです。
日本の修学旅行のようなものですが、研修あり実習あり、もちろん見学や観光もあり盛りだくさんの内容で、日数も約2週間とても長いのだそうです。
愛知県観光協会様の説明によると、450校ほどある台湾の高校のうち200校が海外への教育旅行を実施しており、そのうち7割が日本にいらっしゃっているとのこと。
これだけの人数で長期間訪日いただけるので、観光業界からすればとても大きな機会ですよね。
全国各地の観光協会や教育委員会が誘致に動いているのが理解できます。
静岡県などはとても活発なようで、県内の高校生との交流を熱心に進めているのだとか。
台湾の親日ぶりは、こういう地道な努力も影響しているのだと思いました。
受け入れる私たちの責任も重大だと思いましたので、丁寧におもてなしをさせていただきました。

ちなみに当社のあとは、小鈴谷の盛田味の館さんで食事をし、日間賀島に向かいました。
いとこの日間賀郵便局長から「みんな来たよー」と連絡が入りました。宿泊は西港の大海老さん。
こんなところでも日間賀島頑張ってます。

良い思い出になって、また訪れてくれるといいですね。

某芸術大学の学生さんが会社見学へ!

暑い日が続いていますが みなさんお元気ですか〜

先日、某芸術大学2年生の生徒のみなさんが

会社見学にきてくださいました(^^)!

 

最初に「半田中央印刷という会社とは」

「印刷技術の移り変わり」を説明したあと

いざ

各部署、印刷工場の見学へ

てくてく

大学でデザインを学んでいる学生のみなさん。

印刷物がどういう流れで出来ているのか興味津々!

 

最後はみんなで記念撮影☆

 

とても勉強熱心で、大学生の若いパワーをもらいました!

大学時代が懐かしい・・・・☺

 

みなさんの今後の活躍を心より応援しています👍

半田プロローグ〜はじめよう、はんだの魅力探し〜

先日、半田市観光協会さん主催で

「半田プロローグ〜はじめよう、はんだの魅力探し〜」という会社見学イベントがあり、

その一つに当社も協力させていただきました!

そこで、半田中央印刷では20名ほどのお客さんをお招きし、

会社見学と活版印刷の体験をしていただきました。

 

私は活版印刷を体験していただくコーナーでお手伝いさせてもらいました!

実は、レトロ可愛い!で最近流行りの活版印刷・・・

皆さん、興味津々で聞いていただけました!

はじめは、満足していただけるか不安でしたが

楽しかったよ〜!との温かいお言葉や、最後には拍手していただき・・・

本当に嬉しかったです(^^)★

 

参加していただいた皆様、ありがとうございました〜〜(^^)