日本酒も地産地消。愛知の酒造好適米「夢吟香」を使った知多のお酒8選。

知多半島は古くから醸造が盛んな地域です。
その代表的な企業にミツカンがあります。
江戸時代、それまでお酒から酢が作られていたところ、酒粕から酢を作る技術を開発。酢を安く作れることになり、これが大消費地江戸で大当たり。江戸前寿司の大流行に繋がったことは有名な話です。

酢以外にも味噌、たまり醤油、お酒といった醸造製品は半田をはじめとした知多半島の一大産業に。天然の良港に恵まれ海運業の隆盛も手伝って、醸造製品が江戸に向けて大量に出荷されていたようです。

日本酒の酒蔵も半田、亀崎を中心に最盛期には200軒以上が軒を並べる一大生産地となりました。江戸時代末期には知多のお酒は江戸市中で灘のお酒と人気を2分していたそうです。
そのころの江戸は人口100万人を超える世界最大の都市。かつての知多酒の隆盛ぶりが伺えます。

今回は業務と関係ないのですが、
地元の酒蔵を応援したいということでお酒がテーマです。

「地元の気候風土で栽培されたお米でお酒づくり」

現在愛知県には日本酒を製造する酒蔵が42軒あります。これは全国で第7位の軒数だそうです。そのうち知多半島に酒蔵は6蔵が残っています。江戸末期から明治初期にかけての最盛期からは大きく減少してしまいましたが、それぞれ工夫をされて品質の良い日本酒を製造されています。

個人的に注目しているのは
地元の原料を使って製造されているお酒。
知多半島や西三河の農家さんがつくったお米を原料に酒造りが行われています。

そのお米というのが「夢吟香(ゆめぎんが)」。
愛知県の農業総合試験場で2010年に開発された酒造好適米(酒米)です。
酒米として非常に有名な「山田錦」と、愛知県の酒造好適米として先輩にあたる「若水」を掛け合わせて育成されたそうです。

倒伏に強いため平地での栽培に適していて、知多半島そして、安城など西三河の平地が広がる愛知県の地域特性、気候風土に合ったお米です。農家さんもそれぞれ工夫をしてこの新しい酒米に挑戦をされています。
夢吟香は晩生種で食用米と刈り取り時期がずれるのも農家さんにとっては良いですし、酒蔵が農家さんから直接購入するケースも多いお米。
蔵元からすれば商社を通さずに安く買えて、農家さんからすれば高く売れる、双方に良い酒米なのです。
地域にとってメリットが多くなりますね。

「夢吟香を使用した知多の注目銘柄」

旨味の強い「若水」と、大粒でより多く磨く(精米する)ことができる「山田錦」の良いところを合わせ持ち、スッキリ爽やかで旨味もしっかりある日本酒ができるのが特徴の「夢吟香」。
開発されてから10年とまだまだ新しいお米ですが高い評価をされつつあります。
2019年に行われたG20サミット外相会議での夕食会では、食中酒として原田酒造さん(知多郡東浦町)の「生道井(いくじい) 純米大吟醸 夢吟香」が採用され、好評を博しています。

さて夢吟香を使用した知多半島のお酒を紹介します。

原田酒造合資会社

生道井(いくじい)夢吟香 純米大吟醸

生道井(いくじい) 夢吟香  G20サミット外相会議での夕食会で採用されました

生道井(いくじい)夢吟香 純米大吟醸 斗瓶どり

生道井(いくじい) 夢吟香 斗瓶どり

夢吟香 精米歩合50%
元々名城大学農学部の学生と共同開発でつくられたそうです。
前述の通りG20外相会議の夕食会で採用された、きれいな飲み口のお酒です。安城市などの愛知県内の農家さんから直接仕入れたお米を使用してつくられています。
下の写真はその中でも「斗瓶どり(とびんどり)」という特別仕様のものです。
お酒を搾る時に圧をかけず、袋に入った醪(もろみ)の重量だけで時間をかけて少しずつ搾ったもので、余分な雑味が少ないという特徴があります。
通常の搾り方の商品と飲み比べてみても良いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

