SDGsへの半田中央印刷の取り組み(地方の印刷会社ができること)

地方の印刷会社は伝統的に地域貢献に前向きな会社が多いと思います。
弊社も「愛知型 地域に愛される企業賞」を受賞するなど、昔から地域貢献には積極的な方です。
私見ですが、「印刷」という事業が地域における社会課題を解決するために始まっていることと無関係ではないと思います。

印刷物製造を通じて貢献してきたこととは「情報伝達」です。
弊社でいえば、過去にブログに記しましたが、明治期印刷の「度量衡の換算表」などはまさに社会課題を解決するために出版されたものにあたるのではないかと思います。

紙メディアの減少傾向には歯止めがかからず、印刷業を取り巻く経営環境はまさにどしゃ降りと言える状況ですが、「情報伝達を通じて社会課題の解決」という本質を忘れなければ打開の糸口はあるはずです。

さて、今回はSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の話。
国連で採択されて以来、SDGsを志向した経営が求められるようになり、中小企業といえども無視できない時代になってきています。
弊社は先述の通り地域貢献には前向きに取り組んできておりますが、これらの活動をSDGsに当てはめるとどうなるかという視点から捉え直してみました。

2021年1月に会社の取り組みとして掲げさせていただきました。
17の目標のうち12の項目についてSDGsと連携した取り組みを行なっていきます。

SDGsへの取り組み(半田中央印刷株式会社)

産業文化の伝承と地域の社会学習への機会提供を行います。

●地域活性イベントへ積極的に参画、活版印刷ワークショップなどの機会を通じて産業文化の伝承を行います。
●地域の方対象の会社見学会のほか、小中学生に職場体験の場を提供します。

再生可能エネルギーの活用に努めます。

●社屋の屋上に太陽光パネルを設置し、再生可能エネルギーの活用に努めています。

地域の観光資源開発に取り組みます。

●地元亀崎の各家庭に古くから伝わる伝統食「串あさり」を地元産品として商品化します。

中小事業者、各種団体の活動支援に取り組みます。

●地域のためのクラウドファンディングを運営し、中小事業者や各種団体が共感をベースに持続的な活動が行えるよう支援します。


多様性を尊重し差別的な規則、慣行を撤廃します。

●法令遵守、人権尊重の視点にたち、機会均等を確保し、成果の不平等を是正します。

安全で安心して生活できる地域の実現に取り組みます。

●防犯CSR推進宣言を行い、地域の安全確保に資する活動を行います。
●地域の清掃活動に参加し、街の清潔維持向上に努めます。

環境と社員の健康への悪影響を最小化します。

●グリーンプリンティング認定工場として環境負荷の継続的低減に努めます。
●化学物質および廃棄物の適切な管理を行い減量化に努めます。

CO2削減に配慮した商材を積極的に活用します。

●名刺には木を使わない石灰石から作られた紙を使用することで、森林伐採を抑制しCO2削減に貢献します。
●上記の石灰石由来の商材をお客様に提案し、活用促進に努めます。

海岸の廃棄物削減に努めます。

●市主催の水辺クリーンアップ大作戦に参加し、清掃活動を通じて海岸の廃棄物削減に努めます。

森林資源の適切な管理に努めます。

●2020年度中に森林認証を取得し、森林資源の持続的な経営に貢献します。

差別や不正のない経営を行います。

●法令を遵守し社会倫理に照らし、正しい経営を行います。
●地域貢献につながることは積極的に取り組みます。

様々なパートナーと課題を共有し協働に取り組みます。

●防犯CSR推進会議に参加し、安全なまちづくりに取り組む各社各団体と連携します。
●官公庁および地域社会とのパートナーシップを推進します。



半田市でおすすめの観光名所「矢勝川」を散歩してみた(6月編)

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今年は例年より3週間早い梅雨入りだとか……そんな梅雨の合間を縫って半田市の観光名所「矢勝川」を散歩してきました。

「矢勝川周辺」と言えば、半田市出身の童話作家「新美南吉」の代表作「ごんぎつね」の舞台となった地域です。「新美南吉記念館」や「新美南吉の生家」も周辺にあり、南吉の世界観を満喫できるエリアとなっています。

また、秋になると矢勝川沿い約2kmにわたって300万本以上の彼岸花が咲き誇り、全国からの観光客でにぎわいます。堤防沿いが真っ赤に染まる絶景は一見の価値ありです。

さて、この時期はどうかというと……
田植えを終えた、水の張られたのどかな田園風景が広がっておりました。グリーン効果でこころ癒されますね。

昨日はボランティアによる、田んぼアートの田植えがあったようでこちらも秋頃からが見頃となるそうです。

新美南吉のふるさとということだけあって、堤防沿いには様々な南吉に関連したものがありました。「ごんの橋」「ごんの飛び石」「ごんと撮れるフォトスポット」などなど。草むらからごんが出てきてもおかしくない、自然にあふれた里山を満喫できました!

