CO2排出量の見える化と削減への取り組み。中小企業が現実的にできることは。

CO2排出削減への動きが活発になっています。
気候変動に関する首脳会議では、日本は2013年比46%削減。2050年実質ゼロという目標を掲げました。
気候変動によって農作物を作る場所が変わる可能性や、従来の観光地が観光地でなくなってしまうことも予想されていますが、
グローバルで見ると、海抜の低い島々が水没したり、自然災害の大規模化につながったり、非常に大きな影響があることへの危機感がその背景にあるのでしょう。
国内でも梅雨時や台風シーズンの雨の降り方が変わってきて、豪雨による被害が深刻になってきています。

地球温暖化には様々な要因が絡みあっているということですが、「20世紀半ば以降の地球温暖化は、人間活動が主な要因である可能性が95%」(国連気候変動に関する政府間パネル報告書)ということで、その中でも二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が主要因だということは間違いなさそうです。

当社のような小さな会社でも生産設備もありますし、それなりにCO2を排出します。
かつてThink Grobal Act Localという言葉が流行りましたが、自分たちにできることをやらないといけないのだと思います。

では事業活動でどれくらいのCO2を排出しているのでしょう。

エネルギー・経済統計要覧によると、人類が1年間に排出する二酸化炭素の量は
33,000,000,000t(330億t)と言われています。
そのうち日本は3.2%ということだそうで、約1,000,000,000(10億t)。

当社の排出量はどれくらいか。
計算できる便利なサイトが、カシオ計算機さんから公開されていました。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1192427170

こちらのサイトを利用させていただいて、事業活動によって排出されるCO2量を計算してみました。

すると当社の1ヶ月あたりCO2排出量は12,573kg
年間で150tほど排出している計算になります。
(家庭平均で年間2.7tなので約55世帯分)

ちなみにこちら、電力、燃料(ガソリン・軽油)、灯油、プロパンガス、都市ガスの使用量にそれぞれ係数をかけて計算上算出するものです。
原材料の製造によって排出されるCO2は計算できず省いています。

どうやったら減らせるか
屋上に設置してある太陽光パネルによる発電量が年間32000kwあります。
これを自家利用できればCO2を年間11t減らせそうです。
それでも7%減
安易に「すべてをグリーンエネルギーで賄います」とはいかないですね。
すべて太陽光パネルでやろうとすると、設置面積と数量が必要で、費用はもちろん新たな環境問題の種になりそうです。

車を全て燃費の良いハイブリッドに変えると、計算上は12.5t減。
こちらは可能性はあります。

カーボンオフセットという概念もあります
どうしても削減できないものを、他の場所での削減や吸収量で埋め合わせを行うというものです。
例えば木を植えるプロジェクトに参加したり資金を提供するといったことです。

ちなみに樹木のCO2吸収量はどれくらいかというと
林野庁HPによると、1haに1000本のスギが育成されている状態として、樹齢40年程度のスギ人工林で1haあたり8.8t/年間。
林野庁HPより

概ね森林1haで3世帯分の排出量を吸収している計算になります。

当社の排出量をカーボンニュートラルにしようとすれば17haの管理された人工林が毎年必要になるということになります。ちなみに17haは東京ドーム約3.5個分です。

樹齢40年程度の人工林を毎年17ha増やす。なかなか難しいですね。
CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度もあります。カーボオフセットを推進するための現実的な取り組みと言えそうです。

J-クレジット制度

自治体を中心にカーボンオフセット可能な様々なプロジェクトが設定されていますのでこういう活用の検討をしつつ、当面は適切にコスト管理をしながら機械のリプレイスや社用車の入れ替えを計り、地道に減らす努力を続けることになりそうです。

