水辺クリーン・アップ大作戦に参加して感じること

7月17日(土)の朝に、当社の地元、亀崎地区の海浜緑地にて半田市主催の『水辺クリーン・アップ大作戦』と題したボランティア清掃があり、当社からも10名+子ども2名が参加しました。

この日は亀崎地区以外にも中央ふ頭エリアでも行われ、年に一度の一斉清掃活動となります。昨年はコロナ禍、一昨年前は猛暑により中止、3年ぶりの活動になりました。

久し振りの参加でしたが、改めて海岸の漂着ゴミについて深刻さを感じました。以前のブログにも書いたことがありますが、小さなマイクロプラスチックや、発泡スチロールの破片、ビニール袋、ペットボトルといったプラスチック樹脂で作られたゴミが多いことを感じます。人間の手では拾っても拾いきれないゴミが、この海に沈んでいると思うと、なんともやるせない気持ちになります。一度捨てたゴミは何十年も分解されず、海を汚し続けます。生態系に及ぼす影響はとても深刻です。

写真:日本財団ジャーナルHPより引用

こんな現実が・・・

  • 海洋ごみ問題が深刻化、2050年には魚より海洋ごみの量が多くなると言われている
  • 海洋ごみの7〜8割が街から発生。雨が降った際などに路上のごみが川や水路に流出し、海へ至る

図表:海洋ごみでプラスチックごみが占める割合 日本財団ジャーナルより

海洋ごみの65パーセント以上をプラスチックごみが占める。環境省「海洋ごみをめぐる最近の動向」(平成30年9月)より引用

驚きの数値ですね。海洋ゴミの65%以上がプラスチックごみなのです。
今回の清掃をした亀崎の海浜は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている『亀崎潮干祭の山車行事』で、5輌の山車が海浜に曳き下ろされる人口の砂浜があります。300年を超える昔から続く伝統の祭礼で現在は毎年5月3日・4日に行われます(昨年と今年は新型コロナウイルスの影響により中止)。この伝統行事を未来に託していくにも、今の海辺を守っていかねばなりません。

毎年、5月3日・4日に行われる亀崎地区の春の祭礼・潮干祭
5輌の山車(やまぐるま)が大勢の観光客の前で波打ち際を華麗に進む姿に魅了されます

私たち一人ひとりが地球環境を考え、ゴミのない美しい海辺、大地を未来に託していくためにも、モラルをもってきちんとゴミは持ち帰る、きちんと捨てる、分別をする普段の心がけを忘れないようにしていきたいですね。
来年もぜひ参加したいと思います。

サンドイッチのブランディング|飲食のデザインは面白い

地元知多半島の食材を使った高級カツサンドの誕生

お仕事紹介をしたいと思います。
昨年の夏にお客様より相談がありました。「コロナ禍で、母親がきりもりする喫茶店でテイクアウトのカツサンドを始めようと思ってるんだ。」
話を聞くとどうやら、地元知多半島の食材にこだわったサンドイッチというコンセプトで本気で事業を始めるらしい。そこで、カツサンドのブランディングを始めることになったんです。

知多牛・半田農業高校の豚がメイン食材に

まずはサンドイッチのコンセプトを理解した上でさらにヒアリングをし、商品のこだわりや想定するターゲット、購入する方をイメージしながら試食会に何度も参加させていただきました。さて、その食材はというと、なんと高級な知多牛のヒレ肉と知多半島の豚でも地元半田農業高校の生徒が育てている豚だとか。食にはその背景に必ず物語があるはずです。そんなサンドイッチを実際に食してみるとこれがとても美味しい!肉の旨さがびっくりするほど感じられ、これはイケる!と思いました。
試食をするうちに、ぜひこのサンドイッチを皆さんに食べてもらいたい!という思いが強くなり、全力で協力することになったのです。

まずは試食で実際にカットされるサンドイッチのサイズを測りながら、それを入れるパッケージを検討しました。通常はカツサンドといえば箱に入れて手付きビニール袋に入れてお渡しするようですが、廃プラ問題も考えた結果、紙製の手付きパッケージとすることに。参考例を挙げながら辿り着いたのは2ピース構造の他にはないデザイン。しかも内側にはこだわりの仕掛けが施されています。それはトリック写真が撮れるパッケージ。実際にスマートフォンで撮影する画角からパース(歪み)を考慮し画像ソフトで何度もサンプルを製作しました。写真で見ると分かる通り、擬声語が浮き出て見えます。オーナーの思いは、インスタで遊べるパッケージにしたい、でした。

カットサンプル
制作中のトリック写真サンプル
色校正時のサンプル

さて、ロゴマークの話にも触れたいと思います。母親のお店の名前は「N」。名字のイニシャルのNです。その喫茶店は古くから「Nさん」で親しまれてきました。そのNを現代風にアレンジしたブランドを作ってみようということになり、Nのサンドイッチを略して「Nサン」。Nの円で囲んだシンボルは、Nコード(GPSの座標とは違う地図上の位置を十進法の整数で表した表示方法)のNマークからヒントにしました。ロゴに添えられている数字は実際のNコードです。オーナーとアイデアを出し合った末のアイデアでした。

そんな事でサンドイッチひとつのブランディングにも、とてもこだわりを持って関わることが出来ました。実際にパッケージのサンプルが出来上がり、商品撮影にもこだわりをもってディレクションしています。背景の色紙もパッケージとトーンを合わせて撮影しました。いかがですか?

