当社のある亀崎地区では、5月3・4日の亀崎潮干祭に並んで、毎年11月のこの時期に橋架祭(はしかけさい)というお祭りがあります。
この橋架祭の日に、亀崎の町を盛り上げようと地域の方を中心としたメンバーで5年前から開催している“ろじうら”があります。

当社も社員が数名スタッフに入り、一年前から準備をしてきました。
そして今年は新たな試みである『活版印刷』をワークショップ形式で出店することになりました。
昨日19日に行われた模様をお伝えします。

活版印刷といえば昔は町の印刷屋さんがどこでも扱って印刷をかけていた印刷機です。
ところが時代が変わるにつれ、その姿は無くなりつつあります。
でも、東京では活版印刷で文字を組んで名刺を印刷するのが若者に流行しているそうで、
今回は当社でも実現させようと動きました。

DSC_0250 DSC_0252 DSC_0253 DSC_0255 DSC_0257 DSC_0264 DSC_0270 DSC_6086

印刷機も新たに入手し、作り手は年配の経験者からレクチャーを受け、即席で印刷所を立ち上げることになったんです。
オープンすると、ものめずらしそうな顔で若い女性達が寄ってきました。
さらにその人だかりで新しい人を呼ぶというたいへんな盛り上がりでした。
印象に残ったのは「かわいい!」という声。
活字がかわいい??と思ったのですが、確かにプリンターで印刷するのとは違う風合いのようなものがありますよね。
文字も印刷するたびに少し太ったり、綺麗に印刷できたり。

また、活版印刷には無くてならない活字を組むという工程。
お客さんに活字を選んでいただいた後はスタッフで組んでいくのですがこれがたいへん手間のかかるものです。
隙間なくスペース用の板材を入れていき、最後に工具で締めていきます。
1枚が印刷し終わるのに30分はかかってしまう活版印刷ですが、
そこは昭和の時代に流れていたまったりとした時間・・・。
忙しい現代に無い、出来上がりまでが楽しい時間と思える活版印刷でした。


当社の玄関には、大正〜昭和初期頃に使われていた印刷機が展示されています。

保存されている物は印刷機の他に活字もあります。
その中で見つけた美しい活字がこれ。
活字の持つ力強さの中に「美」の文字。
ほっとする瞬間があったので思わず写真を撮りました。
オフセット印刷ばかりで今の印刷に感動も無くなってしまった感がありますが
ぜひ、復刻して名刺を印刷してみたいです。


これまで、当社に保存されている古い印刷機を紹介してきたのですが、ここで当時使われていた版を紹介します。
まずは活版印刷用の「活字」。
当社に残っているのは、金属の活字。これを1文字ずつ、木の型枠へはめていくという、気の遠くなる作業をしていたんですね。13世紀半ばに朝鮮で金属活字(高麗銅活字)が生まれ、続いて中国で木活字が生まれたそうです。グーテンベルクの鉛活字は15世紀半ばなので、東洋が最初だったんですね。当時、日本の主流は木活字がほとんどだったようです。
活字は鉛合金を用いて1本1本の頭に文字を鋳込んだものです。文字の部分が凸になっています。
³�»�2 ³�»�1
また、銅版を腐食させて凸凹を作り、版にした版も展示されています。
これはトヨタカローラさんの広告のようです。
«��¼�����
さらには、お札の印刷に使っていた木版もあります。
��»������
その後、写真による植字、通称「写植」が開発され、当社に導入されたのは昭和43年(1968年)12月だったそうです。写植は、写真の撮影方法を応用したもので、文字は黒いガラスに一面、同サイズの漢字やカナで埋め尽くされたものを機械にセットし、下から光を当て、その一瞬に印画紙(写真と同じ感材)に1文字ずつ焼きつけていくというもの。私が入社して3年ほどまでは現役で活躍していましたが、今のDTP(Desk Top Publishing)システムに移行するにしたがって、なくなりました。
今では写植を知る方は会社でも36歳以上の方ぐらいでしょう。
そんな中でも、現役で活字を組んで印刷している印刷会社もまだあります。活字で印刷した名刺は、オフセット印刷にはない文字の力強さ、鮮明さ、趣があるんです。みなさん、名刺をいただいたら、活字で印刷されているかどうかわかりますか?活字はよく見ると、文字のまわりにわずかに濃く太っています(これをマージナルゾーンといいます)。これが目にやさしくて可読性を高めているのだとか。時間とお金をかけてまでも、まだまだ活字ファンがいる理由です。


みなさん、当社に保存されている印刷機を紹介するブログも今回で4回目となりました。
今回は、前回の活版印刷機よりもさらに小さいタイプです。使用用途は、ハガキや封筒を印刷していたそうです。手前に紙を置き、上部の丸い鉄の円盤にインクをのせ、上部のローラーが転がることでインクが付き、手前にセットした版(活字)へインクを転写して1枚1枚印刷していく仕組みなんだとか。
何度見ても、よくわかりません。
 おもしろいカタチしてます
¾�·�³���°���µ�
製造所は「岩」のマークのみ。誰かわかる方いますか?
¾�·�³���°���µ�����¼�
当社に当時みえた職人で、現在同じ市内で印刷会社をされているMさん(引退され、息子さんが二代目となっている)に再度聞き取り調査してみたいです。


今日は第3弾となります。
これまでは、明治30年に当社に導入されたオフセット印刷機(石版印刷機)を紹介してきました。
今回は印刷方法も異なる活版(凸版方式)印刷機をご紹介しましょう。
活版というと、歴史は長いのですが、実は今でも現役で活躍している印刷会社もあります。何が特長と言いますと、凸版独特の印刷面の力強さ、もっと言えば味?とでも言いましょうか、大量生産に向くオフセット印刷にはない趣があります。ただし、写真表現が必要なカラー印刷は不向きですけど。
さてこの印刷機、通称コロールといった手差し印刷機です。シリンダーで圧をかけ印刷します。版は往復運動をし、竹のあおり棒で排紙をするもの。B4版まで印刷可能。速度は毎時3,600枚程度。光文堂製。
³���°���µ�
この印刷機、当時は主に知多新四国八十八ヶ所めぐり奉納経帳を印刷していたようです。展示されている版を見ると、その版がセットされています。版は土台としては木を使っているのですが、表面には銅版を腐食させて作った金属版が貼付けられています。これを職人が1枚1枚手差しで印刷していたというのですから、どれだけ活躍したことでしょう。
光文堂製の銘板を発見
�÷���²
奉納経帳の版が!
�¼·Ð�¢