そして、自分なりの発見もありました。
「ブロック模様」「階段」「カメ」「飛び石」
これは、世界的に有名なゲームの世界観!!

南吉の想像力にあやかって
自由な視点で散歩するのも楽しいかもしれませんね。
ココロが1UPできるかも!

【MD情報】アフターコロナの消費拡大期に備える 〜与件の整理〜

ワクチンの接種が進んできて、インド型変異株の脅威はあるものの、少しずつ光が見えてきた状況下と思います。
全国65歳以上高齢者の接種割合も、6月22日現在で49.28%と約半数の方が接種を終え、2回目を終えた方も約16%ということです。
7月末までに65歳以上の高齢者に接種が完了する目標も実現が見えてきて、それ以外の希望者へのワクチン接種も前倒しになりそうです。
いよいよアフターコロナの施策を企画実行していく必要が出てきています。

久しぶりのMD情報。
今回は、アフターコロナの消費拡大が見込まれる8〜9月以降の与件について整理してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ワクチン接種に伴い旅行、飲食、レジャー産業が息を吹き返す
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年と確実に違うのはワクチンの接種状況。
8月になると2回接種を終えた65歳以上の方から経済活動が活発になってくることが予想されます。
旅行や飲食・レジャー産業が息を吹き返し、お盆休み、9月の敬老の日あたりは帰省ラッシュの増加が予想されます。
ちなみに今年の9月は敬老の日が20日(月)、同じ週の木曜日には秋分の日があり、計画的に休暇を取ると大型の連休になります。
旅行を中心としたレジャー消費が非常に大きな盛り上がりを見せることと思われます。
予約を断らざるを得ないケースも増加。がっかりさせない対応や一見に終わらせない対策が非常に重要になります。


ーーー気象与件ーーー
昨年は9月の第3週に、観測史上最強の台風ということで早い段階から気象庁と国土交通省の合同会見があり、一時的に水や電池が品不足になりました。
9月の台風は勢力が大きく、日本列島に上陸する可能性も高いとされています。
東海地方の9月は梅雨時期の6月より降水量が多く、平年でも6月比で124%、昨年は特に多く196%という降水量だったようです。
秋雨時期の雨対策、重要なようです。
また、9月は気温の降温期でもあります。1日の最高気温が29度を下回る日から降温期需要が発生します。
最高気温が2度変わるごとに売れる商品が変化します。
特に高齢世代は寒さに対する恐怖心が強く、気温低下に敏感なので、早めの仕掛けがポイントになります。

ーーー社会与件ーーー
◯新型コロナウイルスの影響長期化
 雇用調整助成金の減額に伴い、企業業績悪化。業種により収入減が広がる。
 余裕のある世帯向けの商品と生活が苦しい世帯向けの商品が二分してくる傾向。
 低価格のPB商品や見切り品購入で家計の負担軽減を図る行動が加速。
◯インド型と英国型のハイブリッド変異株の拡大不安
 若い世代も重症化の懸念があるとされ、若者のワクチン接種が進まなければ、
 不自由な若者世代が不満を持ち世代間対立につながる恐れも。
◯原油価格高止まりによる値上げ
 燃料価格の高騰により電力料金の値上がり。
 原油高で石油由来の包材値上がりに加え製造コストの上昇により
 日用品が値上がりになる可能性が高い。
◯SDGs消費志向
 持続可能性に配慮した商品やサービスを選ぶ傾向が拡大。
 若い世代を中心に大量生産大量消費のモデルへ拒否感を持ち始めている。
 SDGsによる選択消費やゴミを出さないライフスタイルの定着