盛田金しゃち酒造株式会社

金鯱 夢吟香 純米
初夢桜 夢吟香 純米吟醸酒

金鯱 夢吟香
初夢桜

金鯱 夢吟香  精米歩合65%
しっかりと味を出すために、米を磨きすぎず精米歩合を65%(35%精米)に抑えた純米酒。米の旨みを感じられるお酒です。

初夢桜 精米歩合60%
かつて天埜酒造(1848年創業、2010年廃業)の銘酒として地域に親しまれた「初夢桜」の名前を冠した吟醸酒。
爽やかさもありながら、中部地域独特の濃い味付けの料理に負けないしっかりしたお米の旨みを感じられるお酒です。
香りも良いです。
金しゃちさんのこの2本、味をきちんと出そうという意図を感じます。美味しいです。

盛田金しゃち酒造さんの夢吟香は、地元知多半島阿久比町の農家さんがレンゲ農法で作ったお米を使用しています。
レンゲ農法というのは昔はよく見られた農法で、レンゲの窒素を蓄える性質を利用し、化学肥料を使わないもしくは使用を大幅に減らした農法です。稲の刈り取り後の田んぼにレンゲを撒き、春に花を咲かせたレンゲごと耕して土にすき込み元肥とします。
強い稲に育ち農薬も減らせるので、環境に優しい農法です。

地元の農家さんが手間暇をかけて丁寧につくった米を原料にしています。しかも化学肥料は使わず低農薬。安全で安心できる原料を使って酒造りに挑戦をされています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

澤田酒造株式会社

白老 夢吟香 純米吟醸 火入れ

SONY DSC

夢吟香 精米歩合55%
常滑産の夢吟香を45%精米してつくられた純米吟醸酒。
精米歩合は高いですが、白老らしさでしょうか、まったりコクのあるお酒です。酸味も感じます。
澤田酒造さんは知多半島の丘陵地の湧き水を引いて酒造りに取り組んでいます。

焼き物のまち「常滑」で1848年に創業した澤田酒造さん。沿革から驚くのは、明治後期に速醸酛(そくじょうもと)を発明した江田鎌治郎氏を招き地域における速醸酛の技術発展に貢献をされているということ。
また愛知県の酒造好適米第1号である「若水」の導入においても地域の農家さんと共に生産ノウハウを構築されたといいます。いわば知多の伝統的な酒造におけるリーダー的な存在です。

速醸酛(そくじょうもと):製造過程で雑菌汚染を防止するために乳酸を添加する技術。1909年(明治42年)に当時の醸造試験所(現在の独立行政法人酒類総合研究所)の江田鎌治郎氏が開発した。蔵や醸造の道具に住みつく天然の乳酸菌を使用する「生酛(きもと)」に比べ、製造日数が短縮され品質も安定した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

丸一酒造株式会社

ほしいずみ 純米大吟醸 夢吟香40%

ほしいずみ 夢吟香 精米歩合40%

夢吟香 精米歩合40%
阿久比・常滑で生産された夢吟香を40%まで精米してできたお酒。果実のような香りが爽やかできれいな味。
後から旨みがじわりときます

通常「夢吟香」は精米歩合50%程度が限度と言われています。そこからさらに10%磨いてつくったお酒です。
想像通り”クリア”、すごくきれいで真っ直ぐな味わいです。
仕込み水も良いのかなと感じさせられます。
いわゆる日本酒くささが少ないので、日本酒が苦手な人でも「これ美味しい!」となることと思います。
冷やしてもワイングラスで吟醸香を楽しめるので、海外の人にもとてもお薦めしたいお酒です。
この果実を感じさせる香りがお米と酵母からできているなんて!
感動させられます。

