これはオススメ! フルカラーデジタル印刷で魅せる段ボール什器、開梱してそのまま陳列できるパッケージ

コロナの感染状況が落ち着きをみせ、先日久しぶりにリアルの展示会に出展してまいりました。
1コマお試し出展。予算も限られ、なるべく低コストでブースを制作するために選択したのは、「段ボールシート」。
通常段ボールに印刷をする場合、フレキソ印刷方式での印刷が主流です。
フレキソ印刷とはゴム製の凸版を使用し主に水性インキで印刷をする方式です。
精密な表現には向かず、簡易な絵柄の印刷に適しています。

この壁面、段ボールシートでできています

今回使用したのは、インクジェットデジタル印刷機。
大判の段ボール用紙に精緻な印刷ができる優れものです。
展示ブースの壁面と装飾用の正方形パッケージを制作しました。
段ボールなので、展示会終了後は古紙回収され製紙原料としてリサイクルされます。
環境負荷も小さく、SDGsへの取り組みとしても適しています。

こちらの段ボールブース、パートナーさんが導入した最新鋭の段ボール用のフルカラーデジタル印刷機で印刷。

その特徴は次の3つです。

01 高速印刷で高い生産性を実現

インクヘッド技術の向上により、これまで低速でしか対応出来なかった高品質な印刷でも高速での対応が可能になりました。
また下地処理や印刷後のニスがけも1工程内で瞬時に完了出来るため、従来機よりも高い生産性と美粧性を両立しています。

02 環境にやさしい水性インク

従来のデジタル印刷機で多く使用されていたUVインクは溶剤を含むため、特有の匂いが発生していました。
こちらのマシンでは環境にやさしく匂いのない水性インクを使用するため、青果物の梱包箱や肌に触れる製品の梱包などにも安心して使用が可能です。

03 大判の印刷物にも対応

最大紙寸法がW1600mm×L2800mmと非常に大きいため、大小さまざまな梱包箱はもちろん、販促用POP、イベント看板などこれまで段ボールでは対応しにくかった大型印刷物の生産も可能になりました。

デジタルインクジェット印刷による段ボールケース。
海外では流通業界での使用が増えているようです。
量販店などで人手不足への対策として、商品を段ボールのまま陳列することが多いということです。
確かに包んで運ぶための段ボールがきちんとデザインされていれば、そのまま店頭什器になります。
そのまま開梱するだけですから、棚出しの手間も省けます。

フルカラーデジタル印刷で段ボール制作、
検討されてみてはいかがでしょうか?

産業観光としての印刷会社の工場見学

当社のある半田市潮干町を歩きながらそこに集積する企業を見学してみようという企画で、半田市観光ガイド協会様主催による見学会が11月20日に当社にて行われました。
今回は、一般から募集した20名程と観光ガイド協会の方々総勢40名程を2グループに分けて受け入れさせていただきました。

尚、以下の写真は事前に許可を得て掲載させていただいております。

社長から挨拶と、当社の歴史をお伝えしました。
知多四国八十八ヵ所巡拝用品の一つ、納経帳は当社が出版しています(明治26年4月発売)
最新設備であるH-UV4C印刷機を見学
印刷スピードの速さに驚きの様子
印刷物の加工の一つ、折り機も実演。様々な折りを紹介しました
皆さん、驚きの連続でした
製本機の実演。冊子の出来上がる仕組みを説明しています。
エントランスに展示されている明治〜昭和初期の数々の印刷機や、木版・石版・活字棚といったアナログ時代の貴重な展示に皆さん撮影タイム

当社は明治19年に半田市の本町にて印刷業を創業した後、平成4年9月に現潮干町に移転して以来、印刷業としては130年を超える年月の中で、地域に根ざした印刷会社として今に至ります。
このコロナ禍においてしばらく見学会を行えませんでしたが、この度久しぶりの見学会が無事行えましたことに嬉しく思いました。企画をいただいた観光ガイド協会様に感謝申し上げます。

普段、印刷物を当たり前のように手にとっている私たちは、その印刷物がどう作られていくのか見ることは出来ないですし、見るチャンスも無いでしょう。
そんな印刷物の製造工程を間近に見ることができたことで、見学された方はとても興味深く、真剣に見学していかれました。

春の芽出しに備えて芝刈りをしました(刈り止め)

庭園管理

当社の緑地には高麗芝の上にケヤキ、カシ、サツキ、ドウダンツツジ、クロガネモチ、ナンテン、ヤマモモ、ユズリハ、エゴノキ、マテバシイ、そして生け垣にサザンカを植えています。樹齢はすべて30年以上です。植栽管理はケヤキなど高木の剪定は業者に依頼しますが、中低木と芝の管理は社員が行っています。
芝の面積は約200平米あり、管理(草取り、芝刈り)が大変です。

