印刷オペレーターが刷版出力。無処理版導入のメリットデメリットとは。

無処理版とは現像処理を印刷工程の前に行わなくても良い刷版のことです。
この無処理版、10年以上前から出ていましたが最近、急速に導入する会社が増えてきているようです。出始めた頃はトラブル、問題点をよく耳にすることがありました。
10年以上経った今、現状はどうなのでしょうか?
私たちも導入の際、印刷物や印刷機に不具合が起こらないか、カラーマッチングは大丈夫か?と不安要素はたくさんありました。なので導入が決まってから特にトラブルに対しての情報収集に力を入れました。刷版メーカーさんに立ち会ってもらいテストも何度か行いました。。メリット、デメリットを調べるといろいろ出てくると思いますが私たちの経験した現状を挙げたいと思います。

メリット
  ・現像液を使わないので廃液が出ない
  ・現像装置のメンテナンス、清掃作業がなくなる
  ・現像工程がない分、刷版出力の時間が短縮される
  ・版キズが付きにくい
  ・網点がシャープに出る
  ・機上現像なので印刷機の状態不良に早く気付くことができる

有処理版                    無処理版

デメリット
  ・上の写真のように視認性が悪い
  ・刷版代が若干、高くなる
  ・機上現像のため、ヤレ紙が若干、増える

という感じですが実際に作業してみると圧倒的にメリットの方が多く、デメリットは余り気にならなくなりました。コスト面では刷版代が若干、高くなっても現像液代と廃液の処分代の方が高かったので抑えることができました。廃液が出ないので地球環境、SDGsにも貢献できます。あと現像液のメンテナンス、清掃作業がいらないというのは印刷オペレーターが扱うには大変メリットがありますね。印刷オペレーターは印刷機のメンテナンスという大事な役割を持っているわけですので今まで通りそちらに集中することができます。ただ、最大のデメリットは視認性の悪さです。これはどうにもなりませんが、無処理版になってから視認性が悪いがために版をよく確認するようになり刷版の付け間違いが、かえって減りました。デメリットが良い方に転んだ感じですね。というわけで今のところ順調立ち上がっている状況です。

無処理版を導入予定の印刷会社様の工場見学

そして、無処理版を導入して1年足らずで刷版メーカーさんからの依頼により上手く立ち上がった良い事例として2社、見学に来て頂きました。私たちも情報共有の場としてまた勉強させて頂くチャンスと捉えて積極的に見学に来て頂いています。
これからも印刷技術を磨き、しっかりと設備を維持管理し、また刷版メーカーさんより依頼されるような工場であり続けたいですね。

印刷会社における化学物質のリスクアセスメント①

2011年9月 取り組み開始

半田中央印刷では10年前に顧問から危険な化学物質を使ってることを指摘されて
から改善活動を通じて健康的職場作りに取り組んでいます。
顧問に指摘されるまでは市販されている有機溶剤は安全なものであると思い込んで
いたため全く無頓着でした。そこで顧問による有機溶剤を理解するための勉強会
から始まりました。

しかし、この時点ではまだ我が身に危険が降りかかっているという危機感があまりなく知識は得ても直ぐに行動には移らず、ゆっくり代替の有機溶剤を探している状況でした。そんな矢先に下の写真の報道がありました。

2012年5月 印刷会社で有機溶剤が原因による胆管がんの報道


記事の中にジクロロメタンとあります。私たちは長年にわたり、この化学物質が含まれる洗浄剤を使用していました。なんとジクロロメタンは顧問の勉強会で早く使用を止めるよう指摘された化学物質だったのです。
この時に初めて危機感を持ち、すぐに行動に移さなかったことを反省し、早急に
化学物質のリスクアセスメントに取り組むことにしました。

次回以降はその後10年間の取り組みを紹介していきます。