ほしいずみ 純米大吟醸 夢吟香50%

ほしいずみ 夢吟香 精米歩合50%

夢吟香 精米歩合50%
阿久比・常滑で生産された夢吟香を50%まで精米してできたお酒。40%のほしいずみよりも旨みが強い。
同じ銘柄の40%と50%の違い。飲み比べてみるとよくわかります。面白いです、ぜひ飲み比べてみてください。
個人的には日本酒らしい旨みを感じられる50%の方が好みではあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

盛田株式会社

盛田 純米吟醸 無濾過

SONY DSC

夢吟香 精米歩合58%
米本来の旨みを残すために無濾過で仕上げた深い味わいの純米酒。精米歩合「58%」というところにも作り手の意図を感じますね。60%から吟醸酒となりますので、そこから2%わずかに磨いてバランスを調整しているんですね。それともまだまだ試行錯誤中でしょうか。
良い意味でクセがあります。酸味も感じます。これが無濾過ならではのお米の風味なんだと思います。裏ラベルにもありますが氷を入れてロックで飲んでも美味しいです。

無濾過:通常醪(もろみ)を搾ったあと、雑味やにごりを取るために濾過をします。濾紙やフィルターで濾過されることが多いのですが、活性炭を使用してクリアな色を出す蔵元もあるそうです。無濾過というのは、その濾過をしていないということなので、純米酒本来のコクをしっかり感じることができるお酒ということになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋の夜長、お酒をお米の違いを感じながら味わうのも良いですね。
例えば山田錦でつくられたお酒と夢吟香でつくられたお酒。
同じ蔵元の同じ精米歩合の純米大吟醸で原料米の違いを比べてみると、山田錦と夢吟香の違いがわかります。
精米歩合40%で原料米の差を丸一酒造さんのお酒で比較してみます。
・ほしいずみ (夢吟香 精米歩合40%)
・滔滔 (山田錦 精米歩合40%)

感じ方はもちろん個人差はありますが、その前提の上で。
果物のような吟醸香は共に感じられますが
より日本酒としてのパンチを感じるのは山田錦。
よりスッキリ爽やかさを感じるのは夢吟香。スッキリの後に旨味もじわりと感じます。

丸一酒造さんの滔々(山田錦 精米歩合40%)とほしいずみ(夢吟香 精米歩合40%)

好みは人それぞれだと思いますが、個人的には地元びいきもあって夢吟香。スッキリした飲み口のお酒なので冷やして飲むのがおすすめです。香りがひきたつのでワイングラスでも楽しめます。
地元の農家さんが丁寧につくったお米が原料になっている、共存共栄が実現されているところも共感ポイントです。
また、地産地消はSDGsの取り組みにも関連性が高いとされています。

購入の際はそれぞれの酒蔵直売店または日本酒の専門店での購入がおすすめです。
量販店やショッピングセンターのリカー売り場、一般的な酒販店では原料米や精米歩合の違いは解説されていません。店員さんに聞いても答えられないことが多いです。
印刷会社としてはこの辺りすごく改善の余地を感じています。

経営計画書作成のポイントその1「利益計画は逆算で考える」

自社のBSとPLを把握した上で作成に取り組みたいのが「利益計画」。
「入るを量りて出ずるを制する」という言葉がありますが、入り(売上)をどのように予測して、出る(経費)をどう抑制するか、きめ細かい計画をたてて利益を確保したいものです。

売上がなければ、経費をまかなえないし利益も出ませんので、売上はもちろん大事。
売上はお客様からの信用の証であるとも言えます。
売上が上がれば気持ちがいいですし、現場も活性化します。
なのでついつい売上ばかりに目が行きがちですが、それだけを見ていると、「どんぶり経営」になってしまいます。
経営の考え方や組織風土によって、どんな指標を重視するかは変わりますが、「どんぶり経営」にしないためには、まずは利益計画を作成してみることをおすすめします。


