屋外掲示の印刷物の耐光性

先日「印刷物の褪色について」というテーマでブログを書きました。
その中で紹介した「耐光性顔料を使用したインキ(耐光インキ)」を使用する印刷物の代表選手はポスターです。
特に屋外に掲示するものは必ず耐光インキを使用します。
しかし耐光インキで印刷したからといって、褪色しないわけではありません。
普通のインキで印刷するよりも、褪色を遅らせることはできる程度と考えた方が無難です。

さらに、印刷オペレーターの技量によっても左右されます。

オフセット印刷は水と油の反発する原理を利用して印刷をします。
版に水を提供すると、親油性の画線部には水がのらず、代わりに油性のインキがのってそれが転写されます。
水の量が多いとインキの着肉性が悪くなり、十分な耐光性を発揮できない場合もあります。
インキの盛り量も影響します。印刷面を汚さずにしっかり”インキを盛れる”(濃度を出せる)技量も求められます。

耐光インキを使用する場合は、印刷機のメンテナンス状態とオペレーターの技量のある会社を選択することをお薦めします。

屋外で使用されるといえば選挙ポスター。
屋外で日光を浴びる選挙ポスターには当然耐光インキが使用されますが、インキだけでなく用紙の選択にも注意が必要です。
年間の降雨日数が約3割という日本において、普通の紙ではすぐにだめになってしまいます。なので屋外で使用する場合、通常下記いずれかの方法を取ります。

ユポ(合成紙)の使用
選挙ポスターでもっともよく使用されるのはユポという品名の合成紙。
ポリプロピレンを主原料にした、いわゆるプラスチックのシートです。
【メリット】
水を含まないため雨が当たる場所での掲示に向いています。
破れにくく耐久性に優れます。ハザードマップなどにも適しています。
【デメリット】
プラスチックのシートであるため、紙のように再生原料として回収されず廃棄物になります。プラスチックごみの使用量を削減したい方向性とは逆の製品、今後使用しにくくなると思われます。
また印刷難易度が高く、オペレーターの技量やノウハウを必要とする材料です。非常に高価でもあります。

PP加工
耐水性を高めるために、印刷表面にポリプロピレンの膜を圧着させる方法です。
表面に光沢が出て艶のある仕上がりになります。マット調のものや、エンボス加工されたものもあります。
【メリット】
印刷物の耐久性・耐水性を高めると同時に見た目に変化を持たせることができます。
また合成紙ユポを使用するよりコストを抑えることができます。
【デメリット】
雨が当たる場所では、裏面印刷物側の紙が水分を吸収し、PPフィルムと印刷物が剥がれることがあります。層間剥離といいます。
また、PPフィルムに阻まれて水分が蒸発せずに濡れたままの印刷物に日差しが当たると、紅の顔料だけ分解して色が落ち、せっかくの写真がひどい状態になってしまいます。これを加水分解といいます。
さらに、使用しなくなった印刷物は、紙だけなら資源として回収されて再生原料になるのですが、PPフィルムが貼ってあると廃棄せざるを得ません。廃棄物減量の観点からはマイナスになります。

LIMEX(石灰石からできた新素材)
石灰石の成分、炭酸カルシウムなどの無機物を50%以上使用した新しい素材。
少しマット感があり、ユポと同じような風合いのシートです。
【メリット】
ユポ同様耐水性が非常に高く、屋外での使用に向いています。水中での筆記も可能です。主原料が石灰石のため、プラスチックの使用量を抑えることができます。
製造に水や木材パルプを使用せず、森林資源や水資源の問題に貢献できます。
再生資源としても適していて高効率なリサイクルが可能です。
【デメリット】
ユポに比べると紫外線劣化が早い傾向があります。
紫外線耐性を高めた製品で屋外6ヶ月、通常品だと3ヶ月程で劣化がはじまります。
ぼろぼろと石灰に戻っていく感じです。

それぞれのメリットデメリットをよく考えての使用をお薦めしたいですね。

選挙といえば半田市では、6月初めに市長選があります。
コロナ禍の影響もあり、時代の変化がより大きく速くなっている状況下、
それぞれの候補者の考えや姿勢をよくみて、
この荒波を乗り越えて次の社会をつくっていくのに適切な人を選びたいものです。
一般的に若い世代の投票率が低いと言われますが、将来を自分事としてとらえ、誘い合って投票にいきましょう。

防犯CSRオンラインセミナーを開催しました

2021年3月25日、運営をお手伝いしている「全国防犯CSR推進会議」にてオンラインセミナーが開催されました。

弊社のお役目は、Zoomウェビナーでのセミナー運営。

スピーカー・パネリストがオンラインで10名登壇。

・主催者(会長)挨拶に始まり

・基調講演

・東京部会設立宣言

・防犯CSR実践企業表彰

・実践企業による事例発表

・香川大学の大久保先生による香川県の万引き犯罪対策事例

・警察庁様によるコロナ禍における犯罪傾向セミナー

・閉会挨拶

と盛りだくさん。複雑なオペレーションになりましたが無事終了することができました。参加いただいた皆様ありがとうございました。

オンラインセミナーの運営もずいぶん慣れてきました。

こちら接続テストの風景

防犯CSR推進会議では、企業や防犯関連団体による「安全・安心なまちづくり」への活動事例を集め、みんなで共有する取り組みを行っています。

詳しくはこちら

ちたクラウドファンディングと半田市の連携がスタートします

【半田市がFAAVO知多半島エリアパートナーに】

令和3年度半田市市民活動助成金説明会が12/12、12/16に開催されるにあたり、半田市の資金調達の新たな仕組みとして『ちたクラウドファンディング』によるサポートでクラウドファンディングを活用する支援を開始することが発表されました。エリアパートナーとなった半田市による支援により手数料の軽減を受けられるメリットがあります。

