About naozo

過去最高だった今年の蛍イベント

6月24日(土)・25日(日)の2日間、当社の関わる地域イベント「南吉さんの蛍まつり」が開催されました。

あいにくの梅雨空でしたが、初日はなんとか屋外イベントが決行できました。残念ながら土曜日夜から降り出した雨により翌日は足場がぬかるみ、危険と判断されたため屋外イベントは中止、新美南吉記念館内でのイベントのみの開催でした。

今年は日曜日の雨予報のこともあってか、土曜日の来場者が昨年以上に増加、なんと3,100人の来場者に。
18時30分からのイベントスタートでしたが、17時の段階でかなりのお客様がいらっしゃいました。

ステージイベント「木の祭り・キャンドル演出」で始まり、ホタルおじさんこと土本さんのお話しが始まる頃には、なんとお隣のスーパーマーケットまで行列が並びました。うれしい悲鳴を通り越し、大丈夫だろうかという不安も抱きながら蛍観賞エリアの入場スタート。

今年は例年の広場での観賞ではなく、念願であった畦のあるエリアの整備が整いより自然の環境の中でホタルを見ることができました。残念ながら今年は涼しかったことが災いし、ホタルの成虫の羽化が遅れ、例年の1割程度のホタルしかご用意できませんでした。例年通り楽しみに来られた方、ごめんなさい。ホタルは自然の生きもの。人間の都合の良いように育ってくれるとは限りません。来年は例年のように育ってくれることを祈ります。

二日目は、室内イベントのみのため、来場者は500名程でした。
来年はさらにホタルの見られる環境を整備し、また、ホタルが棲み着くことを目標に、微力ながらお手伝いをさせていただきます。


今年の「南吉さんの蛍まつり」は、6月24日(土)・25日(日)に決定しました。

気になるホタルの里の整備状況は??

先週、現地に行ってきましたので報告します。

 

ホタルの里全景
ガマの穂が伸び放題の荒れ地がなんとここまで整備されています。

 

畦(あぜ)もきちんと整備されています。

 

ちょっとした池も。ビオトープのように、ここにはエサになるカワニナやタニシ、メダカなどが放たれます。

 

すごい!!

ホタルおじさんこと、土本さんが昨年の12月から4ヶ月、シャベルを持ってここまで整備してくれています。

正直、びっくりしました。

当社もいよいよ本番に向けて活動を始めています。

近日、予告チラシも完成します。お楽しみに!!


5月13日・14日にグループ会社合同社員旅行に行ってきました。

今年は、初日は信州蓼科、2日目はフリープランという行程でした。

初日はあいにくの雨。行程を変更し、諏訪大社参拝とガラスの里に立ち寄りました。

 

その代わり、夜はプリ・テックグループ恒例の大宴会!

その模様は写真の通り。めちゃくちゃですが、とっても楽しい時間でした。

一部二日酔いの社員もいる中、2日目は、私たちは観光コースを選択。

北八ヶ岳ロープウェーに乗って標高2000メートルを超える世界へ。

眼下に雲海を見下ろし、まだ残雪が残る八ヶ岳の自然を散策しました。

そしてお約束の大王わさび農園。

わさびを満喫し、今回は初めてクリアボートというものに搭乗。自分たちでオールを漕ぐのでチームワークが試されました。

 


 

晴天の下、最高に気持ちの良いレジャーを楽しめました。

また来年も楽しい社員旅行にしたいですね。

 


今日は当社のある潮干町の一斉清掃の日でした。
潮干会清掃活動といって、近隣の企業が集まり自分たちの環境を自分たちの手できれいにしようというのが主旨です。
今年もたくさんの方が参加されました。
当社も8名が参加。

ちいさなお子さんもパパと一緒にお掃除!

 

黙々と一生懸命に拾ってくれました

 

大人も負けられません!!

 

記念撮影!

 

その後、時間のある方で交通安全講習にも参加しました。

潮干町はトレーラーやトラック、自家用車など交通量がとっても多い所。
さらに、近隣に大きな工場が増え、従業員も増加、交通事故対策も必至です。
そこで半田商工会議所と潮干町が昨年から企画、今回が2回目です。

最初はドライブレコーダーの映像を視聴。実際の右直事故の映像と、地元の出勤ラッシュ時の映像でした。
こういう生々しい映像を観ると、交通事故の恐ろしさを再認識しますし、
安全運転に心掛けようと思います。

ドラレコの映像

 

そして、次はSUBARUさんの協力を頂き、アイサイトの体験!
初めて試乗しましたが、スゴイです!しっかりブレーキが効いて止まってくれます。
但しあくまで補助装置。スピードを出していたら止まってくれません。

 

また、実際に大型トレーラーの死角を体験するためにトレーラーへの試乗も出来ました。
とても有意義な講習会でした。


ほたるの里に行ってきました。

6月下旬または7月上旬に開催している「南吉さんの蛍まつり」に向けて、蛍の幼虫を地元の蛍おじさんが一生懸命育てています。
そして会場になる湿地帯は本来、蛍が住んでいた場所。そばには今も畦(あぜ)が流れており蛍が住みつく絶好の環境です。
これまでは育ててきた蛍を会場に放つイベントでしたが、今年は実際に住み着いた蛍を見られるイベントにしようと、こつこつと地元の方が工事を進めています。
本当の目的である「蛍が定着する環境整備」に向けてがんばります。