 1.利益計画は逆算で作成する

利益計画を作成する際に当社で重視しているのは、まず目標とする利益を設定し、逆算して計画を作っていくという点です。
「可能な売上を予測して経費を引いてその結果これだけの利益です」ではなく、目標としたい利益を先に決めます。
その後、経費を予測していきます。
経費は、運営のために必要な経費・販売のために必要な経費・将来のために必要な経費など、どういう使い方をするかよく検討してシミュレーションをします。
その後それを実現するために必要な売上を逆算して設定します。

 2.目標利益設定の考え方

目標となる利益をどのように設定するか。
考え方は複数あります。
例をあげるとすると

・売上に対する割合で決める
例えば、売上に対する経常利益率(または営業利益率)を5%にすると決める。
何%にするかは昨年対比で増加させたり、業界標準で決めたりということが考えられます。

・社員一人当たりいくらと決める
例えば経常利益であれば昨年一人当たり80万だったから、今年は一人当たり経常利益を100万にしようと決める。
または社員一人当たり粗利額で設定するのであれば、労働分配率から考えることもできます。
労働分配率は粗利に占める人件費の割合です。
仮に労働分配率60%で社員一人当たり人件費が600万とすると
600万÷X=60% 
つまり、600万÷0.6=1000万ということになります。
ですから一人当たりの粗利額目標は1000万ということになります。
当社は粗利額を目標に設定しており、一人当たり粗利額目標を決めてから利益目標を出しています。

・昨年実績よりも増やす
単純に昨年1,500万だったから今年はそれより多い2,000万にという設定もあります。

・一倉式
ちなみに日本の経営コンサルタントの草分けである一倉定氏が企業の最低限必要な利益として提唱するのは、
「3年間売上が横ばいでも、3年目で赤字転落しない額である」とされています。
こちらも参考になります。ただ先行きの不透明な時代だと売上が下がっていく予測の方が現実的かもしれません。

上記以外にも様々な決め方が考えられます。
目標設定については、各社の考え方に合ったやり方で決められると良いと思います。

 3.利益計画検討表を作成する

利益計画検討表のサンプルを表示します。
当社が使用しているフォーマットです。
中の数字は全て架空の数字です。

当社の場合、材料費と外注費を変動費として計算し、売上から変動費を引いたものを粗利(付加価値)としています。
表の通り試算を何パターンかしてみます。目標としたい利益と経費の見込みや変動費の予測を設定し、必要な売上を検討します。
必要な売上を検討したら、次はそれを達成するための経営計画作りを行います。

経営計画書作成については次の機会で書いていきたいと思います。
当社は印刷会社ですので、経営計画書作成のお手伝いもしています。ご相談も随時承っております。

関連記事
「BS(貸借対照表)とPL(損益計算書)のわかりやすい把握の仕方」



クラウドファンディングを新商品のテストマーケティングに活用する

新たな資金調達の手法として注目されているクラウドファンディング。
数万〜数十万の活動資金捻出に苦労する市民活動団体は多いですが、そもそも収益団体ではないため金融機関から借入はしにくいし、資金を提供してくれる企業や個人もなかなか見つからないのが現状ではないでしょうか。

そんな時に、借金をするのではなく、自分たちが出せるもの準備できるものをリターンにして資金調達ができれば良いですよね。
それを可能にしているのがクラウドファンディングという資金調達手法です。
もちろんどんなプロジェクトでもお金が集まるわけではありません。
・わかりやすく共感される活動なのか?
・支援してくれる人にメリットがあるリターンを設定できているか?
・応援してくれる人、一緒に取り組んでもらえる人は周りにいるか?
など支援が集まるプロジェクトには特徴があります。

資金調達のパターンも(1)All or Nothing タイプと(2)All inタイプの2パターンがあります。

(1)All or Nothing タイプ
設定した期間内に目標金額を達成することができればファンディングが実現するというやり方。目標に到達しなければ、支援者からの申し込みは全てキャンセルとなります。当然リターンも発生しませんし、プロジェクトを実施する必要もありません。これだけ集まったら実現できる、商品を開発できるというように、実現したい内容と必資金がはっきりしているプロジェクトに向いています。

