半田運河で聖火リレー

先日、市内の小学校が一斉に入学式の4月6日、半田運河沿いで聖火リレーが行われました。

上半田地区春の祭礼で使用されるまきわら舟「ちんとろ舟」で聖火が運ばれるということで注目となった半田の聖火リレー。半田の祭りが注目されることは嬉しいことです。しかし今回これがニュースでちょっとした話題になってしまいました。

普段祭礼で使用されるちんとろ舟は女人禁制で男性しか乗船できません。これがオリンピックの理念に反すると批判を受け、直前になって女性も容認ということになったようです。

市の説明としては、「祭りの伝統に従い男性のみとしていたが、差別の意図は全くなかった」。

もちろんその通りだと思います。しかし改めて浮き彫りになった「伝統」とは。

地域によっては、祭りの山車や鉾、だんじりに触れてはいけない、引き綱をまたいではいけない、と厳格な慣習が残されているところもあります。

自宅でも「神棚は女が触ってはいけない」と教えられ、幼少の頃から言われるがままに「そんなもんなんだ」と深く考えずに受け入れてきたけれど、改めて問われればなんとなくスッキリしない話。

そもそも「女人禁制の伝統」ってなんだっけ。

いろいろわからなくなってしまったので少し調べてみました。

大相撲では、2018年4月舞鶴市で開催された春巡業で、挨拶中の市長がくも膜下出血で倒れた時に、救命処置をしようと土俵に上がった女性に対して、日本相撲協会が土俵を降りるように指示し、批判が起きたことは記憶に新しいです。この時の相撲協会の説明は、「大相撲は、女性を土俵に上げないことを伝統としてきましたが、緊急時、非常時は例外です。人の命にかかわる状況は例外中の例外です」とした上で、

「協会は女性を不浄とみていた神道の昔の考え方を女人禁制の根拠としている」といった解釈が語られることがあるがこれは誤解である、と答えています。さらに、「神聖な戦い、鍛錬の場」であり、土俵は男の戦いの場という約束ごとも、江戸の大相撲以来の伝統である。と続けています。

「鍛錬をしている者の神聖な戦いの場であるから、そうでないものは性別を問わず上がらないように」というなら理解できますが、「女性は降りて」の根拠にはなりません。「伝統」について深く考えた上での言葉ではないように感じます。

女人禁制の起源は何かよくわかっていないようです。文化人類学者の鈴木正崇氏によると、山地と平地の境界をめぐる民族信仰、異性間の接触を禁ずる宗教的戒律、女性特有の生理を不浄とする宗教的な観念など複数の側面があるそうです。

そしてその中の、女性は不浄という観念が中世以降女人禁制の主な理由として拡がったようです。

冒頭の「祭りの伝統に従い男性のみとしていたが、差別の意図は全くなかった」がまさか「女性は不浄」の古い宗教観によるものとは思えませんが、無意識でも「伝統」のベースにこの観念がいるとすると時代にそぐわない伝統となりそうです。

文化や伝統は理解できます。あまり深く考えることでもないのかもしれません。しかし、世の中が変わっていく中で説明ができた方がいい。そのためには何が背景にあるのかよく考えることが重要なのではと改めて思いました。聖火リレーの一件でも賛否あろうと、きちんと説明ができれば良かったのかなと思います。

若干無理やり感がありますが、仕事に例えるとすると、なんとなく慣例的にやっている作業や手続きって多いですが、なんのためにやっていることなのか、よく考えれば無駄なことが多いのかなと思います。

今回はこじらせ回になってしまいました…

プライバシーマーク教育

当社のコンプライアンス教育の一貫で、先日今年の新入社員向けにプライバシーマーク教育を行いました。
お客様の大切な企業情報や個人情報を扱う企業として、当社およびグループ会社はPマークを取得して以来、毎年新人教育と全社員向けの教育を行なっています。
企業の信頼を落としかねない情報漏洩やサイバー攻撃による危険性等にしっかりと対処して参ります。

当社はPマークの更新審査を先日受け、新たにPマークを頂くことができました。

8回目の更新マークです

食のビジネスフェア あいち知多半島メッセ2020

運営のサポートをさせて頂きました

2月6日に、半田市の雁宿ホールにて『食のビジネスフェア あいち知多半島メッセ2020』が開催されました。実は、この展示会のPR物をはじめ、Webサイト、会場の設営まで全て当社がお手伝いさせて頂いています。3年目となった今年は、出展者数こそ減少しましたが、会場規模に丁度よくレイアウトができ、新規の出展者も5社増え、また新しい知多半島の食に関連する出会いの創出に繋がっています。

