意外と知らないドローンのこと

みなさんドローンとは何か、ご存知でしょうか。

最近『ドローン』って単語をニュースとかでよく聞くかと思います。そもそもドローンってなんだと思いますか?

一般的に皆さんのイメージは、こういったものだと思います。ドローンとは無線操縦で飛行する小型無人機であり、主に娯楽用と産業用の2種類があります。

ドローンといっても様々なものがあり、ドローンの飛行するための仕組みに応じて様々な呼び名があります。先程の画像は「マルチコプター」の部分に該当します。

 

「ドローン」ということばの由来

諸説はありますが、もともとオスの蜂(ハチ)を指す言葉で、マルチコプターが飛行する際にプロペラから出る「ブーン」という音が蜂が飛ぶ時の羽音に似ていることから、マルチコプターを「ドローン」と呼ぶようになったと言われています。

厳密な定義としては航空法に以下の通り記載があります。

『飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの

(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)』となっています。ただし2020年12月に国土交通省 航空局より「無人航空機のレベル4の実現のための新たな制度の方向性について」という資料が公開され、施行にあわせて登録・許可承認の対象となる無人航空機の範囲を100g(現行200g)以上に拡大とありました。

「いつから施行されるのか?」「既に購入したドローンも対象になるのか?」このあたりはまだ発表されていませんのでわかりませんが、ドローンは変化が激しいので日頃から最新の情報をチェックしていく必要があります。

とまぁ簡単にドローンというと、

空を飛べるけど人が乗って操縦しない機体です。

よく知る飛行機やヘリコプターは人が乗って操縦する「有人航空機」です。ドローンはこれとはまったく別物ということです。人が乗って操縦するか、乗らないで操縦するか、という点がドローンの定義のポイントの一つになります。他にも自立飛行できるかできないかといったことなどもあります。

ドローン飛行のリスク

自分の思うように飛ばすことが可能で、お手軽に飛ばすことができるドローンですが、飛行のリスクが多々あり飛行させる際に注意すべきことがあるので気をつけてください。

1.ドローンの落下
一般的な空撮用ドローンの重さは1〜2kg。それが落下すると非常に危険です。なにも無いところに落ちるのであれば問題ありませんが、家や車などであったり、人に落下するなんてことがあれば、大事故になります。

2.高速回転するプロペラ
ドローンは複数のプロペラを高速回転させて飛行するため、プロペラに触れるのは大変危険。また着陸後は必ずプロペラを停止させましょう。

3.ドローンは精密機器
ドローンの中にはコンピューターチップやセンサーが詰まっており、カメラも搭載しています。水に濡らしたり衝撃を与えるのは厳禁。故障の原因になります。

4.プライバシーの侵害
高い位置からの撮影は普段は見えない場所も見えてしまい、マナーと法律の両面から、プライバシーの侵害には注意が必要です。

手軽に誰でも飛ばすことができ、空撮などで見る華やかなドローンのイメージですが、リスクをしっかりと認識した上で飛行を行わないと、自分だけでなく様々な方へ迷惑がかかります。さらにドローンを飛行させるための法律もあります。この法律に関してはまた別に機会に書こうと思います。ルール・マナーを守ってドローンを楽しみましょう。


半田中央印刷では、ドローン撮影をはじめ映像制作も行っております。社員の教育マニュアルや、採用動画、会社紹介など何でもご相談ください。
まずはコチラからお問い合わせください。


新しくホリゾン製の折り機を導入しました

DSC_0060

昨日、7月15日の大安にホリゾン製の折り機を搬入しました。工場内に入れて30分経つかどうかで突然のゲリラ豪雨が・・・ もう30分、搬入が遅かったり雨が早かったらと思うとゾッとしました。これも導入に関わって頂いたすべての方々の日頃の行いの良さでしょうか?何より無事に搬入されました、ありがとうございました。
本日、7月16日は七色の日とか虹の日などと言われます。印刷会社で働くものとしますと職業柄、すぐにカラー印刷が頭に浮かんでしまいます。当社には七色の日が誕生日の社員がいるようです。印刷から離れて終日、折り機のインストラクションを受けました。展示会で見たことはあっても実際に触ってみると驚くことばかりでした。

DSC_0048

折形設定、ナイフガイド、ローラーギャップなど今まで手動で大変だったものがタッチパネルに入力するだけで時間と労力を使わずにセットできます。あとは微調整だけという感じです。

