半田市でおすすめの観光名所「矢勝川」を散歩してみた(6月編)

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今年は例年より3週間早い梅雨入りだとか……そんな梅雨の合間を縫って半田市の観光名所「矢勝川」を散歩してきました。

「矢勝川周辺」と言えば、半田市出身の童話作家「新美南吉」の代表作「ごんぎつね」の舞台となった地域です。「新美南吉記念館」や「新美南吉の生家」も周辺にあり、南吉の世界観を満喫できるエリアとなっています。

また、秋になると矢勝川沿い約2kmにわたって300万本以上の彼岸花が咲き誇り、全国からの観光客でにぎわいます。堤防沿いが真っ赤に染まる絶景は一見の価値ありです。

さて、この時期はどうかというと……
田植えを終えた、水の張られたのどかな田園風景が広がっておりました。グリーン効果でこころ癒されますね。

昨日はボランティアによる、田んぼアートの田植えがあったようでこちらも秋頃からが見頃となるそうです。

新美南吉のふるさとということだけあって、堤防沿いには様々な南吉に関連したものがありました。「ごんの橋」「ごんの飛び石」「ごんと撮れるフォトスポット」などなど。草むらからごんが出てきてもおかしくない、自然にあふれた里山を満喫できました!

そして、自分なりの発見もありました。
「ブロック模様」「階段」「カメ」「飛び石」
これは、世界的に有名なゲームの世界観!!

南吉の想像力にあやかって
自由な視点で散歩するのも楽しいかもしれませんね。
ココロが1UPできるかも!

半田市でおすすめの観光名所「半田運河の鯉のぼり」を360°カメラで撮影してみた

コロナ禍二度目のGW、みなさんいかがお過ごしになったでしょうか?

なかなか出かけづらいこの状況ではありましたが、密を避け、半田市の観光スポット「半田運河」に行ってきました。

半田市を流れる知多半島最大の河川、十ヶ川(じゅっかがわ)の河口部分に開削された運河が半田運河です。半田市では、古くから酒や酢などの醸造業が盛んで、半田運河から廻船で江戸などに運ばれていました。そして現在でも、醸造業に代表される黒板囲いの蔵が半田運河沿いに立ち並んでおり、昔ながらの風景を楽しみながら散策できる観光スポットとなっています。

そして毎年5月5日「子どもの日」の前後には、たくさんの鯉のぼりが運河沿いを泳ぐ姿を見ることができます。なかなか粋な計らいですよね。

今年のGWは雨や強風で散策しづらい日も多くありましたが、ほどよい風の強さを見計らって行き、総勢54匹の鯉のぼりが泳いでいる姿を見ることができました。

青空と蔵のコントラスト、運河に映る景色、そして色とりどりの鯉のぼり達が、春ならではの美しい風景を生み出していました。夜にはライトアップされ、幻想的な風景をあじわうこともできるようです。

そして、静止画だけではなかなか伝わらないこの美しい風景。先日弊社で導入した360°カメラで撮影してみました。

この美しさ感じてもらえますでしょうか?
360°動画は画面をドラッグすることで、上下左右全方位の動画を自分の好きなアングルで見ることができます。臨場感たっぷりな360°動画で、コロナ禍にお出かけできなかった人にもこの美しい風景を感じていただけたらと思います。

ちなみに曲がり角のカーブミラーを見ていただくと、撮影者が一瞬写ります。笑
長い棒(360°カメラ一式)を持って中腰(ブレを少なくするため)で歩く撮影者。そのあやしさが景観を損ねてたらごめんなさい。