さて、スタートは、昨年募集された知多ビジネスプランコンテスト(知多半島における新しいビジネス展開を企画するコンテスト:主催/半田商工会議所)の最優秀賞に輝いた(株)オオサカヤ様のプランのプレゼンテーションも行われました。

展示会がスタートすると、会場にはたくさんの来場者が詰めかけ、各企業ブースでは熱い交流がされていました。出展者からは、これまでで一番中身の良い展示会であった、とお聞きし、事業に関われた身として大変嬉しい気持ちになりました。この機会を通して、新たなビジネスチャンスが生まれ、知多半島の企業の発展や地域活性に繋がることを期待しています。

来年はさらに大きな出会いの場になるよう、努力させて頂きます。
公式サイト https://content.handa-cci.or.jp/syokubusi/
Facebookページ https://www.facebook.com/chitasyoku/

愛知・知多半島マーケットに出展しました【2020年1月25日・26日】

知多四国霊場会様とのコラボ出展に

愛知県の主催で、先日「愛知・知多半島マーケット」に出展しました。
今回は、知多半島のPRに繋がる企画として、知多四国霊場会様との共同出展が実現しました。元々、当社は、明治26年より「知多新四国巡り奉納経帳」を製造してきたことから、知多四国霊場会様との繋がりが深く、これまでにたくさんの巡拝用品を販売させていただいてきました。今回は、霊場会様からは『一文字写経』、当社は『出版物を中心とした巡拝用品の販売』をしました。

会場には、知多半島の各市町から、行政、観光関係、物産、グルメ、地元企業の大連合が集結し、知多半島ならではの魅力が満載のイベント・展示会になりました。当社ブースにも、お遍路を始めようという方をはじめ、何回も回っているよ、という常連さん、またステージイベントで演舞された若い踊り手達も興味を持って頂き、一文字写経を体験して頂きました。たった一文字ですが、般若心経の完成迄は、与えられた一文字を心を込めて書いて頂き、2日目の午前中に無事完成。その後の参加者は、想い想いの文字を選び、真剣に楽しく書いてくれたのが印象的でした。

お陰様で、皆様の想いが込められた般若心経のパネルが完成しました。
体験いただいた皆様、ありがとうございました。
尚、二日間で、約15000人の来場者があったそうですよ。
https://aichitamarket.jp/

謹 賀 新 年

オリンピックイヤーである2020年が始まりました。
新年を迎えると、改めて身が引き締まる、そしてより飛躍の年にしたいと願う元日の朝でした。

昨年は、日本国内では5月の天皇即位、令和へ改元、10月の消費税率10%スタートといった節目となる出来事があり、また東日本が台風による甚大な被害に遭う等、自然災害の多い年でもありました。著名人ではレスリングの吉田沙保里、マリナーズ・イチローの2大スターの引退もありましたね。

私たち印刷業界では、加速する紙離れ、大ロット印刷物の減少、多メディアへのシフト、モノ売りからコト売りへの転換、マーケティング思考等、社会のニーズへの対応力を求められています。反対に、最近では企業の中でデザインの重度が増していると言います。ニーズが複雑化し課題が分かりにくい今日では、デザイナーによる課題の深掘り・コンセプト設計等に期待が大きいようです。デザインが企業経営の大きな要素となってきている、ということでしょう。私たちは印刷会社でありながら、グループ会社全体でもデザイナー(制作部門)が占める割合が多く、たくさんのディレクター、デザイナーが活躍しています。いわば、印刷設備を所有した制作会社という例えの方が分かりやすいです。

益々需要が高まるWebコンテンツ、動画コンテンツ、Web広告、SNS広告といった今のトレンドを重視しながら、所有するハード資産を組み合わせ、お客様の課題解決に貢献していくことが、当社に求められる期待であると捉え、本年も愚直に邁進して参ります。また、地方の印刷会社ならではの地域に根ざした細やかな対応や地域への貢献活動、持続可能な開発目標への再定義に向けて、進めていく年にしたいと思います。2020年もどうぞよろしくお願い致します。