新美南吉記念館隣にある蛍の里。
先日、6月21日、22日に行われる、「南吉さんの蛍まつり」の蛍鑑賞エリアの下見を関係者でしてきました。
お客様が歩かれる畦道も拡張され、畦や田んぼにはたくさんの蛍の餌になるカワニナも生息していました。
そして、蛍の幼虫を我が子のように一年間育てている蛍おじさんこと、土本さんに生育状況を伺ったあと、持ってきて頂いた1500匹の幼虫を放流して頂きました。
新聞記者にも取材をして頂き、いよいよ蛍まつりに向けて準備開始です。
6月には毎年、岩滑小学校の児童達による幼虫をの放流も行われます。

3年前のブログもご覧ください。
http://www.handa-cp.co.jp/blog/2016/05/07/新美南吉記念館の除草を行いました/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください