デザインの話「書体-和文編」

前回の欧文書体に続いて、今回は「和文」のお話です。
和文の特徴をマスターしよう!

和文とは、いわゆる日本語のことです。和文書体はひらがな・カタカナと約2000字の常用漢字が含まれますので、26字のアルファベットと比べると、とんでもなく種類が多いことがわかります。
なので、和文書体は欧文ほどのバリエーションはありませんが、書体の選択は全体の雰囲気を左右する重要なポイントです。一文字ずつを比べると一見似たような書体でも紙面全体に渡って使われることでイメージが変わってくることもあります。

明朝体

筆文字が原型になっているために縦線に比べて横線が細く、線の端に「ウロコ」と呼ばれる筆文字の止めに当たる部分が付いているのが特徴。柔らかく格調高い印象があります。

書籍などの本文用活字として最も普通に使われています。明朝体は欧文のセリフ体と同じような印象を持ち、「落ち着ついている」「やわらか」「繊細」「気品がある」「古風」「女性的」「アナログ」といった印象を持っています。

ゴシック体

縦と横の線の太さに差がなく、明朝体に比べやや角張っていて力強さを感じるデザインです。
ゴシック体の中でも筆の運びを意識して作られたセリフ系と幾何学的なサンセリフ系に分かれます。

ゴシック体は欧文のサンセリフ体と同じように、「元気」「固い」「強い」「はっきりしている」「先進的」「男性的」」「デジタル」といった印象を持っています。
ちなみに欧文で言うところのゴシック体は、

こういう書体のことを指すのでご注意を。和文のゴシック体と似た欧文書体は「サンセリフ体」ですのでお間違いなく。(前回投稿参照

和文の構成要素

和文書体は「仮想ボディ」と呼ばれる正方形の中に骨格となる線を描いて、肉付けをしていきます。ですので、文字は仮想ボディの外 に出ることはありません。実際の文字の大きさは仮想ボディよりも小さく、「字面(じづら)」と呼ばれます。字面は1 文字ずつ異なります。
伝統的な書体は字面が小さく、現代的な書体は大きい傾向があります。

骨格とフトコロ

文字を線で表したものを骨格と呼び、線で囲まれた部分を「フトコロ」と呼びます。フトコロが広いと開放的で軽快な印象となり、狭いと引き締まったまとまりのある印象となります。現代的な書体はフトコロが広い印象があります。

グラフィックデザインは、文字・写真・図版を使用して、そのレイアウトや配色などを考え、情報やメッセージを伝えるもので、この伝えたい情報やメッセージの内容によって、どの書体を選択すればいいのかが八割くらいは決まってきます。

和文書体には明朝体・ゴシック体に分類されないような様々な書体が存在しそれぞれの雰囲気を持っていますが、全体的に言えるのは伝えたい内容と書体の雰囲気がミスマッチだとデザインにも違和感を感じてしまうということです。

様々な書体が存在しそれぞれの雰囲気を持っています。
伝えたい内容と書体のミスマッチは違和感を引き起こします。

書体選びは重要です。なんとなく選んだり好き嫌いで選んだりすると、伝えたい内容が正しく伝わらないこともありますので、伝えたい内容をよく理解して、その内容にあった書体を選びましょう!

デザインの話「書体-欧文編」

最近はWEBデザインでも書体に凝ることができるようになってましたが、選ぶフォントひとつでWEBもグラフィックも印象が随分と変わります。
今日はそんな「書体」についてのお話です。まずは欧文書体から。

欧文の特徴をマスターしよう!

欧文とは、いわゆるアルファベットのことです。欧文書体には非常に多くの種類があり、一目見ただけで「まじめそう」「古い感じ」といった雰囲気が伝わってきます。
欧文は大きく分けて「セリフ体」「サンセリフ体」「それ以外」の3つに分類することができます。

セリフ体

文字の端にセリフという飾りがついたものがセリフ体です。日本語フォントでは明朝体と呼ばれるものが欧文フォントのセリフ体に当たります

赤いところが「セリフ」です。

セリフ体は、「落ち着ついている」「やわらか」「繊細」「気品がある」「古風」「女性的」「アナログ」といった印象を持っています。

どちらかというとセリフ体は落ち着いたイメージです。高級感を演出したいときなどによく使われているようなイメージです。印刷物で長文のもの、文庫本などはセリフ体の方が可視性が高いため多く使われているようです。 筆で書いたときのような「とめ」や「はね」、線の強弱がしっかりあり、機械的な感じがしないのも特徴に感じます。