(2)All inタイプ
目標金額に到達してもしなくても、申し込みいただいた支援は全て手にすることができるというやり方です。こちらは目標未達でもプロジェクトを実施し、必ず支援者にリターンを送らなければいけません。
実施することが決まっているプロジェクトの一部資金を賄う場合に適しています。

このクラウドファンディング、
企業のテストマーケティングにも適しています。

「多額の資金を投入して開発したけれど、売れ行きが想定を大幅に下回る。」ということは日常的にあることです。
開発投資ができ資金に余裕のある会社ならともかく、余裕をもって試行錯誤ができる企業はわずかでしょう。リスクが高いために商品開発に二の足を踏んでしまうことも多いと思います。
大きな資金を投入する前に、低リスクで手軽に市場の反応を見る手段としてクラウドファンディングの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
プロセスエコノミーという考え方も注目を集めています。
開発中のプロセスをユーザーと共有したり、ユーザーを巻き込むことで、共感を生み差別化につながるという考え方です。
クラウドファンディングと親和性の高い差別化のあり方であると思います。

人気の高いプロジェクトは前述した「支援が集まるプロジェクトの特徴」を参考にできます。
・わかりやすく共感される商品、サービスなのか?
・購入してくれる人にメリットがあるか?購入することで満足感は得られるか?
・応援してくれる人、グループや顧客層は周りにいるか?

またプロジェクトを開始したら、それを知ってもらうためのプロモーションも重要になります。
綿密に計画を立てて取り組むとよいでしょう。

当社が運営に参加している「ちたクラウドファンディング」は、国内最大の利用者をもつ「CAMPFIRE」をプラットフォームとして契約しています。全国に向けて発信でき、幅広く市場の反応を検証することが可能です。
起案からプロジェクト運用支援までお気軽にご相談ください。

CAMPFIRE統計データ

CO2排出量の見える化と削減への取り組み。中小企業が現実的にできることは。

CO2排出削減への動きが活発になっています。
気候変動に関する首脳会議では、日本は2013年比46%削減。2050年実質ゼロという目標を掲げました。
気候変動によって農作物を作る場所が変わる可能性や、従来の観光地が観光地でなくなってしまうことも予想されていますが、
グローバルで見ると、海抜の低い島々が水没したり、自然災害の大規模化につながったり、非常に大きな影響があることへの危機感がその背景にあるのでしょう。
国内でも梅雨時や台風シーズンの雨の降り方が変わってきて、豪雨による被害が深刻になってきています。

地球温暖化には様々な要因が絡みあっているということですが、「20世紀半ば以降の地球温暖化は、人間活動が主な要因である可能性が95%」(国連気候変動に関する政府間パネル報告書)ということで、その中でも二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が主要因だということは間違いなさそうです。

当社のような小さな会社でも生産設備もありますし、それなりにCO2を排出します。
かつてThink Grobal Act Localという言葉が流行りましたが、自分たちにできることをやらないといけないのだと思います。

では事業活動でどれくらいのCO2を排出しているのでしょう。

エネルギー・経済統計要覧によると、人類が1年間に排出する二酸化炭素の量は
33,000,000,000t(330億t)と言われています。
そのうち日本は3.2%ということだそうで、約1,000,000,000(10億t)。

当社の排出量はどれくらいか。
計算できる便利なサイトが、カシオ計算機さんから公開されていました。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1192427170

こちらのサイトを利用させていただいて、事業活動によって排出されるCO2量を計算してみました。

すると当社の1ヶ月あたりCO2排出量は12,573kg
年間で150tほど排出している計算になります。
(家庭平均で年間2.7tなので約55世帯分)