ーーー夏休み終了後のシーズン催事ーーー
◯ハロウィーン
 9月1週からハロウィーンに向けた展開。パーティー向けなども予約販売がスタート
◯菊の節句(9/9)
 栗ご飯、秋茄子、秋の味覚
◯敬老の日(9/20)
 今年は三連休。連休に合わせて久しぶりに帰省をする人も増えることが想定される。
 帰省先で家族で楽しめるものを主力に展開。食品ギフトなど。
◯秋のお彼岸(9/20〜26)
 今年の彼岸の入りは敬老の日の祝日。 8月4週目から帰省ギフト敬老ギフトなど展開。
◯中秋の名月(9/21)
 お菓子、お酒、秋の味覚
◯七五三
 七五三のお宮参り、今年も密を避け分散傾向
◯クリスマス〜年越し
 9月1日からクリスマス商戦。ケーキ、パーティーメニュー、おせちなど早期予約獲得への対策スタート。
 クリスマスあたりになるとほぼすべての国民がワクチン接種が終了しています。
 若い世代も楽しむチャンス。早めの予約を大々的に仕掛けていきたい。


以上私なりに整理してみました。
ご参考いただけましたら幸いです。

☆コロナ収束後の消費拡大(回復)期に備え取り組んでおきたいこと
〜LINEを活用したお客様のストック化施策〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特に観光産業や外食産業において、抑えておきたいのが「お客様のストック化」です。
コロナ収束後の消費の回復期には、今までご利用のなかった新規のお客様も増加します。
お客様をストックとして考え、来ていただいたお客様を今回だけの関係にせずまた次にも利用していただくための施策が大変重要です。

ツールの一つとして、コミュニケーションインフラともいえる「LINE」の活用はいかがでしょうか。弊社では公式アカウントの設定から運用までサポートさせていただきます。


サンドイッチのブランディング|飲食のデザインは面白い

地元知多半島の食材を使った高級カツサンドの誕生

お仕事紹介をしたいと思います。
昨年の夏にお客様より相談がありました。「コロナ禍で、母親がきりもりする喫茶店でテイクアウトのカツサンドを始めようと思ってるんだ。」
話を聞くとどうやら、地元知多半島の食材にこだわったサンドイッチというコンセプトで本気で事業を始めるらしい。そこで、カツサンドのブランディングを始めることになったんです。

知多牛・半田農業高校の豚がメイン食材に

まずはサンドイッチのコンセプトを理解した上でさらにヒアリングをし、商品のこだわりや想定するターゲット、購入する方をイメージしながら試食会に何度も参加させていただきました。さて、その食材はというと、なんと高級な知多牛のヒレ肉と知多半島の豚でも地元半田農業高校の生徒が育てている豚だとか。食にはその背景に必ず物語があるはずです。そんなサンドイッチを実際に食してみるとこれがとても美味しい!肉の旨さがびっくりするほど感じられ、これはイケる!と思いました。
試食をするうちに、ぜひこのサンドイッチを皆さんに食べてもらいたい!という思いが強くなり、全力で協力することになったのです。

まずは試食で実際にカットされるサンドイッチのサイズを測りながら、それを入れるパッケージを検討しました。通常はカツサンドといえば箱に入れて手付きビニール袋に入れてお渡しするようですが、廃プラ問題も考えた結果、紙製の手付きパッケージとすることに。参考例を挙げながら辿り着いたのは2ピース構造の他にはないデザイン。しかも内側にはこだわりの仕掛けが施されています。それはトリック写真が撮れるパッケージ。実際にスマートフォンで撮影する画角からパース(歪み)を考慮し画像ソフトで何度もサンプルを製作しました。写真で見ると分かる通り、擬声語が浮き出て見えます。オーナーの思いは、インスタで遊べるパッケージにしたい、でした。

カットサンプル
制作中のトリック写真サンプル
色校正時のサンプル

さて、ロゴマークの話にも触れたいと思います。母親のお店の名前は「N」。名字のイニシャルのNです。その喫茶店は古くから「Nさん」で親しまれてきました。そのNを現代風にアレンジしたブランドを作ってみようということになり、Nのサンドイッチを略して「Nサン」。Nの円で囲んだシンボルは、Nコード(GPSの座標とは違う地図上の位置を十進法の整数で表した表示方法)のNマークからヒントにしました。ロゴに添えられている数字は実際のNコードです。オーナーとアイデアを出し合った末のアイデアでした。

そんな事でサンドイッチひとつのブランディングにも、とてもこだわりを持って関わることが出来ました。実際にパッケージのサンプルが出来上がり、商品撮影にもこだわりをもってディレクションしています。背景の色紙もパッケージとトーンを合わせて撮影しました。いかがですか?