【まずはやってみる】店舗がGoogleマイビジネスを絶対にやったほうが良い3つの理由

半田中央印刷の営業グループ Tですこんにちわ。

皆様スマホ使っていますか?もちろん使っていますよね、便利ですよね。
私もスマホなしでは生きていけない生活になっています。

では、皆様Googleは使っていますか?
一般に、日本人口の半数以上がGoogleを利用していると言われています。

お客様から「検索で優位になるようにしたいが、何をしたら良いのかわからない」とご相談を頂くことがよくあります。SEO対策やリスティング広告など手法は様々有りますが、いずれも時間と費用がかかります。
「何かやらなきゃいけないけど、費用がかけられない・・・」とお悩みの方は多いと思いますので、今回はgoogleのサービスを活用し、まず『自分で』『簡単に』『無料で』検索結果の改善ができる方法をご紹介します。
※注意:集客アップが保証できるものではありませんが、やってみて絶対に損は無いと思います

【ことば】SEO対策とは
検索エンジン最適化(サーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略)で、googleやyahooなど検索エンジンの検索結果において、特定のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトの構成などを調整すること。その手法の総称。

【まずはやってみる】店舗がGoogleマイビジネスを絶対にやったほうが良い3つの理由

【はじめに】Googleマイビジネスとは?
—————————————————————————————–

【ことば】Googleマイビジネス
Google マイビジネスは、Google 検索や Google マップなど Google のサービスにビジネスやお店などの情報を表示し、管理するための無料のツールのこと。

Googleで検索をしたときに、こんな感じで探しているお店が表示されることがあります。

これはGoogleが「あなたが探しているのはここですよね」というように、ユーザーが欲しい情報を表示しています。住所や営業時間、写真などが表示される仕組みですが、Googleマイビジネスを使ったことが無い方は「どこかの誰かが親切で更新してくれているんだろうな」と思ってはいませんか?そんな方のお店には、こんな表示があると思います。

この表示があると「どこかの親切な人」が住所や営業時間を入れてくれている状態です。ありがたいですね。

・・・でも、その情報って本当に正しいですか?

この情報を「オーナー権限」を使って更新する、それがGoogleマイビジネスのはじめの一歩です。
※Googleマイビジネスにはユーザー分析など様々な機能がありますが、当記事ではあくまで『はじめの一歩』として解説します

Googleマイビジネスを絶対にやったほうが良い理由 その①
—————————————————————————————–

もうお分かりだと思いますが、『正しい情報』はお店が持っています。

例えば「営業時間が変更になった」「新しいサービスを始めた」などお店に変化があったときに、情報が古いままでは検索した方が困ってしまいます。

とりあえず、この先を読む前に一度お店を検索をしてみましょう。

Googleマイビジネスを絶対にやったほうが良い理由 その②
—————————————————————————————–

Googleマイビジネスの利用は『無料』です。

営業時間や電話番号など色々な情報が掲載されていて便利なこの機能ですが、なんと無料です。「タダより怖いものはない」より「タダならとりあえずやってみよう」です。

多少の手間はかかりますが、やらないことで機会の損失が起きることの方が、タダより怖いと思いませんか?

※有料プランもありますが、初めからは必要ないと思います

Googleマイビジネスを絶対にやったほうが良い理由 その③
—————————————————————————————–

重要な要素として『口コミ』があります。この口コミには良い意見も、悪い意見も書かれます。これはユーザーが投稿するため、オーナー側でコントロールすることはできません。但しオーナー権限があれば、お店として口コミへの返信ができます。

一生懸命やっているお店なのに、ネガティブな口コミ投稿がされることもあります。そんなときには、例えば「貴重なご意見を頂きありがとうございます、今後の店舗運営に活かし、お客様にご満足いただけるよう努めます」と返事をすれば、それを見た他のユーザーにも「きちんと対応しているお店」と認識されます。

逆に良い口コミを投稿してくれた方にもきちんとお礼を返信して、お店のファンとなってもらえるような働きかけをしましょう。画面の文字の先に人がいるとアピールできることは、安心感や満足感につながります。

