貼ってはがせる壁紙で、コストを抑えてホスピタルアートを導入する

ホスピタルアートが注目を集めています。
病院や介護・機能訓練の現場を、絵画やアート作品で装飾し、患者さんやその家族の方の心を癒しや安心感をもってもらおうという取り組みだそうです。癒しの力によって治療効果の向上にもつながっているとのこと。
芸術系の大学で学ぶ学生と組んで装飾を行ったり、子供たちの作品を募集したり、また入院する患者さん自らが制作に携わるケースなど、さまざまな取り組みが実践されています。
欧米を中心に広く普及しているホスピタルアート。日本国内でも徐々に浸透し、病院施設の建て替えや改築をきっかけに採用するケースが増えているそうです。NPO法人等支援団体も現れています。

このホスピタルアート。コロナ禍でさらに注目されるようになりました。
通路の壁面などに設置されるアート作品や絵画による癒し効果が、患者さんやその家族の方だけでなく、病院で働く医療関係者の心のケアにつながっているということだそうです。働くモチベーションになるということですね。

ただ一方で導入には注意も必要なのだそう。
設置するアート作品は医師の興味や趣味が反映される場合が多いですが、患者さんやその家族、病院関係者みんなが同様とは限らないということです。例えばアートの芸術性や特異性に引き込まれると見る側が負担を感じて効果につながらないケースもあり、そのような場合は設置を中止する判断も必要だそうです。

ホスピタルアートは病院本来の目的である「治療」を補完するものという原則を忘れず柔軟性が必要なのだということですね。

当社では貼ってはがせる壁紙を販売しています。
オリジナルの写真や絵を壁紙にすることができます。季節に合わせて変えてみたり、毎月違うテーマを楽しんでいただくこともできます。


施工も簡単でお値打ちに導入可能。医療機器など設備への予算を優先しなければいけない病院・クリニック様も安心して活用いただけると思います。

お気軽に相談ください。

芝生の施肥を適当にやったらこうなりました…の図

会社の植栽に芝生があります。
GWに、エアーレーションと芝刈りをして顆粒の化成肥料を撒きました。

1ヶ月後の状態がこれ。


手抜きがもろわかり(笑)
驚きました。こんなに差が出るんです。

昨日色の悪いところを集中的に化成肥料を撒きました。

ちゃんときれいに治るかどうか。

360°VR工場見学映像制作のご案内

今回は「360°VR工場見学」コンテンツ制作のご案内です。
 
新型コロナウイルスの影響で、お客様や地域の方、株主様向けの会社見学や工場見学を控えざるを得ない状況が続いています。
採用活動として実施する学生向けの会社説明会・見学会も、現地での開催が難しくなっているのではないでしょうか。
 
そこでバーチャルで会社見学・工場見学が体験できる映像が注目されています。
 
弊社の印刷工場でサンプルを制作しましたのでぜひご覧ください。
画面のクリックアンドドラッグで、上下左右全方位の動画を自分の好きなアングルで見ることができます。

いかがでしょうか。臨場感がお伝えできていませんか。
映像の中に「クイズコンテンツ」を設置してありますが、このように映像中にテキストデータ等を配置し補足説明を加えることができます。
「向きを変えると何かが現れる」という仕掛けにすれば視聴者に楽しんでいただく企画になりますね。


360°VR工場見学のメリットは

・好きな時間に好きな場所で見学できる
 
・ガイド・アテンドする人が不要
 
・工場の細部まで見学することができる


などが考えられます。
他にもオフィスや工場で働いている人たちの様子を伝えることができ、
会社の雰囲気を知っていただけ採用活動にも良いコンテンツになります。

予想されるより低予算で制作することができますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

印刷物製造における工場での異物・不快害虫等侵入防止対策について

2021年6月1日より、食品を製造・加工する会社や、飲食店営業者について
HACCP(ハサップ)の考え方に沿った衛生管理の実施が求められます。
昨年令和2年6月1日に施行された基準の完全施行ということになります。
管理の手法に関するもので、施設や設備の更新は求められておらず、また、第三者認証も必要ありません。
保健所による定期的な立入等の機会に食品衛生監視員が確認をし、実施状況に不備のある場合に改善指導や助言が行われるということで、当面試行錯誤の実施ということになりそうです。