サンセリフ体

文字の端にセリフがついていないものがサンセリフ体。 サンセリフとは「セリフがない。」という意味で、日本語フォントではゴシック体と呼ばれるものがサンセリフ体に当たります。
その登場はセリフ体よりずっと後です。当時は「グロテスク体」なんて呼ばれ方をしていました。グロテスク・・・セリフがないことに最初は違和感があったようですね。

サンセリフ体は、「元気」「固い」「強い」「はっきりしている」「先進的」「男性的」」「デジタル」といった印象を持っています。

セリフでもサンセリフでもない欧文

セリフとサンセリフ以外にも、手書き文字のようなデザインの「スクリプト」、ゴシック系と呼ばれる古典的な書体の「ブラックレター」、自由にデザインされたデザイナーズフォントなど、欧文フォントのバリエーションは和文に比べると豊富です。しかしこうしたデザインの特徴が強いフォントは、長文やじっくり読ませたい文章には不向きです。

デザインフォントはタイトル向き。 じっくり読ませたい文章には不向き。


欧文の構成要素

欧文はファイブラインという5つの線で構成されています。

この中でとくに大事なのは「エックスハイト」。このラインが高いと小文字が大きくなり、「力強くモダン」な印象になりますが、圧迫感が出てしまいます。長文で使うと読みにくくなることもあるので、そうした場合は行間の調整が必要です。

エックスハイトが低いと、繊細・伝統的な印象に。

エックスハイトが高いと小文字が大きくなり、 「力強くモダン」な印象に。

カウンター

カウンターとは「C」「O」のように文字の中にある空間のことで、これが広いと「開放感」があり、「軽やかでモダン」な印象になり、狭いと「密度感」や「力強さ」を感じます。

開放感がある。軽やかでモダンな印象。
密度感・力強さを感じる。

おまけ 「イタリック」と呼ばれる斜体について

斜め書体のほとんどは、イタリック(Italic)と言う名前が付いてます。この斜め書体、デザインのアプリケーションが進化した今日、斜めにするなんてあっという間にできてしまいます。こんなふうに。イタリック体ってほんとに必要なんでしょうか?

イタリック体って必要?

じつはただ単に斜めにしただけの書体は「オブリーク(Oblique)」と呼ばれるもので、イタリックとは別物なのです。斜めの書体の名前を見てみると書いてあります

ただ単に斜めにしたオブリークに対して、イタリックは斜め専用にデザインされた書体のことなんです。

イタリックは斜めにデザインされたもので、別物なのです。



さて、最近では「かんたんなデザインは内製化だ!」とか、自社サイトのオウンドメディア化が進んだりなんかして、デザインの経験がない方でも書体を選定する機会が増えていると思います。

この記事が書体選定のお役に立てれば幸いです。

デザインの話「色編」

印刷物のデザインは、いわゆる商業デザインというもので、販売促進や集客・営業等に関わるデザインのことを指します。明確な目的があってデザインされるもので、「アート」とは違います。
その目的を達成するために、どんなメインビジュアルにしようか?どんなコピーにしようか?どんな色使いにしようか?などなど、ターゲットに刺さるデザインを日々考えております。

そんなデザインの中で重要な役割を果たす「色」。
色が与える印象はとても大きく、デザインの重要な要素です。
例えば、美味しさを表すのであれば暖色系、精密さを表すのは寒色系など、ある程度のセオリーが存在していてます。

こちらをご覧ください。

まぁ、普通に美味しそうですね。


はい、 いっきにまずそうになりました。

このように色が与える影響というのは非常に大きいものなのです。
色が持つイメージと一緒に写るもののイメージがかけ離れていると、違和感を感じてしまうことが多くあります。



さて、初心者デザイナーがよくやってしまうよろしくないデザインで「色数が多すぎる」というものがあります。
半田中央印刷には「デザインレビュー」と呼ばれる「そのデザインはきちんと目的をはたせるものなのか?」をチェックする工程があり、そのデザインレビューで、何度も何度も伝えてきたこと。それが「色数が多すぎる」です。
色数が多いことは、なぜいけないのでしょうか?

きちんと色に意味を持たせて、色がキーワードになり計画的に多く色が使われるデザインには問題ありません。しかし適当に色を選んでデザインをしていくと、意味のない色が増えていき、最終的には・・・

こんな印象になります。
色が反乱してごちゃごちゃしていますね。むやみに色数を増やしていくと、こういう印象になるわけです。これと似たものを見たことがあると思います。

はい、ノイズです。

色数を増やしていくと、最終的にはノイズになってしまいます。もう美しさとは対称のものになってしまいました。
サンプルのチラシを乗せたかったのですが、そのチラシをディスることになってしまうのでコンプラ的にNGなのでやめておきます。

では、美しさはどんな時に感じるでしょうか?
下の写真を見てください。

はい、美しいですね。
もちろん個人差もあるかと思いますが、人は色が統一されているものに美しさを感じているのではないでしょうか?

