SDGsイベントにLIMEXで出展しました@半田赤レンガ建物

11月22日(日)に、半田赤レンガ建物にて、半田青年会議所主催のSDGsイベント「持続可能な未来を目指して〜真の心で地域と向き合おう〜」が開催され、当社もSDGsに取り組む企業として参加させていただきました。

石灰石から生まれた新素材 LIMEX を展示

9社の企業がそれぞれの事業をSDGsへの取り組みとして展示する中、当社はかねてより取り組んできた石灰石由来の環境素材『LIMEX』を使った商材をメインに展示しました。

SDGsを知っていただくために

今回のイベントの一番の目的は、たくさんの方にSDGsを知ってもらうこと、そしてSDGsを考えるきっかけ作り。そして今のコロナ禍の中、誰もがコロナを終息させたいという思いを込めて2020個のバルーンを参加者全員でリリースするというものでした。会場内では、SDGsを楽しく理解できるカードゲームやコロナクイズラリー、シルクスクリーン印刷によるエコバッグ作りワークショップといった楽しい企画も。半田青年会議所のメンバーが強い意志をもってこのイベントの実現に向け準備されてきたことに敬意を評したいと思います。

SDGsとは

さて、SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは2015年に国連サミットで採択されたもので、国連加盟193ヶ国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げられた17の持続可能な開発目標です。当社もさまざまな目標を達成するべく、12の目標を設定し活動を展開していますが、そのひとつ“No.13 ”への取り組みとして石灰石由来の環境素材としてLIMEXを使った製品作りに取り組んできました。LIMEXについてはメーカーであるTBMのLIMEXサイトをご覧ください。

LIMEXの利用用途

LIMEXは紙代替とプラ代替があり、主原料の多くをほぼ無尽蔵の石灰石から作られています。その用途として紙に替わりパンフレットやポスター、名刺の他、水に強く強度があるためにさまざまな印刷物に採用されています。当社からは、これまで製品化してきた実績を多数展示しました。特にSDGsへの取り組みを12ヵ月で紹介するLIMEX製卓上カレンダーも好評でした。LIMEXを広く知っていただき、利用を促進することで紙の主原料であるパルプの消費削減や製造時に廃棄する水を限りなくゼロにできることから、今後も紙代替、プラ代替素材として積極的に展開していきます。
さまざまなご相談に応じますので、お気軽にお問合せフォームからお問合せください。

SDGsワークショップも

また、来場者に気軽に楽しんでもらおうと、SDGsの木に例えたワークショップを企画しました。17色の色紙を好きな形の葉っぱにし、木に貼っていくもの。たくさんのお子さんが参加してくれましたよ。ひとそれぞれ個性があり多様性という意味でも、いろいろな形と色の葉でいっぱいになりました。これも印刷会社ならではですね。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

半田中央印刷ならLIMEXで横断幕が製作できます

当社が積極的に取り組んでいるLIMEX製品。LIMEXとは、主に石灰石を原料とし、今世界中で問題となっている廃プラ、マイクロプラスチック、紙の原料となるパルプ(木材)の消費といったSDGsの目標にもなっている環境問題の解決に向けた新素材。皆さんが当たり前のように使っている紙とプラスチックの両方の代替製品があるのですが、今回、横断幕の試作をしました。

横断幕といったら、通常ターポリンというプラ素材を使用するのが一般的。でも、結構重くてゴツくて廃棄時には「環境によろしく無いなあ」と思っていました。そこでこのLIMEX製のシート。LIMEXの本来の特徴である、水に強い・環境対応・紙代替プラ代替に対応といった社会の要望に応えられると思います。

大型の印刷機にロール状のLIMEXシートをセットし、サンプルとして“はんだ山車まつり”のパノラマ写真を使用してみました。おおっ!なかなかいい仕上がりです。しっとりとしていて、しかも色の再現性もバッチリ。軽くて取扱いも楽そうです。きちんと隅にはハトメ加工もできました。

今回は長さ2600mm、高さ1000mmの横断幕を出力してみました
今回は長さ2600mm、高さ1000mmの横断幕を出力してみました

LIMEXはそもそも石灰石(炭酸カルシウム)が主原料。長期に使用すると、紫外線により粉々に壊れ自然に戻る性質があります。ですので、短期のイベントに最適な素材何ですよね。また、回収システムを構築すればリサイクルしてまた新たなプラ代替製品に生まれ変わる(アップサイクル)こともできます。ぜひ、選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

しっとりとしていて、なかなか高級感があります
できたてホヤホヤの横断幕