Googleマイビジネスのはじめ方【お店がGoogleマップにある場合】
—————————————————————————————–

それではどのように登録をしていったらよいか、簡単に解説をします。なお、登録開始までたどり着けば、あとは指示された項目に従って進めていけば登録がされますので、とりあえずやってみてください。

まずは自分のお店がGoogleマップ上にあるかどうか調べてみましょう。
ある場合は以下のように表示がされます。 

「これを見ているあなたは、この場所のビジネスオーナーですか?」と聞かれています。ビジネスオーナーの場合はクリックして先に進み、オーナーとして登録を進めます。

Googleマイビジネスのやり方【お店がGoogleマップにない場合】
—————————————————————————————–

上記の要領で調べてもお店が出てこなかった場合は、マップ上に位置を指定してお店の登録から始めます。お店の位置をクリックすると、ピン(位置を示すマーク)が表示されます。右クリックで以下のようなメニューが表示されます。

『地図に載っていない場所を追加』を選択し、お店の場所を登録することから始めます。

どちらの場合も、あとは指示に従って必要な情報を入力していきます。その際にGoogleアカウントが必要になりますので、ログインできる状態にしておくか、無い場合はアカウント登録が必要になります。

その後の管理画面には様々な項目がありますので、必要な情報を入力していきます。お店の情報は左側の『情報』にありますので、まずはそこを入力して登録を行いましょう。

この管理画面では、ユーザーのアクセスや反応の分析行いますが、解説すると長くなってしまうので今回は省略します。

まとめ
—————————————————————————————–

Googleは『世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること』を使命として掲げています。徹底したユーザーファーストの概念は、「正しい情報」に正当な評価を与えて、人々に届くように働きます。つまり「ユーザーが求める情報」をきちんと掲載することが、結果的に検索に影響するということです。

この考え方はSEO対策などでも同じことですが、まずはできることからやってみてはいかがでしょうか。今回の記事、私はお店目線で書きましたが、もちろん企業でも意味がありますので、ぜひ活用をしてみてください。

最後に、Googleが公開しているヒントを少し記載します。
・モバイルユーザーの87%がレストランに行く前に検索をしている
・2018年以降は検索でローカル情報がメインに表示されるようになった(それ以前はぐるなび・食べログなどであった)
・位置情報や時間帯により検索結果が変わる

—————————————————————————————–

当社でもSEO対策・各種インターネット広告手配・WEB制作などを行っております。
お困りごとがあればこちらからお気軽にご連絡ください。

それではまた!
(記載の情報は2021年7月のものです)

卓上カレンダーをつくるなら12月始まりがおすすめ。その理由とは。

年末の営業活動としてカレンダーを活用する企業は多いと思います。
最近は、壁掛けタイプのカレンダーよりもデスクにおいてもらえる「卓上カレンダー」の方が喜ばれるようです。

使われ方も様々。
締め切りなどを書き込んでタスク管理に使っている人もいれば、スタッフの誕生日を書き込んでいる人も。
お休みの日に○印をする人もいますね。
付箋を貼ってToDo管理に使用する方もいます。

オリジナルでつくるなら
書き込みができるように日玉の大きなデザインにすることが重要です。

さらにこの卓上カレンダー、営業的に活用するなら
「12月始まり」にするのがおすすめです。

通常カレンダーは年末の掃除の時に来年のものに交換する人が多いようです。
でもそれは「取引先からもらうのが年末だから」です。

営業的に使用するなら
早めにお客様のデスクをジャックできるように12月始まりにしましょう。
配布も「ちょっと早いのですが…」と笑顔で言いながら11月中に配り切ってしまうのです。一度使用し始めたオフィスの卓上カレンダーを、後から取り替える人はあまりいません。
年末挨拶用のツールがなくなるのが不安ならメモ帳やタオルなど挨拶用のツールを別につくりましょう。
目的は「お客様のキーマンのデスクでカレンダーとして1年間活躍してもらう」ことです。