花束もいろんな色がごちゃごちゃと入っているものより、色のテーマを決めて統一されたもののほうが美しく感じませんか?

これらよりも・・・


こっちのほうが美しくないですか?

というわけで、少し乱暴ではありますが、

色数が多すぎる=美しくない。
色数が少ない=美しい。

ということをご理解いただけたでしょうか。
美しくない例としてあげた繁華街も

こうすれば、ちょっといい感じですね。

半田中央印刷のLIMEX奮闘記【封筒編】

当社が積極的に取り組んでいるLIMEX。LIMEXとは、主に石灰石を原料とし、今世界中で問題となっている廃プラ、マイクロプラスチック、紙の原料となるパルプ(木材)の消費削減といったSDGsの目標にもなっている環境問題の解決に向けた新素材です。

今回はこれ

皆さんご存知、「封筒」でございます。
半田中央印刷はLIMEXの封筒づくりに挑戦しました!

LIMEXは「折り編」でも紹介したように、紙と比べるとコシが弱く、折ろうとするとふにゃっとした感じの締まりのない折れ方になります。
そのLIMEXで封筒を作るなんて正気の沙汰か?と思われるかもしれませんが、LIMEXの可能性を広げるため、半田中央印刷はあえてチャレンジをいたしました。

封筒の加工は、特にロット数が多いものは専用の機械を通して、作られるまでの様々な加工を自動で行います。
結論から言いますと、今回のLIMEX封筒は機械加工ができませんでした。LIMEXならではの特性が弊害になってしまったのです。

まず、型抜き。これは紙と同様に行うことが可能で、「型」で抜くと同時に折る場所にスジを付けます。
次に折り。「折り編」でも紹介したとおり、一度折っただけではふわっと戻ってきてしまい、しっかりと折れません。
そして、加工での最大のネックとなるのが糊付け。
なんと通常の紙用の糊ではまったくつかないのです!

これはもう致命傷です。糊にもいくつかタイプがあり、いろいろ試しましたが、紙用のものはすべてダメ。

そこで当社は「両面テープ」を採用しました。

見事にくっつき封筒の完成です。

フタはやはり少し戻ってきてしまいます。閉じる際は両面テープが必要です。

型抜き・スジ付け後の工程はすべて手作業です。途方も無い作業と思われるかもしれませんが、普段から部数が少ないものや、特殊なカタチや加工が必要なものは手作業で行っているので問題ありません。

ただし、やはり機械加工と比べるとコストと作業時間がかかってしまいます。

普段遣いの封筒には向きませんが、ロット数が少なく、何か特別な使い方をする際には使えそうです。
例えば、環境報告書の送付とか。
環境絡みのイベントの案内とか。
ちなみに今回「長3」という封筒サイズで作ってみましたが、様々なサイズで作ることができます。

というわけで、いくつかクセはありますが、「LIMEX封筒」半田中央印刷で受注可能です。
もちろん印刷も封筒のデザイン提案も可能です。宛名印字に関してはまだテスト段階ですが、機会を見つけてこちらも検証していきます。

LIMEX封筒。ぜひご半田中央印刷に相談ください。

半田中央印刷のLIMEX奮闘記【折り編】

当社が積極的に取り組んでいるLIMEX。LIMEXとは、主に石灰石を原料とし、今世界中で問題となっている廃プラ、マイクロプラスチック、紙の原料となるパルプ(木材)の消費削減といったSDGsの目標にもなっている環境問題の解決に向けた新素材です。

今回はLIMEXの「折り」について。

LIMEXの素材感は、紙とビニールの中間のような不思議な感じです。
紙と比べるとコシが弱くふにゃっとした感じですが、いざ折ろうとすると、これがまたふにゃっとした感じの締まりのない折れ方になってしまいます。

普通に折るとこうなります。
がんばって折り目をこするとこうなります。
指の皮がめくれるか?ってくらいがんばって折り目をこするとここまでいきます。

製品として納めるのに締まりのない折りでは問題がありますが、一枚ずつ何度も折り目をこするわけにはいきませんので、当社では、「スジ付け」+「重り」でしっかりとした折りを実現させています。

折り用のスジ付け後に折って、重りとなるパレットを乗せて一日以上放置!
しっかりとした折り目が付きました。

LIMEXは、今までの紙とは性質が違う部分が多く苦労もしますが、それ以上に利点も多くSDGsにも貢献できる素晴らしい素材なので、当社ではこれからもLIMEXの印刷・加工の品質アップに取り組みます!