About naozo

早いもので、6月に開催した「南吉さんの蛍まつり」から3ヵ月が経ち、季節は秋に入りました。
今日は、近くを流れる矢勝川沿いの堤を真っ赤に埋め尽くす彼岸花が見頃ということで散歩がてら観てきました。
ここの彼岸花は、ある市民の方が彼岸花の球根を植え始めたのが始まりです。
今では、300万本以上の彼岸花がこの時期に咲き誇る観光スポットとなっています。

 

 

 

さて、彼岸花も気になりますが、弊社がお手伝いをしている南吉蛍プロジェクトの地、新美南吉記念館の奥に広がる谷地を訪れてみました。
蛍まつりでホタル観賞が行われるここ「南吉蛍の里」も、6月に初めての田植えを行いました。
わずか50㎡程度の田んぼですが、しっかり穂を実らせていましたよ。

土本さんを中心に環境整備が行われてきたこの谷地は、ホタルの幼虫を毎年5月に岩滑小学校の生徒達が放流したり、
記念館の方や地元の方も一緒になって草刈をする等、整備が進んでいます。
さらに昨年、大陸を気流に乗って飛来する蝶「アサギマダラ」を飛来させようと、大好きな花である「フジバカマ」の株を植えました。
フジバカマが花をつけると見事にアサギマダラが飛来したんです。
地域の方々の熱意と行動力には頭が下がります。私たちも常に謙虚さを持って取り組んでいきたいと思います。
フジバカマが花をつけるのはもう少し先ですが、今年もアサギマダラが来てくれるのか、楽しみです。

アサギマダラの写真は、こちらから借用させていただきました。


投稿が遅くなりましたが、先月の22日(金)、23日(土)に新美南吉記念館において、
「南吉さんの蛍まつり」を開催しました。

当社が新美南吉記念館奥にある谷地の整備のお手伝いを始めてから6年が経ちました。
かつては雑草の生える荒れた湿地帯だったのですが、今では整備も進み見違えるほどの場所になっています。

そして、1年に1度のホタル観賞イベントも徐々に進化してきました。
今年は例年とは違い、金曜日の夜と土曜日の16時〜夜というタイムスケジュール。

2日間を通し、ホタル観賞の他、新美南吉記念館のナイトミュージアムが無料になります。

初日のメンバーで記念撮影!

 

天候にも恵まれ、しかも今年のホタルの生育状況はまれにみる当たり年だったようで、
たくさんのホタルの光で会場はとっても幻想的、素敵なムードでした。
中には、毎年5月に放流しているホタルの幼虫が羽化した成虫も少しですがいるようです。

ホタルの幼虫やサナギも持ち込まれ、子ども達は初めて見るホタルに興味津々

 

キレイに撮影できなかったのが残念!

 

初日は、約1000人の来場者でした。
さあ、明日は天候が心配ですが、開催できることを祈ります!

 

 

2日目、心配された天候は、天気予報の通り、明け方から雨になりました。
昼になっても止まず心配していたところ、連絡があり「予定通り実施」。
皆さんが楽しみにしていたステージイベントと飲食ブースは中止になってしまいましたが、
当社が今年企画してきた「クイズラリー」は実施することに。

16時スタートに向けてスタッフが集まりました。
この頃には雨が止んできました。

2日目のスタッフ

 

16時からのクイズラリーは、初めての企画。
この企画は当社が制作したホタルの生態をまとめた冊子を
もっと皆さんに読んでいただきたい!という想いから企画したものです。
会場内に設置されたクイズに答えて、全問正解すると賞品がもらえます。

受付風景

 

クイズが設置されたポイント

 

全問正解しているかな??

 

陽が沈む頃まで参加者が絶えず、好評のうちに終了したクイズラリーでした。

暗くなると、ホタル会場のホタルが光り始め、多くのお客様が来場しました。
足場がぬかるみ、非常に足元の悪い中でしたが2日目もたくさんのホタルを観ていただけました!!
2日目は、850人の来場者でした。

最後に。ホタルを生育してくれているホタルおじさんこと、土本さんのご紹介。
一年間、毎日、自宅の車庫を埋め尽くすたくさんの飼育ケースの中で、
5000匹以上になるホタルの幼虫を育ててくれています。
さらには餌になるカワニナやタニシを集めてきてはホタルの里に放流したり、
ことしはさらに田んぼを作ってくれました。
すべては、ホタルが棲める環境のために。
そのホタルおじさんの少しの足しにと、募金活動も毎年行っています。
みなさんの善意に感謝です。

感謝!感謝!です

 

来年も、楽しいホタルイベントが開催できるよう願い、2日間のイベントが終了しました。

 


