曇り空を青空に変える−Photoshopの進化が止まらない−

4月になり、当社のある知多半島も桜から新緑の季節に移ろうとしています。
温暖な知多半島には、豊かな海はもちろん、内陸では農業や畜産、養鶏業も盛んです。そんな四季の移ろいを写真に撮ろうと、先日、取引先様の所有するオーガニック農園に咲く菜の花(菜種を搾取し菜種油を商品化されている)を撮影してまいりました。

春風が心地よい最南端の南知多町。海岸沿いの国道を一本内陸に入ると一面、畑の情景に変わります。お客様と合流し案内をいただいて、車で走ること3分程。そこには一面の菜の花が満開の畑が待っていました。さらに遠くに見えるのが海。その先には対岸の三河・西尾市吉良町あたりです。素晴らしい景色に絶句でした。

有機農業を盛んに取り組まれているお話をお聞きしながら、いよいよ撮影に入ります。
最近手に入れた焦点距離30mmの単焦点レンズを初めて風景写真に使います。使用しているカメラのセンサーサイズがAPS-Cフォーマットなので、35mmフィルム換算だと、45mmになり、よくいわれる標準レンズ(人の目に一番近い画角になる)です。しかも単焦点のピントのキレとボケ味は、ズームレンズには無い魅力。

残念ながら今日は曇天で雲が一面にあり、青空がありません。楽しみにしていたのですが仕方ありません。救いだったのは太陽光は十分注いでいることと、右斜め後ろからの順光。絶好の光です。今回はたくさん撮った中で、畑全景の写真を紹介します。

撮影モードはもちろん、RAW+JPEG。RAWデータはデジタルデータの元データになるので、色補正も自由自在です。JPEGはRAW現像との比較のためです。まず、JPEGが下の写真。

曇天のため菜の花の鮮やかな黄色が出ていません。ちなみに眼下に見える海が傾いているのは畑が傾いているから。
撮影データ:ISO200 30mm f/13 1/160 使用カメラ:α6400

さて、こちらのRAWデータを使用して、Photoshopで加工してみることにします。
曇天のため、若干色温度が低いため少し上げてから露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベルを調整。晴天をイメージして調整します。
仕上げは「自然な彩度」で鮮やかさを調整。一旦、PSD形式で書き出します。

PSDで書き出した画像。空が曇っているので印象がとても悪いです。

さて、ここで試したのがPhotoshopの凄い機能である「空を置き換え」。
これまで、空を合成する際は、透明マスクを使い、非常に細かい作業を時間をかけてやっていたものです。気が狂いそうになります。ですが、Photosop CC2021から実装された「空を置き換え」機能は超便利。あらかじめサンプルで空が用意されていますが、春の空の写真が無いので新たに用意し登録。それが下の写真。

夏空には無い、やわらかな春の写真を用意しました。

この写真を登録し、適用してみると・・・。

ものの5秒程で、AIが勝手に空を合成してくれました。海が消えかかっていたので一旦透明マスクから海の部分を塗りつぶし。

なんということでしょう。青空が簡単に合成されているではありませんか。

不要なレイヤーを修正し、気になった海の部分を手作業で色調整してみます。生成りがかった海と対岸を青色がかった印象にして爽やかさを出してみます。

編集後がこちら。

Photoshopの進化を改めて実感しました。それではビフォーアフターを御覧ください。

曇天と晴天の変化を御覧ください。

いかがでしたか?画像加工の技術もソフトの進化でさらに便利で効率化できる時代です。ですが、まだまだすべてをソフトに任せるわけにはいかず、最後は人間の感性やセンスに委ねられます。それでもここまで来ると、AIがどんどん進化したら、言葉で命令するだけでソフトがやってしまう時代が来そうです。
当社では、プロカメラマンによる写真の撮影から画像のさまざまな加工、さらには発色の良い高品質な印刷物を製作します。作品集や写真集の製作も承ります。是非お気軽にご相談ください。