会社のPRも控えめに
「〜〜なら◯◯株式会社へ、相談はお気軽に!」
とか電話番号を入れたくなるところですが、それはやめた方が良いです。
相手が使いやすいことに配慮して
以下のポイントに配慮して制作されることをおすすめします。
 ・デザインは品よくシンプルに
 ・色使いは明るく楽しく
 ・書き込みやすく
 ・PRが少ない(PRはSDGs程度に抑える)

せっかく営業的に使用するためにコストをかけるなら、少しでも効果のあがるものを作成しましょう。

石灰石由来の新素材「LIMEX」でつくった卓上カレンダーならこちら
弊社LIMEXカレンダー特設サイト

印刷会社における化学物質のリスクアセスメント③

化学物質を取り扱うにおいて忘れてはいけない大切なことは法規要求事項の遵守です。当時、私たちが知らなかったこと、守れていなかったところの話です。

1.半田医師会健康管理センターの作業環境測定士による作業環境測定を実施しました。
 第2種有機溶剤、当社であればジクロロメタン、IPAを使用していたため半年ごとの
 作業環境測定をする必要がありました。

2.有機溶剤作業主任者講習の受講と主任者の任命
 当時、一人も受講したものがいませんでしたがこれをきっかけに毎年のように
有機溶剤を扱う者が受講し修了しています。

3.工場内に有機溶剤に関する注意表示をする。

現在、黄色の第2種有機溶剤等の表示は外してあります。今になって思えば黄色の看板を取り付ける前に第2種有機溶剤の使用やめることの方が大事なことでしたね。
当時のことを振り返り、自分にとっても復習になりましたが本当に大切なのは、
この先の定着させるための管理だと思います。次回は定着、管理、アップデートなどについての話をしたいですね。


石灰石由来の新素材「LIMEX」で、卓上タイプのSDGsカレンダー

今年も半年が過ぎ、そろそろ年末のご挨拶商材の企画についてちらほら話題に登りだす頃ではないでしょうか。

「お客様が楽しみにしているのでいつもと同じ」

もいいのですが、
長引くコロナ禍の影響もあり考え方や価値観に変化を感じることはありませんか。
これまでの商習慣を見直したり、いつもと同じで本当に良いのかどうか考える時期にきているのではないでしょうか。

年末ご挨拶用のカレンダーもその一つ。

年末の営業活動としてカレンダーを作成して配布する企業はまだまだ多いです。しかしその大半が使いにくい壁掛けカレンダー。
もらった側では、事務所で使用して、家庭で使えるように社員にも配って。それでも余ってしまったカレンダーが使用されずに大量に廃棄されているのが現状です。

当社では壁掛けカレンダーよりも個人ユースで使いやすく、廃棄されにくい卓上カレンダーをおすすめしています。

素材も、今話題のLIMEX(石灰石由来の新素材)を使用し、環境負荷低減への取り組みをアピールするのに適しています。(LIMEXは原料として木を使用しないことはもちろん、製造工程において水もほとんど使用しません)
ちなみにシートもケースもすべてLIMEXでできています。

こちらの写真は当社の規格商品です。
サイズは高さ125mm×幅180mm。
表紙も含めて7枚。(14ページ:表紙+旧12月+新1月〜12月)
弊社のSDGs取り組みはSDGs17のゴールのうち12項目に対応していますので、新1月〜12月の12枚を使用してSDGsの取り組みを周知しています。

社内向けにも、デスクにおいたカレンダーで社員への周知をすることができます。

いかがでしょうか。
SDGsへの取り組みは中小企業にとっても不可欠になりつつあります。
今年の年末は卓上タイプのSDGsカレンダーを配布し、会社の取り組みや企業姿勢のPRをしてみませんか。

弊社LIMEXカレンダー特設サイトはこちら