バック紙選び中
商品写真にもこだわりました

商品は事前予約制にしたので、事前決済できるECサイトにしました。パッケージからロゴ制作、ウェブサイト、LINE公式アカウントに至るまですべてディレクション、デザインしています。折角ですから、実際にサンドイッチを召し上がってみてはいかがでしょうか。
N san. 予約サイト https://n-san.stores.jp/
N san. LINE公式アカウント https://lin.ee/zxyzVf5

今回は実際のお仕事を紹介させていただきました。
新商品のブランディング・デザイン・Web広告や印刷ツールを使ったマーケティングまで、すべて当社にお任せください。

LINE公式アカウント
N san. LINE公式アカウント友だち登録はこちら

知多半島観光情報誌ブランドブック制作裏話〜その1〜

先日、知多半島のおいしいものをコンセプトにした観光情報誌のvol.2が完成したので、その裏話を紹介したいと思います。

情報誌のタイトルは『#おいしゅうございま知多』といいます。通称ブランドブックと呼び、毎号おいしいもののテーマを絞って紹介するもので、パンフレットは知多半島道路の大府PAと阿久比PAに設置されています。今回はフルーツ狩り特集。創刊号は知多半島が誇るブランド牛“知多牛”がテーマで、今では情報コーナーのパンフレットでも一番人気のパンフレットになっているとか。その第2号の発行を目指し、企画がスタートしたのが昨年の10月でした。

企画の中でも、毎号農家さん等の生産者の声を紹介するページには時間をかけます。今号は半田市のウェルハート農園さんと美浜町の萬秀フルーツさん。今年の1月下旬という寒い時期ではありましたが、地元に住みながら知多半島の果樹園に伺うのは初の事であったので、どんなお話が聞けるのか楽しみでした。

まず始めにお邪魔したのはウェルハート農園さん。昨年の5月にオープンしたばかりの新しい果樹園です。ここは田園が広がる半田市の西部に位置し、13,000㎡の敷地内にメインのブルーベリーの他、フェイジョアといった珍しい果物の木が至るところに植えられ、まだ整備中の敷地にはこれからイチジク・柑橘等の苗も植えるとのことで今年の夏にはさまざまなフルーツが楽しめるそうです。

ブルーベリーの栽培ハウスは壮観でした。車椅子やベビーカーでも利用できるエリア内にたくさんのポットが並んでいます。これは『養液栽培』といって、ブルーベリーはたくさんの水を与えないといけない樹木のため、それぞれのポットにチューブで水と養液を常に供給しているそうです。ブルーベリーは結実の時期が違う50品種以上を育てていて、5月〜8月にかけて、さまざまな品種が楽しめるそうです。こちらの農園は摘み取り体験型で、摘み取った果物は量り売りしてくれるので、結果お値打ちに食べられるとか。

たくさんのポットが並ぶブルーベリー農園
右下に見えるのが給水用のチューブ

5月には農園イチオシの高級ブランド“知多のアメジスト”が収穫できるそうで、大きさはなんと500円玉位になるそうです。ぜひ食べてみたいですね。
ウェルハート農園さんの敷地内には、四季の花が楽しめるガーデンや子どもたちに大人気の木製遊具やカブト虫の家、野菜畑等、農園を満喫できる施設が用意されており、休日はふらっと立ち寄ってみると楽しいと思います。視覚障害者を含む農園のメンバーで結成されたアマチュアバンド“グリーンエンジェルズ”が毎週日曜日に公開練習もしていて、5月2日(日)には第2回 音楽祭が開催されるのでぜひ遊びに来てくださいとのこと。

ウェルハート農園さんの情報は公式ホームページをご覧ください。
Facebookページはこちら
インスタグラムはこちら
Google Mapはこちら

次に訪れたのが、株式会社萬秀フルーツさんが運営する観光農園『ちたフルーツビレッジ』です。
ここは美浜町の中央に位置し、美浜ICから西に2分のアクセス。そこには約4,400坪の温室を使って、数多くのフルーツが栽培されています。中でも知多半島で唯一である国産グレープフルーツ国産バナナは必見です。グレープフルーツは国産ならではの無農薬、多品種を栽培しています。日本では殆どグレープフルーツは栽培されておらず、99.9%輸入。そして輸入されるグレープフルーツについてはポストハーベスト(防かび剤)、ワックス処理をはじめとして安全性について様々な問題が言われています。安心できる国産フルーツは注目だと思います。グレープフルーツはオーナー制度により、木をまるごと契約していただき、実が熟すまでの経過を楽しみながら刈り取りを自らするシステム。