ちなみにこちら、電力、燃料(ガソリン・軽油)、灯油、プロパンガス、都市ガスの使用量にそれぞれ係数をかけて計算上算出するものです。
原材料の製造によって排出されるCO2は計算できず省いています。

どうやったら減らせるか
屋上に設置してある太陽光パネルによる発電量が年間32000kwあります。
これを自家利用できればCO2を年間11t減らせそうです。
それでも7%減
安易に「すべてをグリーンエネルギーで賄います」とはいかないですね。
すべて太陽光パネルでやろうとすると、設置面積と数量が必要で、費用はもちろん新たな環境問題の種になりそうです。

車を全て燃費の良いハイブリッドに変えると、計算上は12.5t減。
こちらは可能性はあります。

カーボンオフセットという概念もあります
どうしても削減できないものを、他の場所での削減や吸収量で埋め合わせを行うというものです。
例えば木を植えるプロジェクトに参加したり資金を提供するといったことです。

ちなみに樹木のCO2吸収量はどれくらいかというと
林野庁HPによると、1haに1000本のスギが育成されている状態として、樹齢40年程度のスギ人工林で1haあたり8.8t/年間。
林野庁HPより

概ね森林1haで3世帯分の排出量を吸収している計算になります。

当社の排出量をカーボンニュートラルにしようとすれば17haの管理された人工林が毎年必要になるということになります。ちなみに17haは東京ドーム約3.5個分です。

樹齢40年程度の人工林を毎年17ha増やす。なかなか難しいですね。
CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度もあります。カーボオフセットを推進するための現実的な取り組みと言えそうです。

J-クレジット制度

自治体を中心にカーボンオフセット可能な様々なプロジェクトが設定されていますのでこういう活用の検討をしつつ、当面は適切にコスト管理をしながら機械のリプレイスや社用車の入れ替えを計り、地道に減らす努力を続けることになりそうです。

卓上カレンダーをつくるなら12月始まりがおすすめ。その理由とは。

年末の営業活動としてカレンダーを活用する企業は多いと思います。
最近は、壁掛けタイプのカレンダーよりもデスクにおいてもらえる「卓上カレンダー」の方が喜ばれるようです。

使われ方も様々。
締め切りなどを書き込んでタスク管理に使っている人もいれば、スタッフの誕生日を書き込んでいる人も。
お休みの日に○印をする人もいますね。
付箋を貼ってToDo管理に使用する方もいます。

オリジナルでつくるなら
書き込みができるように日玉の大きなデザインにすることが重要です。

さらにこの卓上カレンダー、営業的に活用するなら
「12月始まり」にするのがおすすめです。

通常カレンダーは年末の掃除の時に来年のものに交換する人が多いようです。
でもそれは「取引先からもらうのが年末だから」です。

営業的に使用するなら
早めにお客様のデスクをジャックできるように12月始まりにしましょう。
配布も「ちょっと早いのですが…」と笑顔で言いながら11月中に配り切ってしまうのです。一度使用し始めたオフィスの卓上カレンダーを、後から取り替える人はあまりいません。
年末挨拶用のツールがなくなるのが不安ならメモ帳やタオルなど挨拶用のツールを別につくりましょう。
目的は「お客様のキーマンのデスクでカレンダーとして1年間活躍してもらう」ことです。

会社のPRも控えめに
「〜〜なら◯◯株式会社へ、相談はお気軽に!」
とか電話番号を入れたくなるところですが、それはやめた方が良いです。
相手が使いやすいことに配慮して
以下のポイントに配慮して制作されることをおすすめします。
 ・デザインは品よくシンプルに
 ・色使いは明るく楽しく
 ・書き込みやすく
 ・PRが少ない(PRはSDGs程度に抑える)

せっかく営業的に使用するためにコストをかけるなら、少しでも効果のあがるものを作成しましょう。

石灰石由来の新素材「LIMEX」でつくった卓上カレンダーならこちら
弊社LIMEXカレンダー特設サイト