こんにちは!

新入社員の冨田です!

さて、遊んでいるわけではありません笑

これは次回のとある撮影のための重大なデモンストレーションなのです!

大縄跳びなんていったいいつぶりに回したことやら…笑

縄の長さもバッチリ確認したところで、お片付けです笑

縄を回す仕事をしたのは入社以来初めてでしたが、たまにはいいものですね!

皆さんもスポーツの秋を存分に楽しんではいかが?

 


5月3日・4日は、当社のある地元亀崎地区のお祭りでした。
亀崎といえば、そう「潮干祭」。平成28年12月に全国33件の「山・鉾・屋台行事」の1つとして、
ユネスコ無形文化遺産に登録(正確にはリストに記載された)されたお祭りです。
(平成18年に国の無形民俗文化財に指定されています)

亀崎の山車は、見事な彫刻、豪華な幕、そして伝統あるからくり人形が特徴。
精緻な伝統工芸を集めた芸術品といえます。

私もこの亀崎潮干祭にいろいろと携わってきましたので、登録された時は喜びもひとしおでした。
ユネスコ登録後、2度目のお祭りとなった今年は、あるお仕事のために公式カメラマンと同行し
2日間の行程に密着しました。
初日は前日までの雨で朝まで開催が心配されましたが、
やはり神がかりと思うくらい、明け方にぴたっと雨が止みました。

朝6時に着いた時には、カメラマンは祭装束を身にまとい、準備完了。
私たちは、5つの組のうち、一番東に位置する東組に就きました。

最初に山車に対する祈祷が行われました。
初の日(潮干祭では初日をこう呼ぶ)は、その後整列をし、国道を横断、
10時には有名な海浜曳き下ろしが行われ、
午後には町内を巡行、夕方に尾張三社(亀崎地区の最南西に位置する)に移動し、人形技芸奉納が行われます。
初日の行程を夜7時過ぎに無事終了し、翌日に望みました。

山車祈祷(写真は田中組)

 

町内を5輌の山車が整列、海浜へ向けて準備

 

台輪と梶棒を綱で締め付ける「棒締め」

 

波打ち際を進む宮本車(みやもとぐるま)

 

縦整列した5輌の山車

 

神前神社に向けて人形技芸奉納

 

後の日(潮干祭では2日目をこう呼ぶ)は、前日の曇り空から一転、晴天に恵まれました。
朝5時半に各サヤ(山車の倉庫)を出発した5つの山車が6時に尾張三社に到着、
飾り付けが終わると一旦祭り人は帰宅します。
正式には9時過ぎから尾張三社での曳き込みと、神事、人形技芸奉納が行われ、
町内を前日とは逆行程で巡行、午後から再度、海浜曳き下ろし、その後は神前神社(かみさきじんじゃ)での
曳き廻しと人形技芸奉納の後、2日間の行程が終了します。

早朝の尾張三社(昔は一晩山車が泊まったそうです)

 

車元(その年の組の親方)にてお神楽

 

尾張三社境内へ曳き込まれる5輌の山車

 

神様を乗せた車を先頭に5輌の山車が護衛の役割で後に続く

 

町内を巡行する宮本車

 

 

 

神前神社前の曳き廻し(前方が青龍車)

観光客はこの時点で帰られるのですが、亀崎の祭りはその後サヤに納めて千秋楽を迎え全てが終了します。
今回は最後まで見届けることができました。

帰路に着く石橋組青龍車

 

東組 サヤ納め、千秋楽

サヤ納めの際、若者達が感極まってお互いに泣きながら「ありがとう!ありがとう!」と抱き合う場面があり
亀崎の人にとって、祭はすべてなんだなあと改めて感じた2日間でした。
来年も素晴らしい祭りになるよう願い、帰路につきました。

〈おまけ画像〉
亀崎名物「串あさり」です。


2月のとある晩の出来事です。
仕事を終え自宅に帰り、晩御飯を食べ、
テレビをぼーっと見ながらくつろいでいると
インターフォンが鳴りました。

「ピ~ンポ~ン」

毎年恒例の乙川祭りの寄付の集金でした。
気持ち程度ですが寄付を出すと
「領収書」「手ぬぐい」「乙川祭保存会のパンフレット」
の3点セットを頂きました。

ん? あれ??
こ・れ・は!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折り機で自分で折った三つ折りではないですか!!