以下、半田市のプレスリリースより〜市民活動助成金は対象経費の1/2又は3/4の額を交付する制度で、事業実施には各団体が資金を調達する必要があります。その資金調達を支援する仕組みとして、「ちたクラウドファンディング」と連携・協力し、クラウドファンディング活用を支援する取り組みを令和3年度助成事業から実施します。資金調達を支援することにより、助成金を申請しやすくし、地域の課題解決に取り組む市民活動団体の新たなチャレンジをサポートします。

詳細は半田市HPにてご確認ください。https://www.city.handa.lg.jp/…/r3juoseikinsetumeikai.html

お問い合わせ:ちたクラウドファンディング
http://chita-cf.jp/

SDGsイベントにLIMEXで出展しました@半田赤レンガ建物

11月22日(日)に、半田赤レンガ建物にて、半田青年会議所主催のSDGsイベント「持続可能な未来を目指して〜真の心で地域と向き合おう〜」が開催され、当社もSDGsに取り組む企業として参加させていただきました。

石灰石から生まれた新素材 LIMEX を展示

9社の企業がそれぞれの事業をSDGsへの取り組みとして展示する中、当社はかねてより取り組んできた石灰石由来の環境素材『LIMEX』を使った商材をメインに展示しました。

SDGsを知っていただくために

今回のイベントの一番の目的は、たくさんの方にSDGsを知ってもらうこと、そしてSDGsを考えるきっかけ作り。そして今のコロナ禍の中、誰もがコロナを終息させたいという思いを込めて2020個のバルーンを参加者全員でリリースするというものでした。会場内では、SDGsを楽しく理解できるカードゲームやコロナクイズラリー、シルクスクリーン印刷によるエコバッグ作りワークショップといった楽しい企画も。半田青年会議所のメンバーが強い意志をもってこのイベントの実現に向け準備されてきたことに敬意を評したいと思います。

SDGsとは

さて、SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは2015年に国連サミットで採択されたもので、国連加盟193ヶ国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げられた17の持続可能な開発目標です。当社もさまざまな目標を達成するべく、12の目標を設定し活動を展開していますが、そのひとつ“No.13 ”への取り組みとして石灰石由来の環境素材としてLIMEXを使った製品作りに取り組んできました。LIMEXについてはメーカーであるTBMのLIMEXサイトをご覧ください。

LIMEXの利用用途

LIMEXは紙代替とプラ代替があり、主原料の多くをほぼ無尽蔵の石灰石から作られています。その用途として紙に替わりパンフレットやポスター、名刺の他、水に強く強度があるためにさまざまな印刷物に採用されています。当社からは、これまで製品化してきた実績を多数展示しました。特にSDGsへの取り組みを12ヵ月で紹介するLIMEX製卓上カレンダーも好評でした。LIMEXを広く知っていただき、利用を促進することで紙の主原料であるパルプの消費削減や製造時に廃棄する水を限りなくゼロにできることから、今後も紙代替、プラ代替素材として積極的に展開していきます。
さまざまなご相談に応じますので、お気軽にお問合せフォームからお問合せください。

SDGsワークショップも

また、来場者に気軽に楽しんでもらおうと、SDGsの木に例えたワークショップを企画しました。17色の色紙を好きな形の葉っぱにし、木に貼っていくもの。たくさんのお子さんが参加してくれましたよ。ひとそれぞれ個性があり多様性という意味でも、いろいろな形と色の葉でいっぱいになりました。これも印刷会社ならではですね。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

火の用心!

今日は会社で、防災訓練がありました。
実際に消防官の方が会社に来て、消火器の使い方のレクチャーを受けました。
消防官の方っていつもビシっとしていてかっこいいですよね!!自分もああなりたい……

今回消火器を使うのは初めてでしたが、恥ずかしがりながらも何とか訓練をこなせましたww
大人になると、何でこういったことに対して恥ずかしがっちゃうんですかね!?不思議ですww
訓練だから何とかできた面もあるのかなと思いながら、実際火事になったら消火器を使うとかそんなことを考える余裕も
ないんだろうなと考えてしまいました。
それでも、何事も経験しておくことは大切ですね!今回の訓練に限らず、色々と経験していけたらいいなと思いました!

季節も夏から一気に秋になり、急に寒くなってきましたね!!これから空気が乾燥して火事が発生しやすい季節になります。
暖房機器の使い方には注意です!まずは火事がおきた時の対処より、おこさない対処をしましょうね!
特にこたつは要注意です!!