気象情報と消費傾向 その2

先日NHKの報道番組で特集されていましたが、昨年夏日本近海の海水温は観測史上もっとも高くなったそうです。
その影響なのか和歌山県串本町では、名産であるヒジキが採れなくなったとのこと。
沖合では、海底を覆い尽くしていた海藻がなくなり、魚もいなくなったそうです。

日本各地で似たような事態が発生しており、温暖化の実害ではないかとされています。

前回のブログ「気象情報と消費傾向 その1」のなかで中長期の視点では、

〜気候変動によって農作物を作る場所が変わる可能性や、従来の観光地が観光地でなくなってしまうことも予想される〜

と書きましたが、
水産資源や生態系に与える影響は実はすでに深刻なのかもしれません。


さて、5月からの昇温期の気温は今年はどうなるでしょうか

1年間の気温の動きグラフ

昨年は上のグラフを見てもわかるように、記録的な暑さの梅雨となりました。
熱中症も救急搬送が前年比で150%を超えるなど非常に多かったそうです。

熱中症対策用品が売れ筋になり、衣料品ではカジュアル衣料が伸長。食品飲料ではアイスコーヒーやお茶系の飲料が多くなったそうです。在宅ワークが増え、冷暖房器具などの購入も増加しました。
短時間の豪雨はあるものの、晴天が多かったためUV対策用品も売れたそうです。

気象協会から3ヶ月予報(3月24日)が出されています。

気象協会HPより引用(https://tenki.jp/long/three_month/)

それによると今年は昨年ほどではないが、平年並か高い傾向であると予想されています。最新の3ヶ月予報は4月23日に発表されますので、それも参考にして、コロナの影響を測りながら昇温期のマーケティングを考えていきたいですね。

気象情報と消費傾向 その1

ウェザーニュース社に注目が集まっているそうです(2021年4月11日 日経MJ)。

気候変動に伴うリスクが高まり、事業活動だけでなく、生活や生命への影響が顕在化しつつあることで、同社のもつデータの活用へ可能性が高まっているのが要因だそうです。
航海気象や航空気象はもちろん、自然エネルギーの発電量予測などにも使用されています。
中長期の視点では、気候変動によって農作物を作る場所が変わる可能性や、従来の観光地が観光地でなくなってしまうことも予想されるそうです。

そういえば北海道で米作りが増え、日本酒の酒蔵も増加しているということを聞いたことがあります。品種改良の成果はもちろん大きいのでしょうが、温暖化の影響もありそうです。

気象は消費にも大きな影響を与えています。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットといった流通業界が、気象情報を仕入れや販促に生かしているのはよく知られています。「昨年こうだったから今年もこうなる」という売り方ではダメなんだそうです。

例えば4月を例にとると

1日の最高気温が12℃、15℃、18℃、21℃、24℃、27℃と3℃刻みで売れる商品が変化すると言われています。

最高気温が15℃を超えるようになると一気に寒さから解放され、基礎代謝が急激に減少します。
基礎代謝が減少すると
→眠気やだるさといった弛緩状態が強く出る
→高カロリーな食事から低カロリーな食事へと欲求が変化する

18℃を超えるようになるとアウトドア志向が高まります
→園芸用品、アウトドア用品、スポーツウェアなどの売り上げが急伸
→体型が気になるようになりダイエット志向、ムダ毛処理へのニーズが高く
→UVケア用品の需要増

22℃を超えると、ビール系飲料やつまみ類の消費量が増加
→氷菓、ビール系飲料、炭酸飲料等の売り上げが拡大
→不快害虫駆除用品、虫除け剤の売上拡大


ーーー昇温期の1日の最高気温とニーズの変化ーーー

(株式会社ISI流通経済研究所資料より引用)

気温の変化で人の消費行動は変わります。自分自身の欲求を振り返っても納得感のあるデータだと思います。

LINE公式アカウント運用について

LINE公式アカウントは、国内最大のコミュニケーションアプリ「LINE」を通じて、企業や店舗がユーザーとコミュニケーションをとることができるサービスです。LINEは現在、日本国内で月間8,600万人(2020年9月末時点)以上が利用しており、利用者数が多いSNSとして、Facebook、Twitter、Instagramと比較してもLINE利用者は拡大しており、私たちの生活のインフラとして役割を担いはじめています。

参照元:We Love Social https://www.comnico.jp/we-love-social/sns-users

広告主の立場から考えると、LINEが持つユーザーの規模が多い分、リーチできるユーザー数が高いため広告効果が期待できるといえます。

LINE公式アカウントは「リッチメッセージ」、トーク画面に常設のメニューを表示できる「リッチメニュー」、抽選・クーポン機能、レポート機能など活用の幅が多くあり、無料でもはじめられます。お客様の中では無料はじめてみたけど途中で挫折してしまった・・というケースをよく伺います。「どれぐらいの頻度で配信したらいいのか分からない」「効果的なクリエイティブが制作できない」「継続的に運用できるスタッフがいない」などなど・・

当社はSNSの運用をはじめLINE公式アカウントの運用をサポートしております。友だち集めの企画、セールやキャンペーンとの連携、特設サイトへの誘導などお客様の目的に合わせて効果的な活用を提案させていただいております。

特設サイトも制作しておりますのでお気軽にご相談ください。

続・Withコロナ時代の消費動向 

ー滞在時間と消費行動の変化についての考察ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新型コロナウイルス感染拡大による消費行動の変化
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウイルスの感染拡大により消費地が変化し、より自宅に近い地域での消費が活発に
なっています。Eコマースの利用や持ち帰り需要が増加し、家ナカ消費が拡大しています。
消費行動にも変化が見られるようです。

