明治に建てられ、かつてはカブトビールで全国に名をとどろかせた半田赤レンガ建物が、いよいよ耐震補強工事に入るため、今年最後の一般公開が10月5日、6日の土日にありました。

私を含め、赤煉瓦倶楽部半田に所属させていただいているメンバーはこの土日、最後のお手伝いをしてきました。昨日は会社の後輩1人とともに、当時のカブトビールを忠実に再現したカブトビールの販売応援をして参りました。

朝9時に集合、準備を終え、10時の開門を待たずして外には100名以上の行列が・・・。
開門と同時にお客様がわんさかと来場されました。
私たちの販売コーナーにはほどなくして大勢の人だかり。
用意した1003本が瞬く間に、どんどん売れていきます。お一人様2本限りという条件付きですので、我こそはと行列が出来ました。

この日は日本福祉大学の学生も応援に来てくれて、みなさんで必死に販売しました。そして10時からわずか1時間後の11時、みごと完売!!
みなさんから拍手が出るなど、やりきった感で嬉しかった〜。

今日も会社のメンバーがお手伝いに出ていますが、いよいよ公開も今日で見納めです。これから2015年の春まで、しばし耐震工事に入ります。再来年のオープンの時はどんな建物になっているのか、どんな展開が待っているのか楽しみが増えました。お手伝いされた方、本当にお疲れさまでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です