当社では、火曜の朝に、「5Sの時間」と、金曜日の朝に、「整理整頓の日」が設けられています。
先日、他社(印刷会社)でコンセントから出火をしたという情報があり、
「整理整頓の日」に安全衛生委員会が中心となりコンセントとコードの一斉点検を行いました。
印刷会社という事で紙などよく燃えるもが多いため、これは他人事ではないという訳です。

・コンセントの差し方が甘くないか?
・たこ足、延長コードが古くないか?
・コンセントの差込口に不具合がないか?
・コードの付け根が切れていないか、テープが巻いていないか?
・コードの導線がむき出しになっていないか?

コンセントがしっかり刺さっていないとそこにホコリが溜まり発火の原因になる。
ケーブルが束ねられていると熱を持ち発火の原因になる。

過去にレイアウト変更を何度もしていることもあり、
存在すら全然知らなかった「秘密のコンセント」を見つけたり。

今期の小集団改善活動で「工場の安全」をテーマに活動をしていましたが、
機械のリスクや作業方法、作業環境という面については対策・実施を行ったものの、コンセントの漏電による発火は家庭でも起こりうるのに盲点でした。

会社の安全向上につながる良い機会となりました。