新型コロナウイルス感染防止への配慮が必要な店舗や事務所で活用いただけるように「段ボール製の卓上パーテーション」を制作してみました。
コストを極力抑えたシンプルな構造です。

中を簡単に抜くことができ透明ビニールを貼っていただければパーテーション向こう側とのコミュニケーションも取りやすい仕様です。

1セット900円でご提供可能です。

感染拡大防止対策にぜひ!

【ウイルス感染防止対策として下記の対策を実施しています】

・社内と社員の家庭で活用できるように次亜塩素酸水生成器を設置し手洗い、空間噴霧、スプレーと広範に使用しています。
・社員全員マスクを着用しています。医療関係など必要な方への配慮から健康状態の良いスタッフには布マスクを推奨しています。
・営業は一部在宅勤務を実施し、オフィス内の人員減少に取り組んでいます。
・社会貢献として地域の飲食業界向けに先払いチケットを制作、無償提供をしています。

お問い合わせはこちらまでお願いします。
TEL. 0569-29-2525 ※ダンボール製パーテーションの件とお伝えください
info@handa-cp.co.jp


当社が積極的に取り組んでいるLIMEX製品。LIMEXとは、主に石灰石を原料とし、今世界中で問題となっている廃プラ、マイクロプラスチック、紙の原料となるパルプ(木材)の消費といったSDGsの目標にもなっている環境問題の解決に向けた新素材。皆さんが当たり前のように使っている紙とプラスチックの両方の代替製品があるのですが、今回、横断幕の試作をしました。

横断幕といったら、通常ターポリンというプラ素材を使用するのが一般的。でも、結構重くてゴツくて廃棄時には「環境によろしく無いなあ」と思っていました。そこでこのLIMEX製のシート。LIMEXの本来の特徴である、水に強い・環境対応・紙代替プラ代替に対応といった社会の要望に応えられると思います。

大型の印刷機にロール状のLIMEXシートをセットし、サンプルとして“はんだ山車まつり”のパノラマ写真を使用してみました。おおっ!なかなかいい仕上がりです。しっとりとしていて、しかも色の再現性もバッチリ。軽くて取扱いも楽そうです。きちんと隅にはハトメ加工もできました。

今回は長さ2600mm、高さ1000mmの横断幕を出力してみました
今回は長さ2600mm、高さ1000mmの横断幕を出力してみました

LIMEXはそもそも石灰石(炭酸カルシウム)が主原料。長期に使用すると、紫外線により粉々に壊れ自然に戻る性質があります。ですので、短期のイベントに最適な素材何ですよね。また、回収システムを構築すればリサイクルしてまた新たなプラ代替製品に生まれ変わる(アップサイクル)こともできます。ぜひ、選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

しっとりとしていて、なかなか高級感があります
できたてホヤホヤの横断幕

9/10(火)名古屋商工会議所様主催の「環境素材ワールド」に弊社が出展しました!
今回は、石灰石からできる新素材「LIMEX」の活用方法について御案内させて頂きました。

弊社は「LIMEX」が発表された後、メーカー様と早期に契約を結び、この地域で普及活動をしてきました。昨今では、環境に配慮した新素材「LIMEX」に関心を抱いている方が非常に多く、今回のイベントでも多くのご質問・お問い合わせを頂きました。弊社ブースにお立ちより頂いた方々には、厚く御礼を申し上げます。

今後も「LIMEX」を多方面に渡り、ご案内が出来ればと考えておりますので、ご質問やお問い合わせなどございましたら何なりとお申し付けくださいませ。

中日新聞 朝刊2019.9.11の記事

株式会社TBM(LIMEXメーカー) https://tb-m.com/limex/
LIMEX卓上カレンダーできました https://handa-cp.co.jp/limex-calender/


7月15日(祝・月)の本日、半田市主催の水辺クリーン・アップ大作戦に参加しました。昨年は梅雨明け後の猛暑による熱中症の危険性があったため中止となりましたが、今年は梅雨まっただ中の小雨が降る中での開催となりました。

当社は亀崎地区の海辺を担当するということで、7時15分に海浜緑地公園に集合。そこには一般の方の参加が数多くお越しになっており、環境意識、ボランティア意識の高い方々が多いことがうかがえました。

さて、ゴミはどこかと探すと、今世界中で問題になっている廃プラ、マイクロプラスチックの元となる発泡スチロールやペットボトルの蓋等が砂浜の砂に混じってたくさん見つかりました。これを魚が食べ、それを人間が食べると想像すると、怖くなります。

今回、当社からは8名が参加しました。私も実は初めてだったんですが、会社のあるこの海浜緑地をいつまでも美しく保ち、後世に残していくことが使命なんだとつくづく感じた日でした。
みなさんも、海を、砂浜を美しく。ゴミを捨てないようにお願いしますよ!


新美南吉記念館隣にある蛍の里。
先日、6月21日、22日に行われる、「南吉さんの蛍まつり」の蛍鑑賞エリアの下見を関係者でしてきました。
お客様が歩かれる畦道も拡張され、畦や田んぼにはたくさんの蛍の餌になるカワニナも生息していました。
そして、蛍の幼虫を我が子のように一年間育てている蛍おじさんこと、土本さんに生育状況を伺ったあと、持ってきて頂いた1500匹の幼虫を放流して頂きました。
新聞記者にも取材をして頂き、いよいよ蛍まつりに向けて準備開始です。
6月には毎年、岩滑小学校の児童達による幼虫をの放流も行われます。

3年前のブログもご覧ください。
http://www.handa-cp.co.jp/blog/2016/05/07/新美南吉記念館の除草を行いました/