DSC_0050
DSC_0057

パートさんも積極的にインストラクションを受けていました。安全対策もしっかりされていて、ローラー巻き込まれなどのリスクもなさそうです。しかし新設備が導入されたら必ずリスクアセスメントをすることをいつも教育されています。今でもパートさんが大活躍の工場ですが今後、さらにパートさんの活躍の場が広がりそうです。私たちも負けてはいられません。今まで社内で出来なかった難易度の高い折りができる機械です。来週からまた新しい挑戦が始まります。

クラウドファンディングを新商品のテストマーケティングに活用する

新たな資金調達の手法として注目されているクラウドファンディング。
数万〜数十万の活動資金捻出に苦労する市民活動団体は多いですが、そもそも収益団体ではないため金融機関から借入はしにくいし、資金を提供してくれる企業や個人もなかなか見つからないのが現状ではないでしょうか。

そんな時に、借金をするのではなく、自分たちが出せるもの準備できるものをリターンにして資金調達ができれば良いですよね。
それを可能にしているのがクラウドファンディングという資金調達手法です。
もちろんどんなプロジェクトでもお金が集まるわけではありません。
・わかりやすく共感される活動なのか?
・支援してくれる人にメリットがあるリターンを設定できているか?
・応援してくれる人、一緒に取り組んでもらえる人は周りにいるか?
など支援が集まるプロジェクトには特徴があります。

資金調達のパターンも(1)All or Nothing タイプと(2)All inタイプの2パターンがあります。

(1)All or Nothing タイプ
設定した期間内に目標金額を達成することができればファンディングが実現するというやり方。目標に到達しなければ、支援者からの申し込みは全てキャンセルとなります。当然リターンも発生しませんし、プロジェクトを実施する必要もありません。これだけ集まったら実現できる、商品を開発できるというように、実現したい内容と必資金がはっきりしているプロジェクトに向いています。

(2)All inタイプ
目標金額に到達してもしなくても、申し込みいただいた支援は全て手にすることができるというやり方です。こちらは目標未達でもプロジェクトを実施し、必ず支援者にリターンを送らなければいけません。
実施することが決まっているプロジェクトの一部資金を賄う場合に適しています。

このクラウドファンディング、
企業のテストマーケティングにも適しています。

「多額の資金を投入して開発したけれど、売れ行きが想定を大幅に下回る。」ということは日常的にあることです。
開発投資ができ資金に余裕のある会社ならともかく、余裕をもって試行錯誤ができる企業はわずかでしょう。リスクが高いために商品開発に二の足を踏んでしまうことも多いと思います。
大きな資金を投入する前に、低リスクで手軽に市場の反応を見る手段としてクラウドファンディングの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
プロセスエコノミーという考え方も注目を集めています。
開発中のプロセスをユーザーと共有したり、ユーザーを巻き込むことで、共感を生み差別化につながるという考え方です。
クラウドファンディングと親和性の高い差別化のあり方であると思います。

人気の高いプロジェクトは前述した「支援が集まるプロジェクトの特徴」を参考にできます。
・わかりやすく共感される商品、サービスなのか?
・購入してくれる人にメリットがあるか?購入することで満足感は得られるか?
・応援してくれる人、グループや顧客層は周りにいるか?

またプロジェクトを開始したら、それを知ってもらうためのプロモーションも重要になります。
綿密に計画を立てて取り組むとよいでしょう。

当社が運営に参加している「ちたクラウドファンディング」は、国内最大の利用者をもつ「CAMPFIRE」をプラットフォームとして契約しています。全国に向けて発信でき、幅広く市場の反応を検証することが可能です。
起案からプロジェクト運用支援までお気軽にご相談ください。

CAMPFIRE統計データ

サンドイッチのブランディング|飲食のデザインは面白い

地元知多半島の食材を使った高級カツサンドの誕生

お仕事紹介をしたいと思います。
昨年の夏にお客様より相談がありました。「コロナ禍で、母親がきりもりする喫茶店でテイクアウトのカツサンドを始めようと思ってるんだ。」
話を聞くとどうやら、地元知多半島の食材にこだわったサンドイッチというコンセプトで本気で事業を始めるらしい。そこで、カツサンドのブランディングを始めることになったんです。

知多牛・半田農業高校の豚がメイン食材に

まずはサンドイッチのコンセプトを理解した上でさらにヒアリングをし、商品のこだわりや想定するターゲット、購入する方をイメージしながら試食会に何度も参加させていただきました。さて、その食材はというと、なんと高級な知多牛のヒレ肉と知多半島の豚でも地元半田農業高校の生徒が育てている豚だとか。食にはその背景に必ず物語があるはずです。そんなサンドイッチを実際に食してみるとこれがとても美味しい!肉の旨さがびっくりするほど感じられ、これはイケる!と思いました。
試食をするうちに、ぜひこのサンドイッチを皆さんに食べてもらいたい!という思いが強くなり、全力で協力することになったのです。