ーー目的来店志向が強くーー
「どこのお店で何を買うのか」あらかじめ決めて買い物にいく傾向が高まっているようです。スーパーでの滞留時間が短時間化しています。
電子チラシ「Shufoo!」を手掛けるワン・コンパス(東京・港)が実施したアンケートによると、スーパーでの滞在時間「20分未満」が41%、コロナ前より11ポイント増加したようです。「事前に買う商品を決めて購入」も3割とコロナ前の2倍に。買い物に出かける頻度も下がっているようです。
(日経新聞2021年2月14日の記事「食品・日用品、7割で品数減 買い物時短で定番優位」)

ーー定番商品・看板商品が強さを発揮ーー
滞在時間の短時間化が進むことで、なじみのある定番商品・看板商品が選ばれやすくなっているようです。小売店側も短時間での買い物を呼びかけ、商品を売れ筋に絞り込んでいる傾向が見られます。

日経POSの2020年12月のデータによると、主要670品目で口紅(18%減)、乳酸菌飲料(13%減)など67%の品目で商品の種類が減少。定番商品をきちんと揃えることが重要になっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆☆ 3秒で認知させるPOPが重要に ☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お店での滞在時間が短くなってくると、瞬間で認知をさせるPOPやパッケージが重要になってきます。3秒でお得感、納得感を感じさせ、商品の特徴をわかりやすく伝えることが客単価を上げるために必要な施策といえるのではないでしょうか。

3秒で認知させるためのPOPのコツとは

1.シンプルでキャッチーなコピーにする
POPはあくまでも購入の後押しをサポートするもの。一瞬で目に情報をインプットさせるためには、情報の優先順位を明確にし、シンプルなメッセージにすることを心がけましょう。

2.ターゲットに届く呼びかけを入れてみる
最近◯◯なあなたに!◯◯が足りない方へ!といったターゲットに刺さる言葉を入れることで、その商品が自分にぴったりのものであることを認識させることができます。

3.訴求したいことを絞り込む
あれもこれも、とすべての情報をPOPに詰めこんでしまいがち。3秒で伝えるために「一番アピールしたいことはコレ!」というポイントをひとつに絞り込みましょう。

4.写真やイラスト等イメージを活用する
写真やイラストといったビジュアルも効果的です。目から入る情報の中でも、絵を使えば一瞬で目に留まります。

3秒で認知させるために最低限押さえておきたいコツを挙げてみました。
プランニングからデザイン・製作までトータルでご相談に応じますので、お気軽に当社へお問い合わせください。

Withコロナ時代の消費動向

新型コロナウイルスの感染拡大を機に消費に大きな変化

長引く経済停滞による所得の減少や外出の自粛を余儀なくされるなど、新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活は短期間に大きく変化しました。
消費活動についても大きな変化が起きています。企業もニューノーマル(新常態)に対応していくことが求められています。
MDの視点でコロナ下での消費の変化とキーワードについてまとめてみました。

【新型コロナウイルス感染拡大による消費の変化】

(1)消費地の変化
・より自宅に近い地域での消費が活発に
・家ナカ消費が拡大(Eコマース、持ち帰り需要)

(2)消費単位が変化
・職場の同僚や友人など複数での消費から、家族単位・個人単位での消費増加

(3)消費行動の変化
〈衝動買いが減少〉
・「どこで、なんのために、何を買う」目的を決めて消費する傾向の増加
・大型SCや百貨店での滞留時間が減少
〈共感型消費〉
・経営姿勢に共感した応援消費、地元の個人経営の店舗の利用増加
〈家族会議型消費〉
・巣ごもりで自宅にいる時間が増え、家族全員が使うアイテムや高額な家電・家具を家族会議の上購入決定
〈日用品、生活必需品の安値シフト〉
・収入の減少、先行き不安から家計防衛意識が高まっている
〈ご自愛ご褒美消費〉
・金銭的に余裕のある人は、外出が減ったかわりに高額商品の購入にシフト

【コロナ下で成功するビジネスのキーワード】

(1)郊外&低価格
・例えば郊外焼肉店がファミリー層の来店で繁盛
・家庭で作らない手の込んだ本格的な料理を低価格で提供する「テイクアウト・デリバリー」専門店
・郊外立地の低価格建売住宅販売の伸長

(2)自宅快適化・家事エンタメ化
〈テレワークの不満解消〉
・仕事専用スペース、仕事用のデスクやチェア、オンオフ切り替え
〈家電製品との家事シェア〉
・機能性の高い家電製品との家事シェアで、自由な時間をつくるスタイルが拡大
〈日常的に楽しめるエンタメ調理家電とキッチングッズが売れ筋〉
・ビールサーバーなど自宅で居酒屋・バル気分
・ミニコンロセットなど自宅で旅館気分
・ホットサンドメーカーやヨーグルトメーカーなど家族で日常的に楽しむ
・パン用ナイフやわさびおろしなどプロ用調理グッズでこだわり自炊
〈楽しみながらセルフリノベーションで、お家快適化〉
・和室をフローリングに、壁張替え塗替え、タイルの張替え、棚収納スペースの自作、テレワークスペースの自作
〈家電のキーワードは「衛生」〉
・空気清浄機付きエアコン、除菌消臭器、ナノイー・プラズマクラスター搭載などの需要高止まり
〈趣味を兼ねて家庭菜園、ベランダ菜園需要〉

今年の夏も猛暑が予測されています。
新電力の市場連動プラン利用者の電力価格高騰が、真夏の電力需要期にも問題になる可能性があります。気温上昇とともに夏の節電グッズの需要が拡大しますので、早めの準備が重要かと思います。