10月6日・7日の土日に、私たちの町半田の
はんだ山車(だし)まつりがありました。

既にお伝えしていましたが、
今回も亀崎潮干祭と同様に「串あさり」を満を持して販売しました。

7日の朝

2日間、社員の皆さんが交代で店の応援をしました。
とにかく今年の山車まつりは暑い!5年毎に行われる祭りですが、特に今回は晴天に恵まれ、祭り日和でした。

2日目の朝からレポートしますが、写真は朝6時過ぎの模様です。会場は既に準備の方で動き出しています。

今回は亀崎名物串あさり以外にも、たくさん商材を用意しました。
当社が製作した亀崎の5輛の山車を再現したペーパークラフト、手ぬぐい、絵はがき、湯呑み、前日に撮影した31台勢揃いした写真フレーム。

ペーパークラフトや手ぬぐい、絵はがき

私たちのテントがあるショッピング広場は、平和通りの目の前だったので
目の前を山車が次々に移動していく様を見ることができました。
お店の方もそれにつられてお客様がみえます。

 

今回は串あさりの売れ行きは潮干祭ほどではありませんが、
それでも、「懐かしい」とお買い上げいただくお客様がおみえになります。
グッズもまずまずの売れ行きです。

お昼を過ぎると、目の前の平和通りはかなりの人出です。
確実に5年前よりも観光客は増えていると思います。
昨日よりももっと串あさりを売るべく、女性社員も最前線に出て売り込みをかけます。
おかげさまで、2日目は昨日を上回る売れ行きでした。
お客様には、5月の3日・4日の亀崎潮干祭のPRもさせていただきました。
ぜひ来年の5月は亀崎潮干祭にお越し下さい。

 

陽も傾き始め、気がつくといよいよ祭りもクライマックスへ。
提灯を付けた山車が各地区へ帰路の途につきます。
ちょっときつかったけど、楽しかった祭りでした。
ぜひ、5年後はもっと魅力的な商品を企画して販売してみたいと思います。

社員のみなさん、たいへんお疲れさまでした。
そしてお越しいただきましたお客様、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です