当社は食品包装関連の印刷物を一部製造していますので、
各事業者の皆様がどのような動きをされるのか関心を持っています。
包装資材といっても、食品に直接触れるものでなければリスクとしては低いのですが、例えば、不快害虫が包装紙に付着していたりすれば、ブランドへのダメージとなることは容易に予想されます。

虫はどんなに小さなスキマからでも入ってきます。
閉鎖された室内でも網戸のスキマから入れるくらいのノミバエやショウジョウバエなどは侵入してきます。
屋内で繁殖する場合もあります。
食物残渣が発生する工場では特に注意が必要でしょう。

当社では包装印刷物を安心して利用いただくために
小さな会社のできる限りですが不快害虫の侵入対策をとっています。

【対策】
清掃はもちろんですが
・窓ガラスに目張り
・設備搬入口は目張りとボードで塞ぐ
・工場周り敷地内の雑草を定期的に除草(草刈り)

【監視】
侵入状況を確認のため、ライトトラップを設置して毎月のモニタリング

屋外との出入りのある箇所のトラップと対策をした作業室のトラップとの比較

【混入防止の歯止め対策】
画像検査機で機械的に検査。
検査性能がよく、元々の用紙に漉き込まれていたような微細なゴミまで
リジェクトします。ただし歩留まりは悪化します。


数年前まで人の目で検査をしていました。
人の目で検査をするとどうしてもムラが発生します。
大きなトラブルを発生させてしまった苦い経験もあります。
また、人の目で検査してもし異物混入が発生してしまったら。
検査者は大変な責任を感じることになります。
そのストレスから解放することも大事なことだと思っています。

印刷会社における化学物質のリスクアセスメント②

まず、勉強会で得た知識により報道前の活動から始めたいと思います。化学物質を取り扱うにあたり、大事なことはSDSを理解すること、そして正しい管理をするため法規を理解することです。そのあとに次の段階へ進みます。

そして当時の現状を整理し、チェック表を作成しました。

そして、チェック表を元に改善を進めていくことにしました。
 1.化学物質のリストを作成する
 2.溶剤の揮発を極力抑える
 3.ジクロロメタン含有の洗浄剤の代替品を探す
 4.法規要求事項を遵守する
 5.ジクロロメタンを含まない洗浄剤に変更する

まずは当時、使用している、過去に使用していた化学物質のリストを作成しました。
下の表は当時のリストの一部を抜粋したものになります。

溶剤の揮発を極力抑えることに関してはすぐにできることから始め、使用済みのウエス、インキの残肉、小分けして使用していた洗浄剤の容器に蓋をすることを徹底しました。

ジクロロメタン含有の洗浄剤の代替品を探す(当時ジクロロメタンは第2種有機溶剤)
顧問から指摘を受けたとき、ジクロロメタン含有99%の洗浄剤を使用していました。
サンプルテストを何度か繰り返しましたが乾燥不良、臭い、価格、消防法などの色々な問題があり結果、ジクロロメタン含有50%、ミネラルスピリッツ含有50%の洗浄剤を使用していくことにしました。とりあえず以前より安全な代替品を探したことに満足してしまいました。ここが反省がすべき点でしたね。この辺りの活動中に1,2ージクロロプロパン、ジクロロメタンに発がん性の疑いがあるという新聞報道があり、ジクロロメタン含有の洗浄剤の使用をやめ、法規要求事項の遵守へと進めていくことになります。

次回は法規要求事項の遵守作業環境測定の実施などの話をしたいと思います。