まずは試食で実際にカットされるサンドイッチのサイズを測りながら、それを入れるパッケージを検討しました。通常はカツサンドといえば箱に入れて手付きビニール袋に入れてお渡しするようですが、廃プラ問題も考えた結果、紙製の手付きパッケージとすることに。参考例を挙げながら辿り着いたのは2ピース構造の他にはないデザイン。しかも内側にはこだわりの仕掛けが施されています。それはトリック写真が撮れるパッケージ。実際にスマートフォンで撮影する画角からパース(歪み)を考慮し画像ソフトで何度もサンプルを製作しました。写真で見ると分かる通り、擬声語が浮き出て見えます。オーナーの思いは、インスタで遊べるパッケージにしたい、でした。

カットサンプル
制作中のトリック写真サンプル
色校正時のサンプル

さて、ロゴマークの話にも触れたいと思います。母親のお店の名前は「N」。名字のイニシャルのNです。その喫茶店は古くから「Nさん」で親しまれてきました。そのNを現代風にアレンジしたブランドを作ってみようということになり、Nのサンドイッチを略して「Nサン」。Nの円で囲んだシンボルは、Nコード(GPSの座標とは違う地図上の位置を十進法の整数で表した表示方法)のNマークからヒントにしました。ロゴに添えられている数字は実際のNコードです。オーナーとアイデアを出し合った末のアイデアでした。

そんな事でサンドイッチひとつのブランディングにも、とてもこだわりを持って関わることが出来ました。実際にパッケージのサンプルが出来上がり、商品撮影にもこだわりをもってディレクションしています。背景の色紙もパッケージとトーンを合わせて撮影しました。いかがですか?

バック紙選び中
商品写真にもこだわりました

商品は事前予約制にしたので、事前決済できるECサイトにしました。パッケージからロゴ制作、ウェブサイト、LINE公式アカウントに至るまですべてディレクション、デザインしています。折角ですから、実際にサンドイッチを召し上がってみてはいかがでしょうか。
N san. 予約サイト https://n-san.stores.jp/
N san. LINE公式アカウント https://lin.ee/zxyzVf5

今回は実際のお仕事を紹介させていただきました。
新商品のブランディング・デザイン・Web広告や印刷ツールを使ったマーケティングまで、すべて当社にお任せください。

LINE公式アカウント
N san. LINE公式アカウント友だち登録はこちら

貼ってはがせる壁紙で、コストを抑えてホスピタルアートを導入する

ホスピタルアートが注目を集めています。
病院や介護・機能訓練の現場を、絵画やアート作品で装飾し、患者さんやその家族の方の心を癒しや安心感をもってもらおうという取り組みだそうです。癒しの力によって治療効果の向上にもつながっているとのこと。
芸術系の大学で学ぶ学生と組んで装飾を行ったり、子供たちの作品を募集したり、また入院する患者さん自らが制作に携わるケースなど、さまざまな取り組みが実践されています。
欧米を中心に広く普及しているホスピタルアート。日本国内でも徐々に浸透し、病院施設の建て替えや改築をきっかけに採用するケースが増えているそうです。NPO法人等支援団体も現れています。

このホスピタルアート。コロナ禍でさらに注目されるようになりました。
通路の壁面などに設置されるアート作品や絵画による癒し効果が、患者さんやその家族の方だけでなく、病院で働く医療関係者の心のケアにつながっているということだそうです。働くモチベーションになるということですね。

ただ一方で導入には注意も必要なのだそう。
設置するアート作品は医師の興味や趣味が反映される場合が多いですが、患者さんやその家族、病院関係者みんなが同様とは限らないということです。例えばアートの芸術性や特異性に引き込まれると見る側が負担を感じて効果につながらないケースもあり、そのような場合は設置を中止する判断も必要だそうです。

ホスピタルアートは病院本来の目的である「治療」を補完するものという原則を忘れず柔軟性が必要なのだということですね。

当社では貼ってはがせる壁紙を販売しています。
オリジナルの写真や絵を壁紙にすることができます。季節に合わせて変えてみたり、毎月違うテーマを楽しんでいただくこともできます。


施工も簡単でお値打ちに導入可能。医療機器など設備への予算を優先しなければいけない病院・クリニック様も安心して活用いただけると思います。

お気軽に相談ください。