私は入社してちょうど1年になりますが、
自分で加工した製品を社外で手に取るのは実は今回が初めて。
思いのほか感動しました。(涙が、、、さすがに出ませんでした笑)

普段、仕上げチームで加工している製品は、
社内報、冊子、パンフレットなどの製本(ページもの)、
着物系案内状やDMなどの折り加工、ハガキなどの宛名印字、
種類豊富に色々あるものの、自分の私生活と関わりがあるかといったら
少し遠いものが多いのかなと思っていただけに、
今回の体験は巡り合わせと言いますか、
貴重な体験をしたなと思いました。

今回は半田市のお祭りのパンフレットという事で、
我が社が地域に根付いている印刷会社と言うのを、
改めて肌で感じることのできた夜となりました。

~ 帰ってきた 三つ折りパンフレット ~

 


これは 外(駐車場)と仕上げ室(製品倉庫)を出入りするためのシャッターである。
基本は内側から手動で開閉し、IDカードを持っていれば外から開けれたりもします。
部外者や虫の侵入を防ぐため、なるべく早く閉める癖をつけるように教育されています。

「ブ~!!」

製本をしていたり、仕上げ作業をしていたりすると一日数回は聞く音である。
来客様用の呼び出しボタンが外に付いており、押すと仕上げ室で音が鳴る仕組み。
たまに気まぐれで音がでかいことがあり、みんなで ドキッ とします。

主な来客者様は、紙屋さん、納品・引き取り業者さん、宅配屋さん、機械屋さん、自社の営業さん
はたまた外で作業しているうちに締め出されてしまった自分だったり(笑)

音が鳴ると、扉の近くにいて手が空いている人がシャッターを開けに行きます。
電話が鳴って出にいく時よりも、みなさん気持ちだけ早歩きな気がします。
「待たせてはいけない」と言う心理がどこかで働いているのでしょうか。

もちろん自分も数回に一度はシャッターを開けに行くポジションにいるので、
小走りで開けに行くのですが、、、
来客者様の立ち位置、日照による外の明るさなどなど、一定条件が整うと
その時は突然やってくる!!?

「 シルエット当てクイ~ズ!!! 」

(注:イメージのため実際の来客者様はポーズは取りません)

N瀬さんかな?
シャッター開閉ボタンをポチッっと

(ピッ、ウイ~ン)

ピンポンピンポン N瀬さん正解!(顔出しNGらしいです。)
配送からお帰りなさい。お疲れ様です。

身長、体格、髪型、姿勢、服装、動き!?などの情報が決め手です。
これがまた意外とシルエットから当たるんですよね!
出入りする人がある程度限られていると言うのもあるのでしょうね。
初めてのお客さんや、珍しい社員の方が来ると ムムムッ(難問) となります。
ベテランパートさんがもしやっていたら凄い正答率をたたき出していることでしょう。

心の中でひっそりと行われている日常の小さな楽しみでした。
これはここだけの話なので内緒ですよ!!(笑)


先日、某お客様から受注しました動画制作に使用する空撮のために、

ドローンを使って撮影しました。

この日は快晴!最高の撮影日でした。

使用するドローンは、プロ用の最上位機種。

みるみる空高く、遙か彼方に飛んでいってしまい見失ってしまうほどでした。

撮影した映像は、もう素晴らしいの連続。

機会あればご覧になっていただきたいですね。

空高く上がっていくドローン

 

全員が見守る中、遠くへ飛んでいくドローン