ウッドハウスが直売所
温室のためカメラレンズがあっという間に曇ってしまいました
これは“はるか”。日向夏のような甘くて、グレープフルーツの酸味を除いたような味で上品です
完熟直前のブラッドオレンジ

次に入ったのがバナナハウス。ドアを空けた瞬間、亜熱帯のあの熱風が一気に南国に連れてってくれました。ここでもカメラレンズが真っ白に。撮影ができないので、一旦換気をしていただき潜入開始です。
まず感動したのが、バナナの木のジャングル!自分の背丈の何倍もの高さと大きな葉で気分は南国そのもの。メガネも曇りました(笑)。そして、バナナがたわわに実っている姿も人生初!当然熟していないのでバナナは緑色です。
バナナは一年中楽しめるそうです。子どもさんはとっても喜ぶと思います。事前に予約してぜひ訪れてみてください。

このような房が至るところに実っています

萬秀フルーツさんもブルーベリーが楽しめます。約30種類を栽培していて、5月下旬から7月頃まで楽しめます。社長の大崎さんに耳寄りな話を聞きました。ブルーベリーは実は梅雨時の品種が一番美味しいとか。こちらでも500円玉にもなる品種が採れるので、ぜひブルーベリー狩りに出かけてみてはいかがでしょうか。

こんなブルーベリーがそれぞれの農園で楽しめます

農業で地域のために新しい事に挑戦している大崎社長。父のやっていたみかん農園が木に病気が入り全滅、当時珍しい国産グレープフルーツに挑戦し、一からの販路開拓も大変な苦労があったそう。市場に出さずあえて個人(飲食店やケーキ店)向けに販売ルートを探し、ようやく軌道に乗り始めるとバナナに挑戦。安価な輸入フルーツに真っ向から勝負を挑み、遠方に多くの顧客を持つ。輸入グレープフルーツが100円だった時期に400円の国産を販売するのは至難の業。ブランディングから全て挑戦だったとのこと。
昨年からの新型コロナウイルスにより観光客も激減、学校給食で採用も決まっていたのにコロナで全てキャンセル、それでも巣ごもり需要でバナナの苗が男性客に売れるとか、オーナー制度も貢献する等でなんとかコロナ禍を乗り切っている状態。
企業の福利厚生として利用されることも多いので、当社もコロナが収束したら企画してみたいと思います。

ちたフルーツビレッジの詳細はホームページをご覧ください。
Facebookはこちら
インスタグラムはこちら
Google Mapはこちら

農園の紹介はここまで。あとはPAでパンフレットを手にとってご覧いただけると嬉しいです。次回は、パンフレット制作の中でも毎号こだわりをもって作成している表紙について書きたいと思います。

Vol.2の表紙。大府PA・阿久比PAに設置中です。

貼ってはがせるMARVELの壁紙「Decol(デコル)」販売中

今ある壁に、貼って、はがせる。模様替えをもっと自由に。

あのマーベルのキャラクターがあなたのお部屋に!
今の壁紙の上から貼って楽しめる簡単施工の壁紙です。
当社のグループ会社である、プリ・テック株式会社がオンラインストアにて販売しています。

ぜひ、ご覧ください!

■再剥離壁紙「Decol(デコル)」オンラインストア
https://decol.shop

るびあん2022に参加しました

新型コロナ禍での一年ぶりの開催

2月26日に、半田市福祉文化会館(雁宿ホール)にて、2022年春入社対象の地元企業研究フェアに参加しました。
昨年のこの時期は、まさしく新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた頃の開催で、未知のウイルスに怯えながら開催したのを覚えていますが、それから一年、新型コロナは年末年始の第3波の影響で、今年のるびあんの開催は危ぶまれていました。
しかしながら、ここにきて感染者数も減少し少しずつ収束の兆しが見えてきたため、無事開催することができたのは幸いです。

今年は初めてのオンライン会社説明会

現在も緊急事態宣言が発出されており、まだ気を許すことができない状況から、今年は初めてオンライン会社説明会を実施しました。1回の説明会は6名迄、1日に3回の説明会とし、整理券を配布しました。10時30分から1回目の説明会が始まりました。
まず、当社の社長より会社概要・グループの説明を行い、次に先輩社員による会社見学と若手先輩社員へのインタビューを行いました。
学生さんから直接、画面を通し先輩社員へ質問、先輩社員も丁寧に答える場面は、まったく不自由やトラブルも無くスムーズに進行。オンライン形式での説明会に心配はしていましたが、終始楽しい会話も生まれ、これからの新しい説明会のかたちを実証することができました。
この日は工場が稼働していなかったため、事前に撮影しておいた工場の映像も上映。会社に行かずとも、会社の雰囲気を感じ取っていただけたと思います。

学生の皆さん、コロナ禍の中の就活は大変厳しい状況ですが、よりたくさんの企業と出会い、就職内定が決まることを願っています。当社ブースにお越しいただき、ありがとうございました。