粘着面にも印刷!両面印刷の窓ガラス用ステッカー。小ロットラベル印刷。

通常ステッカーを窓ガラスに貼ると、絵柄のないシール側(粘着面)が見えてしまうのが残念。
といって、同じステッカーを両側から2枚貼るのも…

今回は粘着面にも印刷できる、窓ガラス用のステッカーを紹介します。

粘着面にも同じ絵柄が印刷されていれば両方から見ることができます。
表と裏面で違うデータを印刷しますが透けることもありません。
デジタル印刷なので、1枚ずつ違うデータを印刷することもできます。
カットはレーザー加工。複雑な形でも切り抜くことができます。

対応サイズは、
最大300mm幅×最大長は原反の長さ(通常20m程度)まで。
小さなステッカーから大きなステッカーまで多様なサイズに対応可能です。

これ、意外に便利でおもしろいです。例えばこんな使い方。

・感染防止対策に取り組んでいることを店舗内外にお知らせするツールとして

・自動ドアに貼って入店客と退店客両方に告知するメディアとして

・ウインドウショッピングのお客様と店内のお客様両方に見ていただけるメディアとして

・30センチ×1.2メートルなどの細長い帯状で印刷し、ウインドウに連続柄の装飾として

こちら屋外から(ガラスの屋内側に貼ってあります)
これは屋内から。まったく透けません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください