水辺クリーン・アップ大作戦に参加して感じること

7月17日(土)の朝に、当社の地元、亀崎地区の海浜緑地にて半田市主催の『水辺クリーン・アップ大作戦』と題したボランティア清掃があり、当社からも10名+子ども2名が参加しました。

この日は亀崎地区以外にも中央ふ頭エリアでも行われ、年に一度の一斉清掃活動となります。昨年はコロナ禍、一昨年前は猛暑により中止、3年ぶりの活動になりました。

久し振りの参加でしたが、改めて海岸の漂着ゴミについて深刻さを感じました。以前のブログにも書いたことがありますが、小さなマイクロプラスチックや、発泡スチロールの破片、ビニール袋、ペットボトルといったプラスチック樹脂で作られたゴミが多いことを感じます。人間の手では拾っても拾いきれないゴミが、この海に沈んでいると思うと、なんともやるせない気持ちになります。一度捨てたゴミは何十年も分解されず、海を汚し続けます。生態系に及ぼす影響はとても深刻です。

写真:日本財団ジャーナルHPより引用

こんな現実が・・・

  • 海洋ごみ問題が深刻化、2050年には魚より海洋ごみの量が多くなると言われている
  • 海洋ごみの7〜8割が街から発生。雨が降った際などに路上のごみが川や水路に流出し、海へ至る

図表:海洋ごみでプラスチックごみが占める割合 日本財団ジャーナルより

海洋ごみの65パーセント以上をプラスチックごみが占める。環境省「海洋ごみをめぐる最近の動向」(平成30年9月)より引用

驚きの数値ですね。海洋ゴミの65%以上がプラスチックごみなのです。
今回の清掃をした亀崎の海浜は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている『亀崎潮干祭の山車行事』で、5輌の山車が海浜に曳き下ろされる人口の砂浜があります。300年を超える昔から続く伝統の祭礼で現在は毎年5月3日・4日に行われます(昨年と今年は新型コロナウイルスの影響により中止)。この伝統行事を未来に託していくにも、今の海辺を守っていかねばなりません。

毎年、5月3日・4日に行われる亀崎地区の春の祭礼・潮干祭
5輌の山車(やまぐるま)が大勢の観光客の前で波打ち際を華麗に進む姿に魅了されます

私たち一人ひとりが地球環境を考え、ゴミのない美しい海辺、大地を未来に託していくためにも、モラルをもってきちんとゴミは持ち帰る、きちんと捨てる、分別をする普段の心がけを忘れないようにしていきたいですね。
来年もぜひ参加したいと思います。

芝生の施肥を適当にやったらこうなりました…の図

会社の植栽に芝生があります。
GWに、エアーレーションと芝刈りをして顆粒の化成肥料を撒きました。

1ヶ月後の状態がこれ。


手抜きがもろわかり(笑)
驚きました。こんなに差が出るんです。

昨日色の悪いところを集中的に化成肥料を撒きました。

ちゃんときれいに治るかどうか。

広告とジェンダー表現

JR東海が東海道新幹線の英語での車内放送で「レディース&ジェントルマン」の呼びかけをやめ、「オール・パッセンジャーズ」に変更したそうです。
同様にオリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの場内アナウンスを「ハロー・エブリワン」に変更。
花王はすべての化粧品で肌の色による優劣を連想させる「美白」や「ホワイトニング」の表記を撤廃するということです。(2021年5月19日 日本経済新聞)

ジェンダー不平等が無意識にまかり通っているのが日本、とりわけ地方ではその傾向が強く残っています。
配慮のない発言や表現で炎上するということも日常的。
私自身も固定観念を何の違和感もなく受け入れているのが現状です。
例えばCMでよく見かける、女性タレントがキッチンに立ち、男性タレントがくつろいでいる姿。
これも若干古いかなと思いながら、違和感までは感じていませんでした。

でもよくよく考えてみると、こういう表現が広告で使用されていることで、ジェンダー不平等に対する社会の鈍感さを助長しているのかもしれません。
偏った固定観念を捨て、多様性を受け入れる社会に変わっていくよう促していく行動と責任が、広告や表現に携わる身には求められる。改めて襟を正す必要を感じたニュースでした。

ちなみに広告におけるジェンダー表現についてのガイドラインは、日本ではまだないようです。
近いもので
内閣府男女共同参画局が「男女共同参画の視点からの公的広報の手引」をつくり、自治体などが発信する公的広報のジェンダー表現への注意喚起はされているようです。

それによると、表現上の留意点として、
1.男女いずれかに偏った表現になっていないか
2.性別によってイメージを固定化した表現になっていないか
3.男女を対等な関係で描いているか
4.男女で異なった表現を使っていないか
5.女性をむやみに“アイキャッチャー”にしていないか
という5つがポイントとして示されています。

平成15年3月に作成されたものとのことで、かなり古いガイドラインです。
そしてLGBT、人種による外見の違い、容姿についての押し付けなどへの配慮は記載されていません。自分自身でアンテナを高く学んでいかなければいけないようです。