バック紙選び中
商品写真にもこだわりました

商品は事前予約制にしたので、事前決済できるECサイトにしました。パッケージからロゴ制作、ウェブサイト、LINE公式アカウントに至るまですべてディレクション、デザインしています。折角ですから、実際にサンドイッチを召し上がってみてはいかがでしょうか。
N san. 予約サイト https://n-san.stores.jp/
N san. LINE公式アカウント https://lin.ee/zxyzVf5

今回は実際のお仕事を紹介させていただきました。
新商品のブランディング・デザイン・Web広告や印刷ツールを使ったマーケティングまで、すべて当社にお任せください。

LINE公式アカウント
N san. LINE公式アカウント友だち登録はこちら

デザインの話「書体-欧文編」

最近はWEBデザインでも書体に凝ることができるようになってましたが、選ぶフォントひとつでWEBもグラフィックも印象が随分と変わります。
今日はそんな「書体」についてのお話です。まずは欧文書体から。

欧文の特徴をマスターしよう!

欧文とは、いわゆるアルファベットのことです。欧文書体には非常に多くの種類があり、一目見ただけで「まじめそう」「古い感じ」といった雰囲気が伝わってきます。
欧文は大きく分けて「セリフ体」「サンセリフ体」「それ以外」の3つに分類することができます。

セリフ体

文字の端にセリフという飾りがついたものがセリフ体です。日本語フォントでは明朝体と呼ばれるものが欧文フォントのセリフ体に当たります

赤いところが「セリフ」です。

セリフ体は、「落ち着ついている」「やわらか」「繊細」「気品がある」「古風」「女性的」「アナログ」といった印象を持っています。

どちらかというとセリフ体は落ち着いたイメージです。高級感を演出したいときなどによく使われているようなイメージです。印刷物で長文のもの、文庫本などはセリフ体の方が可視性が高いため多く使われているようです。 筆で書いたときのような「とめ」や「はね」、線の強弱がしっかりあり、機械的な感じがしないのも特徴に感じます。

サンセリフ体

文字の端にセリフがついていないものがサンセリフ体。 サンセリフとは「セリフがない。」という意味で、日本語フォントではゴシック体と呼ばれるものがサンセリフ体に当たります。
その登場はセリフ体よりずっと後です。当時は「グロテスク体」なんて呼ばれ方をしていました。グロテスク・・・セリフがないことに最初は違和感があったようですね。

サンセリフ体は、「元気」「固い」「強い」「はっきりしている」「先進的」「男性的」」「デジタル」といった印象を持っています。

セリフでもサンセリフでもない欧文

セリフとサンセリフ以外にも、手書き文字のようなデザインの「スクリプト」、ゴシック系と呼ばれる古典的な書体の「ブラックレター」、自由にデザインされたデザイナーズフォントなど、欧文フォントのバリエーションは和文に比べると豊富です。しかしこうしたデザインの特徴が強いフォントは、長文やじっくり読ませたい文章には不向きです。

デザインフォントはタイトル向き。 じっくり読ませたい文章には不向き。


欧文の構成要素

欧文はファイブラインという5つの線で構成されています。

この中でとくに大事なのは「エックスハイト」。このラインが高いと小文字が大きくなり、「力強くモダン」な印象になりますが、圧迫感が出てしまいます。長文で使うと読みにくくなることもあるので、そうした場合は行間の調整が必要です。

エックスハイトが低いと、繊細・伝統的な印象に。

エックスハイトが高いと小文字が大きくなり、 「力強くモダン」な印象に。

カウンター

カウンターとは「C」「O」のように文字の中にある空間のことで、これが広いと「開放感」があり、「軽やかでモダン」な印象になり、狭いと「密度感」や「力強さ」を感じます。

開放感がある。軽やかでモダンな印象。
密度感・力強さを感じる。

おまけ 「イタリック」と呼ばれる斜体について

斜め書体のほとんどは、イタリック(Italic)と言う名前が付いてます。この斜め書体、デザインのアプリケーションが進化した今日、斜めにするなんてあっという間にできてしまいます。こんなふうに。イタリック体ってほんとに必要なんでしょうか?

イタリック体って必要?

じつはただ単に斜めにしただけの書体は「オブリーク(Oblique)」と呼ばれるもので、イタリックとは別物なのです。斜めの書体の名前を見てみると書いてあります

ただ単に斜めにしたオブリークに対して、イタリックは斜め専用にデザインされた書体のことなんです。

イタリックは斜めにデザインされたもので、別物なのです。



さて、最近では「かんたんなデザインは内製化だ!」とか、自社サイトのオウンドメディア化が進んだりなんかして、デザインの経験がない方でも書体を選定する機会が増えていると思います。

この記事が書体選定のお役に立てれば幸いです。