クラウドファンディングを新商品のテストマーケティングに活用する

新たな資金調達の手法として注目されているクラウドファンディング。
数万〜数十万の活動資金捻出に苦労する市民活動団体は多いですが、そもそも収益団体ではないため金融機関から借入はしにくいし、資金を提供してくれる企業や個人もなかなか見つからないのが現状ではないでしょうか。

そんな時に、借金をするのではなく、自分たちが出せるもの準備できるものをリターンにして資金調達ができれば良いですよね。
それを可能にしているのがクラウドファンディングという資金調達手法です。
もちろんどんなプロジェクトでもお金が集まるわけではありません。
・わかりやすく共感される活動なのか?
・支援してくれる人にメリットがあるリターンを設定できているか?
・応援してくれる人、一緒に取り組んでもらえる人は周りにいるか?
など支援が集まるプロジェクトには特徴があります。

資金調達のパターンも(1)All or Nothing タイプと(2)All inタイプの2パターンがあります。

(1)All or Nothing タイプ
設定した期間内に目標金額を達成することができればファンディングが実現するというやり方。目標に到達しなければ、支援者からの申し込みは全てキャンセルとなります。当然リターンも発生しませんし、プロジェクトを実施する必要もありません。これだけ集まったら実現できる、商品を開発できるというように、実現したい内容と必資金がはっきりしているプロジェクトに向いています。

(2)All inタイプ
目標金額に到達してもしなくても、申し込みいただいた支援は全て手にすることができるというやり方です。こちらは目標未達でもプロジェクトを実施し、必ず支援者にリターンを送らなければいけません。
実施することが決まっているプロジェクトの一部資金を賄う場合に適しています。

このクラウドファンディング、
企業のテストマーケティングにも適しています。

「多額の資金を投入して開発したけれど、売れ行きが想定を大幅に下回る。」ということは日常的にあることです。
開発投資ができ資金に余裕のある会社ならともかく、余裕をもって試行錯誤ができる企業はわずかでしょう。リスクが高いために商品開発に二の足を踏んでしまうことも多いと思います。
大きな資金を投入する前に、低リスクで手軽に市場の反応を見る手段としてクラウドファンディングの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
プロセスエコノミーという考え方も注目を集めています。
開発中のプロセスをユーザーと共有したり、ユーザーを巻き込むことで、共感を生み差別化につながるという考え方です。
クラウドファンディングと親和性の高い差別化のあり方であると思います。

人気の高いプロジェクトは前述した「支援が集まるプロジェクトの特徴」を参考にできます。
・わかりやすく共感される商品、サービスなのか?
・購入してくれる人にメリットがあるか?購入することで満足感は得られるか?
・応援してくれる人、グループや顧客層は周りにいるか?

またプロジェクトを開始したら、それを知ってもらうためのプロモーションも重要になります。
綿密に計画を立てて取り組むとよいでしょう。

当社が運営に参加している「ちたクラウドファンディング」は、国内最大の利用者をもつ「CAMPFIRE」をプラットフォームとして契約しています。全国に向けて発信でき、幅広く市場の反応を検証することが可能です。
起案からプロジェクト運用支援までお気軽にご相談ください。

CAMPFIRE統計データ

ちたクラウドファンディングと半田市の連携がスタートします

【半田市がFAAVO知多半島エリアパートナーに】

令和3年度半田市市民活動助成金説明会が12/12、12/16に開催されるにあたり、半田市の資金調達の新たな仕組みとして『ちたクラウドファンディング』によるサポートでクラウドファンディングを活用する支援を開始することが発表されました。エリアパートナーとなった半田市による支援により手数料の軽減を受けられるメリットがあります。

以下、半田市のプレスリリースより〜市民活動助成金は対象経費の1/2又は3/4の額を交付する制度で、事業実施には各団体が資金を調達する必要があります。その資金調達を支援する仕組みとして、「ちたクラウドファンディング」と連携・協力し、クラウドファンディング活用を支援する取り組みを令和3年度助成事業から実施します。資金調達を支援することにより、助成金を申請しやすくし、地域の課題解決に取り組む市民活動団体の新たなチャレンジをサポートします。

詳細は半田市HPにてご確認ください。https://www.city.handa.lg.jp/…/r3juoseikinsetumeikai.html

お問い合わせ:ちたクラウドファンディング
http://chita-cf.jp/

クラウドファンディング始動

半田中央印刷株式会社と地元ケーブルテレビ局である株式会社CAC、知多信用金庫の3社共同体による新しい取り組みがスタートします。団体名を「ちたクラウドファンディング」とし、クラウドファンディング事業者としては国内最大手のCAMPFIRE社のプラットフォーム「FAAVO」を利用して運営していきます。
※クラウドファンディング=インターネットを通じて不特定多数の人から事業資金を集める仕組み

人口減少や高齢化など、地域にはさまざまな課題が山積する中、課題に対して新しいアイデアを持ち、解決していこうとする人も多くいます。メディア、マーケティングやプロモーション、そして金融機関が強みを持ち寄ることで、地域の課題解決の取り組みに共感する人を増やし、資金面で応援するプロジェクトです。

私たちが運営するクラウドファンディング事業は知多半島地域に特化したクラウドファンディングであり、「FAAVO知多半島」のウェブサイトで展開していきます。

3月4日に、半田商工会議所にてプレス発表がありました。当日は、プロジェクト第1号の予定の「株式会社みなみちたフルーツ」様の社長とオリジナルキャラクター「フランソワーズびわちゃん」もかけつけてくれました。魚介類はもちろんですが、実は南知多町の特産でもある「びわ」を使った新しい取り組みをクラウドファンディングで資金調達し、地域活性化に繫げようというプロジェクトです。これからの展開に期待したいですね。

皆様の応援もよろしくお願いします!!

ちたクラウドファンディングWebサイトはこちら

FAAVO知多半島Webサイトはこちら

Facebookページもフォローお願いします!

株式会社CACの金澤社長(左)と弊社の竹倉社長
みなみちたフルーツの林社長とびわちゃん