5月3日・4日は、当社のある地元亀崎地区のお祭りでした。
亀崎といえば、そう「潮干祭」。平成28年12月に全国33件の「山・鉾・屋台行事」の1つとして、
ユネスコ無形文化遺産に登録(正確にはリストに記載された)されたお祭りです。
(平成18年に国の無形民俗文化財に指定されています)

亀崎の山車は、見事な彫刻、豪華な幕、そして伝統あるからくり人形が特徴。
精緻な伝統工芸を集めた芸術品といえます。

私もこの亀崎潮干祭にいろいろと携わってきましたので、登録された時は喜びもひとしおでした。
ユネスコ登録後、2度目のお祭りとなった今年は、あるお仕事のために公式カメラマンと同行し
2日間の行程に密着しました。
初日は前日までの雨で朝まで開催が心配されましたが、
やはり神がかりと思うくらい、明け方にぴたっと雨が止みました。

朝6時に着いた時には、カメラマンは祭装束を身にまとい、準備完了。
私たちは、5つの組のうち、一番東に位置する東組に就きました。

最初に山車に対する祈祷が行われました。
初の日(潮干祭では初日をこう呼ぶ)は、その後整列をし、国道を横断、
10時には有名な海浜曳き下ろしが行われ、
午後には町内を巡行、夕方に尾張三社(亀崎地区の最南西に位置する)に移動し、人形技芸奉納が行われます。
初日の行程を夜7時過ぎに無事終了し、翌日に望みました。

山車祈祷(写真は田中組)

 

町内を5輌の山車が整列、海浜へ向けて準備

 

台輪と梶棒を綱で締め付ける「棒締め」

 

波打ち際を進む宮本車(みやもとぐるま)

 

縦整列した5輌の山車

 

神前神社に向けて人形技芸奉納

 

後の日(潮干祭では2日目をこう呼ぶ)は、前日の曇り空から一転、晴天に恵まれました。
朝5時半に各サヤ(山車の倉庫)を出発した5つの山車が6時に尾張三社に到着、
飾り付けが終わると一旦祭り人は帰宅します。
正式には9時過ぎから尾張三社での曳き込みと、神事、人形技芸奉納が行われ、
町内を前日とは逆行程で巡行、午後から再度、海浜曳き下ろし、その後は神前神社(かみさきじんじゃ)での
曳き廻しと人形技芸奉納の後、2日間の行程が終了します。

早朝の尾張三社(昔は一晩山車が泊まったそうです)

 

車元(その年の組の親方)にてお神楽

 

尾張三社境内へ曳き込まれる5輌の山車

 

神様を乗せた車を先頭に5輌の山車が護衛の役割で後に続く

 

町内を巡行する宮本車

 

 

 

神前神社前の曳き廻し(前方が青龍車)

観光客はこの時点で帰られるのですが、亀崎の祭りはその後サヤに納めて千秋楽を迎え全てが終了します。
今回は最後まで見届けることができました。

帰路に着く石橋組青龍車

 

東組 サヤ納め、千秋楽

サヤ納めの際、若者達が感極まってお互いに泣きながら「ありがとう!ありがとう!」と抱き合う場面があり
亀崎の人にとって、祭はすべてなんだなあと改めて感じた2日間でした。
来年も素晴らしい祭りになるよう願い、帰路につきました。

〈おまけ画像〉
亀崎名物「串あさり」です。


自動車の防犯関連情報誌のお仕事をさせていただいて一年、
今号で5号目となりました。

表紙には2号から著名人を登場させていますが、
ようやく昨日No.05が無事完成。
今号の表紙は、キックボクシング世界3階級王者の佐藤嘉洋さん。

2015年に現役引退するまで、数多くのタイトルを獲られています。
2005年にK-1デビュー後、2008年にはあの魔裟斗と対戦してますよ。

そんな佐藤さんとお仕事させていただきました!!
こんな出会いのあるお仕事、やっぱり楽しいし、やりがいがあります。

次号はさて?どなたになりますかね〜。

右から、元中日ドラゴンズ立浪和義さん、女子プロゴルファー塩谷育代さん、元中日ドラゴンズ井上一樹さん、和田一浩さん、佐藤嘉洋さん


地元知多半島の企業が集まる「るびあん 合同会社説明会」に今年も参加します。
今年はなんと50社を超える企業が参加します。

知多半島で働きたい、地元で働きたいという就活生のみなさん、
ぜひ、会場にお越しください。
お会いできることを楽しみにお待ちしております。

日時:平成30年3月23日(金)
会場:半田市福祉文化会館(雁宿ホール講堂)
名鉄知多半田駅から徒歩2分

PCサイト:http://www.shuushoku.or.jp/
スマートフォンサイト:http://www.shuushoku.or.jp/sp/

LINE@もぜひ登録を。