デザインの話「色編」

印刷物のデザインは、いわゆる商業デザインというもので、販売促進や集客・営業等に関わるデザインのことを指します。明確な目的があってデザインされるもので、「アート」とは違います。
その目的を達成するために、どんなメインビジュアルにしようか?どんなコピーにしようか?どんな色使いにしようか?などなど、ターゲットに刺さるデザインを日々考えております。

そんなデザインの中で重要な役割を果たす「色」。
色が与える印象はとても大きく、デザインの重要な要素です。
例えば、美味しさを表すのであれば暖色系、精密さを表すのは寒色系など、ある程度のセオリーが存在していてます。

こちらをご覧ください。

まぁ、普通に美味しそうですね。


はい、 いっきにまずそうになりました。

このように色が与える影響というのは非常に大きいものなのです。
色が持つイメージと一緒に写るもののイメージがかけ離れていると、違和感を感じてしまうことが多くあります。



さて、初心者デザイナーがよくやってしまうよろしくないデザインで「色数が多すぎる」というものがあります。
半田中央印刷には「デザインレビュー」と呼ばれる「そのデザインはきちんと目的をはたせるものなのか?」をチェックする工程があり、そのデザインレビューで、何度も何度も伝えてきたこと。それが「色数が多すぎる」です。
色数が多いことは、なぜいけないのでしょうか?

きちんと色に意味を持たせて、色がキーワードになり計画的に多く色が使われるデザインには問題ありません。しかし適当に色を選んでデザインをしていくと、意味のない色が増えていき、最終的には・・・

こんな印象になります。
色が反乱してごちゃごちゃしていますね。むやみに色数を増やしていくと、こういう印象になるわけです。これと似たものを見たことがあると思います。

はい、ノイズです。

色数を増やしていくと、最終的にはノイズになってしまいます。もう美しさとは対称のものになってしまいました。
サンプルのチラシを乗せたかったのですが、そのチラシをディスることになってしまうのでコンプラ的にNGなのでやめておきます。

では、美しさはどんな時に感じるでしょうか?
下の写真を見てください。

はい、美しいですね。
もちろん個人差もあるかと思いますが、人は色が統一されているものに美しさを感じているのではないでしょうか?

花束もいろんな色がごちゃごちゃと入っているものより、色のテーマを決めて統一されたもののほうが美しく感じませんか?

これらよりも・・・


こっちのほうが美しくないですか?

というわけで、少し乱暴ではありますが、

色数が多すぎる=美しくない。
色数が少ない=美しい。

ということをご理解いただけたでしょうか。
美しくない例としてあげた繁華街も

こうすれば、ちょっといい感じですね。

半田中央印刷のLIMEX奮闘記【封筒編】

当社が積極的に取り組んでいるLIMEX。LIMEXとは、主に石灰石を原料とし、今世界中で問題となっている廃プラ、マイクロプラスチック、紙の原料となるパルプ(木材)の消費削減といったSDGsの目標にもなっている環境問題の解決に向けた新素材です。

今回はこれ

皆さんご存知、「封筒」でございます。
半田中央印刷はLIMEXの封筒づくりに挑戦しました!

LIMEXは「折り編」でも紹介したように、紙と比べるとコシが弱く、折ろうとするとふにゃっとした感じの締まりのない折れ方になります。
そのLIMEXで封筒を作るなんて正気の沙汰か?と思われるかもしれませんが、LIMEXの可能性を広げるため、半田中央印刷はあえてチャレンジをいたしました。

封筒の加工は、特にロット数が多いものは専用の機械を通して、作られるまでの様々な加工を自動で行います。
結論から言いますと、今回のLIMEX封筒は機械加工ができませんでした。LIMEXならではの特性が弊害になってしまったのです。

まず、型抜き。これは紙と同様に行うことが可能で、「型」で抜くと同時に折る場所にスジを付けます。
次に折り。「折り編」でも紹介したとおり、一度折っただけではふわっと戻ってきてしまい、しっかりと折れません。
そして、加工での最大のネックとなるのが糊付け。
なんと通常の紙用の糊ではまったくつかないのです!

これはもう致命傷です。糊にもいくつかタイプがあり、いろいろ試しましたが、紙用のものはすべてダメ。

そこで当社は「両面テープ」を採用しました。

見事にくっつき封筒の完成です。

フタはやはり少し戻ってきてしまいます。閉じる際は両面テープが必要です。

型抜き・スジ付け後の工程はすべて手作業です。途方も無い作業と思われるかもしれませんが、普段から部数が少ないものや、特殊なカタチや加工が必要なものは手作業で行っているので問題ありません。

ただし、やはり機械加工と比べるとコストと作業時間がかかってしまいます。

普段遣いの封筒には向きませんが、ロット数が少なく、何か特別な使い方をする際には使えそうです。
例えば、環境報告書の送付とか。
環境絡みのイベントの案内とか。
ちなみに今回「長3」という封筒サイズで作ってみましたが、様々なサイズで作ることができます。

というわけで、いくつかクセはありますが、「LIMEX封筒」半田中央印刷で受注可能です。
もちろん印刷も封筒のデザイン提案も可能です。宛名印字に関してはまだテスト段階ですが、機会を見つけてこちらも検証していきます。

LIMEX封筒。ぜひご半田中央印刷に相談ください。

半田中央印刷のLIMEX奮闘記【折り編】

当社が積極的に取り組んでいるLIMEX。LIMEXとは、主に石灰石を原料とし、今世界中で問題となっている廃プラ、マイクロプラスチック、紙の原料となるパルプ(木材)の消費削減といったSDGsの目標にもなっている環境問題の解決に向けた新素材です。

今回はLIMEXの「折り」について。

LIMEXの素材感は、紙とビニールの中間のような不思議な感じです。
紙と比べるとコシが弱くふにゃっとした感じですが、いざ折ろうとすると、これがまたふにゃっとした感じの締まりのない折れ方になってしまいます。

普通に折るとこうなります。
がんばって折り目をこするとこうなります。
指の皮がめくれるか?ってくらいがんばって折り目をこするとここまでいきます。

製品として納めるのに締まりのない折りでは問題がありますが、一枚ずつ何度も折り目をこするわけにはいきませんので、当社では、「スジ付け」+「重り」でしっかりとした折りを実現させています。

折り用のスジ付け後に折って、重りとなるパレットを乗せて一日以上放置!
しっかりとした折り目が付きました。

LIMEXは、今までの紙とは性質が違う部分が多く苦労もしますが、それ以上に利点も多くSDGsにも貢献できる素晴らしい素材なので、当社ではこれからもLIMEXの印刷・加工の品質アップに取り組みます!