6月27日・28日の2日間、半田市にある新美南吉記念館にて「南吉さんの蛍まつり」を開催しました。

会場はお客さんでたくさん

会場はお客さんでたくさん

当社は3年前に新美南吉のふるさと、岩滑(やなべ)の方々から「かつてホタルがいっぱいいたこの草地をもう一度ホタルが見える場所にしたい」というお声をいただき
阿久比町でホタルを育てている方からホタルを譲り受け、ホタル鑑賞のイベントを起こしたことから始まります。

7時を過ぎると会場はいっぱいです

7時を過ぎると会場はいっぱいです

 

 

 

 

 

3年目となった今年は、これまでの1日のみから2日間と会期を増やし、半田市観光協会様はじめ、新美南吉記念館様とともに
社員も2日間で23名あまりを投入して挑みました。

 

 

 

今年は新しい試みで、ヘイケボタルの生態をまとめた小冊子を作成し、無料配布しました。

ヘイケボタルの生態がやさしく記載されている絵本

ヘイケボタルの生態がやさしく記載されている絵本

子ども達には、今では見かけなくなったホタルのことをもっと知っていただいて、自然の大切さ、生きものの大切さを知る機会にしたい、という想いからストーリーからイラスト制作にいたるまで社員が協力して作ることができました。

会場の子ども達から「ありがとう」のお礼をいただくたびに、作ってよかったと実感した2日間でした。
来場者も初日が約2400人、2日目が1100人とこれまでにない大盛況。
達成感いっぱいの2日間でした。

 

 

ホタル鑑賞会場への入り口。今年は募金もお願いしました。

ホタル鑑賞会場への入り口。今年は募金もお願いしました。

幼虫のエサになるシジミ(右)とカワニナ(左)。シジミにはドジョウも入っています。

幼虫のエサになるシジミ(右)とカワニナ(左)。シジミにはドジョウも入っています。

 

子ども達にホタルを見る機会を作ることができ、また地域にお役に立てることの喜びを感じ、2日間が終わりました。来年はさらに思い出に残るイベントにしたいと願っています。

ただ、本当の目的であるこの湿地をどうにか行政に働きかけ、ホタルが住める環境に整備することがあります。
私たちだけではできそうにありませんが、地域の方々と協力することでその実現が可能だと思います。
まだまだ私たちの挑戦は続きます。


暑い毎日いかがお過ごしでしょうか。
早くも夏バテ寸前、季節の変わり目にはいつも風邪をこじらせる営業のトリイです。

しかし今年の夏始はまだ風邪を引いていません。

それはさておき先日、弊社主催で「南吉さんのほたる祭」というイベントがありました。
※開催前にブログで告知できるとよかったのですが、事後報告ですみません

http://www.handa-hotaru.com/

半田といえば新美南吉の生まれ育った街として有名です(詳しくはググってください)が、
今年は生誕100年記念として様々なイベントが市内で催されています。

弊社でも「何か企画ができないか」というところからスタートし、構想から2年ほど経てようやく形にすることができました。

7月7日の七夕に、新美南吉記念館(半田市岩滑地区)の裏にある湿地帯にてホタルの鑑賞会を開催しました。

当日はお天気も良く(良すぎるくらい)、湿度も高くホタルを見るのに絶好のコンディション。
夕方5時ごろから人が集まり始めます。

笹も出て七夕感。

しかし子どもは暑くても寒くても元気ですね・・・。

7時ごろでもまだ明るい。

そんな中、阿久比町在住のホタル博士による解説が始まります。
子どもも大人もそわそわ。

いよいよ会場の湿地帯に移動です。
百鬼夜行みたい。

果たしてホタルは・・・・・・・。

いましたー!!光ってます光ってます!!(小声で)

草葉の陰で写真に写りづらいですが、ちゃんと光ってます !
飛んでます!

これは結構感動しますね・・・感嘆や歓声も方方で上がっていました。
飛んできたホタルが手に止まった方もいました。

幻想的な光景でした。

こうして9時ごろ、無事にイベントは終了いたしました。
ご参加くださった皆様ありがとうございました。

ホタルの皆様もお疲れさまでした。

昔はもっと普通に見られたそうです(弊社会長談)が、今となっては貴重なホタル。
たくさんの方にご協力をいただきつつ素晴らしいイベントになりました。

また来年もたくさんの方に感動していただけるよう、開催できたらいいなと思います。

スタッフの皆様もお疲れさまです。

今後も半田市内でイベントが目白押しです。
弊社が参加するイベントもありますので、ブログで活動を紹介できたらなと思います。

それではまた。