紅葉したドウダンツツジと刈り揃えた高麗芝

草取りは全社員で行い、芝刈りは緑を愛する社員ボランティアが行っています。

緑を愛する社員

今年も冬枯れ前の11月上旬に芝刈りをしました。芝の成長は11月頃から止まるそうでこの時期に芝刈りをすることが良いようです。これで刈り止めにし、春まで草取りで手入れをし、来春の芽出しに備えます。

メッセナゴヤ出展します!QRコードを活用してDMの効果を可視化します

昨年はリアルでの開催は無かったのですが、今年はリアルとオンラインのハイブリッド開催となっています。当社はリアルでブースを展開しておりますので、お時間ございましたら是非ご来場ください。

【メッセナゴヤ2021開催日程】

2021年11月10(水)~13日(土)

10:00~17:00(13日は16:00まで)
名古屋市国際展示場 ポートメッセなごや にて

【当社出展ブース】 1B-81

当社のブースでは QRコードの読み取りをリアルタイムに記録できる『リアルタイムQR』というサービスを紹介しております。
DMに活用することでユーザーのホットリードをキャッチし、最高のタイミングでアプローチが可能なサービスです。

特設サイトはこちら 

ブースにデモンストレーション用のDMサンプルを用意しておりますので、実際にご自身のスマホで読み取って頂き、どのようにアクセスログが記録されるかを体験して頂けます。

「気になるけど何からお願いしたら良いかわからない」といった場合でも、企画・デザインからご提案が可能ですのでお気軽にスタッフまでお問合せください。

余談ですが当社のブースは「段ボール」で出来ています!とても軽いので少人数でも楽に施工ができ、また使用後は畳んで保管も可能です。段ボールなら木工に比べて安価で、印刷もできます。さらにリサイクルが簡単なのも特徴です。 お越しの際は、ぜひブースにもご注目ください!

送りっぱなしになっていませんか? 「QRコード」でDMの効果を見える化。

減少傾向の強い紙メディアのなかで費用対効果が見直されているDM(ダイレクトメール)。
広告メディアとしてのDMは、到達率や開封率でもともとメリットの大きなメディア。
一般的に電子メールの開封率2割程度に比べ、DMの開封率は7割を超え確実に情報を届けられることが、日本ダイレクトメール協会の調査で報告されています。

そのDM、コロナ禍の特徴的な傾向となっているのが、「デジタルとの橋渡しがきちんと設計されている」ことです。
販促の接点がチラシなどの紙からデジタルに置き換わってきているのは疑いようのない事実ですが、デジタル系のコミュニケーションの中に、DMを混ぜてデジタルとの一体運用をすることが成果をあげる上でポイントとなるようです。

また、せっかく郵便物が手元に直接届くので、特別なオファーであったり、プレミアム進呈企画など、受け取り手が心理的な満足感を得られるように企画をしておきたいところです。

ところで、デジタル系のコミュニケーションの中で一体運用というと難しく考えがちです。
費用対効果を可視化するツールとしてMA(マーケティングオートメーション)が様々な会社からサービス提供されています。
ただ費用もかかるし使いこなすのは難しいです。
MAツールまでは過剰スペックという皆様に簡単な方法をご紹介いたします。

それは
お客様お一人おひとりに異なるQRコードを印刷してDMをお送りするという方法です。
ポイントは一人一人異なるQRコードを可変で印刷するということです。
そしてそれを発送リストと紐付けをしておくということになります。

DM送付後のお客様のアクセス状況を見える化できれば、その後のフォローを行いやすくなります。
アクセスがあったということは、DMの情報に関心を持っていただいたお客様と想定することができます。
アクセスがあった方から優先してフォローのコールをすれば、電話のストレスも和らぎますね。

弊社では
DMの効果を可視化する新サービス「リアルタイムQR」を販売開始いたしました。
DMを受け取るお客様お一人おひとりに固有のQRコードを印刷して発送、そこからのアクセス記録を発送者様に定期的にお渡しします。
アクセス毎に指定されたメールアドレスに送られるように設定も可能です。

例えば不動産、塾・習い事、振袖、株式投資、カーディーラーなど、DM発送後フォローの架電を行う会社様には、特に採用いただきたいサービスです。
反応のあったお客様から架電をしていけば、効率よく成果につながりやすくなります。そもそも関心のあるお客様宛なので架電を行う社員の皆様の心理的なストレスの軽減につながります。

詳しくはこちら ↓