「ジェンダー表現に配慮をする」ではなくて「それが当然」な社会になるように、自分たちも変わる。
表現で違和感があればお客様にも働きかける。
小さな組織で影響力は微々たるものですが日々の仕事・生活の中で心がけていくようにしたいと思います。

半田市内の大型スイミングスクール8月末営業終了のニュースに触れて思うこと

半田市内の老舗大型スポーツクラブが8月末の営業終了を発表しました。
1987年フィットネス開業ということですが、前身の川鉄スイミングからはもっと長かったように記憶しています。
大型施設で、知多半島エリアのスイマー(特に知多半島南部)はここで水泳を覚えた人も多いのではないでしょうか。
私も一時期会員で、慣れ親しんだプールなので一抹の寂しさを感じます。

知多エリアのスイミングスクールは、過去には半田市が先行していました。
1979年か1980年くらいだったと思いますが、半田スイミングスクールが開校し、追って名鉄スイミング半田校、川鉄スイミングスクールが開校。
その頃は半田市の他には、記憶が正しければ大府の邦泳スイミング(現在のスイムクラブ大府)くらいだったので、それだけ半田市は人も産業も集積があったということかと思います。
ちなみに、歴史のあった半田スイミングスクールは15年ほど前にすでに老朽化から営業終了しています。半田スイミングスクール初代校長は弊社の元社員だったんですよ。

今、知多半島北部は元気な自治体が多いです。
東海市、大府市と名古屋に近い地勢的な要因も大きいでしょうが、人口増加しています。中でも子供の人数の増加が目立ちます。
ですからスイミングスクールも進出しやすいのでしょう。
知多半島北部が新設の中心地となっており、新しい大型施設増えています。

公開されている国勢調査のデータから、近隣自治体の年齢別人口の動きを見てみました。 2005年、2010年、2015年の調査結果をグラフにしたものです。

これを見ると差がはっきりわかります。
東海市と大府市は人口減少を食い止めています。
例えば東海市。
2010年と2015年の15〜19歳、20〜24歳、25〜29歳に注目してみます。
2010年は2005年と同じようなラインを描いていますが2015年は明らかに増加しています。日本福祉大学の東海キャンパスが開設されたのが2015年ですから、おそらくそれが要因となっているものと思われます。
その後の人口減少への歯止めにもつながっているのでしょうか。

面白いのは阿久比町です。
半田市に隣接する町ですが、こちらは若い世代が全体的に増加に転じています。
何かしらの手が打たれているのではないかと思います。

比較して半田市のデータを見ると、
2010年も2015年も、2005年のグラフをほぼ横にスライドした形。
数字だけ見ると、人口減少に何も手が打たれていないということになります。

大型スイミングクラブが設備を更新せずに営業終了を選択されたこと。
こじつけではなく率直に知多半島地域で半田市の地盤沈下を象徴するニュースだと感じました。少子化への対策が緊急課題で、将来の労働人口にも影響が出てくるのではないかと危機感を感じます。


半田市でおすすめの観光名所「半田運河の鯉のぼり」を360°カメラで撮影してみた

コロナ禍二度目のGW、みなさんいかがお過ごしになったでしょうか?

なかなか出かけづらいこの状況ではありましたが、密を避け、半田市の観光スポット「半田運河」に行ってきました。

半田市を流れる知多半島最大の河川、十ヶ川(じゅっかがわ)の河口部分に開削された運河が半田運河です。半田市では、古くから酒や酢などの醸造業が盛んで、半田運河から廻船で江戸などに運ばれていました。そして現在でも、醸造業に代表される黒板囲いの蔵が半田運河沿いに立ち並んでおり、昔ながらの風景を楽しみながら散策できる観光スポットとなっています。

そして毎年5月5日「子どもの日」の前後には、たくさんの鯉のぼりが運河沿いを泳ぐ姿を見ることができます。なかなか粋な計らいですよね。

今年のGWは雨や強風で散策しづらい日も多くありましたが、ほどよい風の強さを見計らって行き、総勢54匹の鯉のぼりが泳いでいる姿を見ることができました。

青空と蔵のコントラスト、運河に映る景色、そして色とりどりの鯉のぼり達が、春ならではの美しい風景を生み出していました。夜にはライトアップされ、幻想的な風景をあじわうこともできるようです。

そして、静止画だけではなかなか伝わらないこの美しい風景。先日弊社で導入した360°カメラで撮影してみました。

この美しさ感じてもらえますでしょうか?
360°動画は画面をドラッグすることで、上下左右全方位の動画を自分の好きなアングルで見ることができます。臨場感たっぷりな360°動画で、コロナ禍にお出かけできなかった人にもこの美しい風景を感じていただけたらと思います。

ちなみに曲がり角のカーブミラーを見ていただくと、撮影者が一瞬写ります。笑
長い棒(360°カメラ一式)を持って中腰(ブレを少なくするため)で歩く撮影者。そのあやしさが景観を損ねてたらごめんなさい。