半田中央印刷のオープンファクトリー。会社見学・工場見学常時受付中。

先日2年ぶりに会社見学を受け入れました。
お越しいただいた皆さんの反応がダイレクトに感じられ、質問も飛び交ったりして、やはりリアルな見学会は良いなと改めて実感をいたしました。
当社はこれまで年に数回、地域の方や学生さんなど多様な皆様に会社見学をしていただいておりましたが、新型コロナウイルスの影響もありしばらく開催ができませんでした。
学生さん向けの会社説明会もオンライン実施をしました。

コロナの感染状況を注視しながらではありますが、

オープンファクトリー(会社見学会)
を常時受付いたします。

こちらのフォームよりお申し込みください。

小さな会社ですが、クリエイティブから印刷製本まで一通りの機能を持っており、印刷会社の仕事をご理解いただきやすいと思います。
明治時代に使用していた古い機械や活字、木版、石版も展示しています。

希望日は2〜3日程候補をいただけるとありがたいです。
また感染防止に配慮し、できる限り少人数でのお申し込みにご協力ください。

就職活動中の学生の皆様
地域の学校に通う小学生・中学生の皆様
取引先様
印刷会社ってどんな感じと興味の持たれた方 など
お気軽にお問い合わせください。

産業観光としての印刷会社の工場見学

当社のある半田市潮干町を歩きながらそこに集積する企業を見学してみようという企画で、半田市観光ガイド協会様主催による見学会が11月20日に当社にて行われました。
今回は、一般から募集した20名程と観光ガイド協会の方々総勢40名程を2グループに分けて受け入れさせていただきました。

尚、以下の写真は事前に許可を得て掲載させていただいております。

社長から挨拶と、当社の歴史をお伝えしました。
知多四国八十八ヵ所巡拝用品の一つ、納経帳は当社が出版しています(明治26年4月発売)
最新設備であるH-UV4C印刷機を見学
印刷スピードの速さに驚きの様子
印刷物の加工の一つ、折り機も実演。様々な折りを紹介しました
皆さん、驚きの連続でした
製本機の実演。冊子の出来上がる仕組みを説明しています。
エントランスに展示されている明治〜昭和初期の数々の印刷機や、木版・石版・活字棚といったアナログ時代の貴重な展示に皆さん撮影タイム

当社は明治19年に半田市の本町にて印刷業を創業した後、平成4年9月に現潮干町に移転して以来、印刷業としては130年を超える年月の中で、地域に根ざした印刷会社として今に至ります。
このコロナ禍においてしばらく見学会を行えませんでしたが、この度久しぶりの見学会が無事行えましたことに嬉しく思いました。企画をいただいた観光ガイド協会様に感謝申し上げます。

普段、印刷物を当たり前のように手にとっている私たちは、その印刷物がどう作られていくのか見ることは出来ないですし、見るチャンスも無いでしょう。
そんな印刷物の製造工程を間近に見ることができたことで、見学された方はとても興味深く、真剣に見学していかれました。

【イベント】ろじうらに参加しました!

10月21日、亀崎のとある街並みの一角で行われたイベント「ろじうら」に半田中央印刷も参加してきました!

半田中央印刷は、手動式の活版印刷機を持ち込んで「活版印刷体験ワークショップ」を開催しました。

初めて触れる活版印刷機に興味津々のお客さん。その反応に思わずスタッフ全員に笑顔が溢れました。

他にも社員数人がオリジナルハンドメイドアクセサリーを販売するなど、イベントは大成功を収めました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ろじうらは様々な人たちの作品やグルメが楽しめる楽しいイベントです。皆さんもぜひ来年参加してみてくださいね!

半田プロローグ〜はじめよう、はんだの魅力探し〜

先日、半田市観光協会さん主催で

「半田プロローグ〜はじめよう、はんだの魅力探し〜」という会社見学イベントがあり、

その一つに当社も協力させていただきました!

そこで、半田中央印刷では20名ほどのお客さんをお招きし、

会社見学と活版印刷の体験をしていただきました。

 

私は活版印刷を体験していただくコーナーでお手伝いさせてもらいました!

実は、レトロ可愛い!で最近流行りの活版印刷・・・

皆さん、興味津々で聞いていただけました!

はじめは、満足していただけるか不安でしたが

楽しかったよ〜!との温かいお言葉や、最後には拍手していただき・・・

本当に嬉しかったです(^^)★

 

参加していただいた皆様、ありがとうございました〜〜(^^)

 

 

ろじうらvol.8、残念ながら中止に…

去る10/22(日)、
亀崎の地域イベント「ろじうらvol.8」 rojiura-kamezaki.com/
に活版印刷のワークショップとして出店する予定だったのですが
今年は台風直撃となり、残念ながら中止となってしまいました。

9月下旬から社内で準備を始めていた
活版ワークショップの準備や物販商品制作などの
社内の活動の様子をご紹介します。

弊社の活版機は「テフート」「テキン」と呼ばれている
手動式の平圧活版機になります。普段は玄関に飾られています。

印刷工場のすみっこに活版制作コーナーが出現。
活版機も久しぶりの稼働になるので、まずはメンテナンスからスタート。


版や圧の微調整は、かなり細かな手作業になります。


ぐいっと手でハンドルを押し下げるのですが、チカラ加減が難しい。


仕事とは違ってワイワイ楽しく作業してはいるものの
やはり最終的にクオリティに妥協のできない制作メンバー。

今回のデザインには新キャラクターが登場。その名も「ゆるりーまん」。
ちょっと変なニホンゴを使うサラリーマンという設定で
外国人観光客や亀崎の子どもたちをターゲットに一大ブームを巻き起こす予定でしたが、
台風には敵いませんでした…
改めて晴れ舞台を用意し、華々しくデビューさせたいと思います。

その他にも、かめざき活版所をテーマにした様々なデザインを作成。

また、印刷時に発生するはしっこの紙を再利用したメモパックも制作しました。


シュリンクパックメモ。ミニブロックサイズ、A5、B5、A4、B4。

来年までに他にも物販グッズを増やし、
亀崎地域をさらに盛り上げられたらと思っています。

ぜひ次回の「ろじうら」を、どうぞお楽しみに!