るびあん合同会社説明会に参加しました

3月3日に知多半島の企業が41社一堂に集まる『るびあん2023 合同会社説明会』があり、当社も参加してきました。

今年は、会社の雰囲気を知ってもらうことを一番に、女性社員がナビゲーターとして会社内を紹介する動画を制作してみました。

学生には仕事中の風景がしっかり伝えられたと思います。やはり動画は伝える手段として今はマストなツールですよね。

さあ、いよいよ採用活動が始まります。当社も今月に会社見学と説明会を予定しています。エントリーを希望の学生さんには、ぜひお越しくださいね。

日時:3月15日(火)AM10時〜12時
   3月16日(水)AM10時〜12時
予約はマイナビからお願いします。

2023年度新卒向け会社説明会を行います

来春卒業の学生を対象とした、会社説明会の日程が決まりました。

日時:3月15日(火) AM10時〜12時
   3月16日(水) AM10時〜12時
場所:半田中央印刷株式会社 半田市潮干町1番地の21

詳細は後日、プリ・テックグループサイト 採用ページに掲載いたします。

半田市公式ECサイト「いいかも半田セレクト」が期間限定でオープンします!

半田市の物産品が6週間、毎週お得なキャンペーンで購入できる、あいち・はんだ物産品お取り寄せサイト「いいかも半田セレクト」が2月7日に開設されます。

期間中、毎週月曜日の9時にスタートする30%OFFキャンペーンを実施します。
また、購入者の中から毎週抽選で10名様に半田の物産品詰め合わせ5,000円相当も当たります。
詳細は、半田市観光協会の特設サイトをご覧ください。

当社も、知多四国霊場巡拝用品を出品しますので、ぜひこの機会にお求めください。
納経帳や教本等がセットになった商品を限定でご用意しました。さらに通常価格よりなんと30%OFF(送料込)ですので、とってもお得です。
知多四国めぐりを始めようと思っている方は必見です!
但し、販売は2週目の14日からのスタートになります。

このキャンペーンは、毎週売上の上限が決まっており、上限に達したら翌週の月曜日に改めてキャンペーンがスタートしますので、購入が集中すると買えなくなることも予想されます(6週間で総額2,500万円が上限)。
3月14日の週が最終です。ぜひ半田の魅力ある商品を見つけてみてくださいね。

産業観光としての印刷会社の工場見学

当社のある半田市潮干町を歩きながらそこに集積する企業を見学してみようという企画で、半田市観光ガイド協会様主催による見学会が11月20日に当社にて行われました。
今回は、一般から募集した20名程と観光ガイド協会の方々総勢40名程を2グループに分けて受け入れさせていただきました。

尚、以下の写真は事前に許可を得て掲載させていただいております。

社長から挨拶と、当社の歴史をお伝えしました。
知多四国八十八ヵ所巡拝用品の一つ、納経帳は当社が出版しています(明治26年4月発売)
最新設備であるH-UV4C印刷機を見学
印刷スピードの速さに驚きの様子
印刷物の加工の一つ、折り機も実演。様々な折りを紹介しました
皆さん、驚きの連続でした
製本機の実演。冊子の出来上がる仕組みを説明しています。
エントランスに展示されている明治〜昭和初期の数々の印刷機や、木版・石版・活字棚といったアナログ時代の貴重な展示に皆さん撮影タイム

当社は明治19年に半田市の本町にて印刷業を創業した後、平成4年9月に現潮干町に移転して以来、印刷業としては130年を超える年月の中で、地域に根ざした印刷会社として今に至ります。
このコロナ禍においてしばらく見学会を行えませんでしたが、この度久しぶりの見学会が無事行えましたことに嬉しく思いました。企画をいただいた観光ガイド協会様に感謝申し上げます。

普段、印刷物を当たり前のように手にとっている私たちは、その印刷物がどう作られていくのか見ることは出来ないですし、見るチャンスも無いでしょう。
そんな印刷物の製造工程を間近に見ることができたことで、見学された方はとても興味深く、真剣に見学していかれました。